無題 在ベトナム日本国大使館が2019年2月19日付で、日本に来るベトナム人の技能実習生に向けて、「技能実習制度での保証金の徴収,失踪,難民認定の申請について」と題した注意喚起をホームページ上で行っています。この注意喚起においては、以下のような点が挙げられ、具体的な注意事項が掲載されています。

○保証金を払わないと日本に行けない? → だまされないで!
○受入れ先の会社から失踪して別の会社に行けばもっと高いお金が稼げる? → だまされないで!
○難民認定申請すると働ける? → だまされないで!

 このような注意喚起がされている背景として、悪質ブローカーによる被害が多発していることが想像に難くありません。日本の受入れ企業におかれても、そのような悪質ブローカーの被害に遭わないよう、注意喚起を一読されておくとよいでしょう。

<参考リンク>
在ベトナム日本国大使館
「(注意喚起)技能実習制度での保証金の徴収,失踪,難民認定の申請について」
https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/Hoshoukinnochoushushissounanminnintenoshinseinitsuite.html