無題 厚生労働省は、毎年6月を「外国人労働問題啓発月間」と定めています。今年は「知って守って働きやすく! ~外国人雇用はルールを守って適正に~」という標語を掲げ、厚生労働省や労働局が下記のような啓発活動を行います。外国人を雇用されている企業においては、この機会に自社の雇用管理が適正であるか、再点検をされるとよいでしょう。

<外国人労働問題啓発月間の主な取組み内容>
(1)ポスター・パンフレットの作成・配布
(2)事業主団体などを通じた周知・啓発、協力要請
(3)個々の事業主などに対する周知・啓発、指導
(4)技能実習生受入れ事業主などへの周知・啓発、指導
(5)各種会合における事業主などに対する周知・啓発
(6)留学生就職支援窓口の周知
(7)労働条件などの相談窓口の周知

<参考リンク>
厚生労働省「6月は『外国人労働者問題啓発月間』です」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04986.html