無題 日中間で海外赴任をする方の年金保険料の二重払いを解消するために締結された日・中社会保障協定がいよいよ2019年9月1日に効力を発効します。

 協定発効日(2019年9月1日。以下、同様。)より前から、日本の企業から中国へ派遣されている方については、協定の規定により、協定発効日に中国の企業へ派遣されたものとして取り扱われ、協定発効日から5年間は原則として日本の年金制度のみに加入し、中国の年金制度の加入は免除されます。

 このように、協定発効日以前からすでに赴任している場合については、2019年8月1日以降速やかに日本年金機構の年金事務所又は事務センターに対して適用証明書の交付申請を行うこととされています(ただし、適用証明書は協定発効日以降順次発送予定です)。

 すでに、日本年金機構においては、申請書やリーフレットがダウンロードできるようになっていますので、対象者がいる企業においては、8月1日以降の申請に向けて、準備をされておくとよいでしょう。

■申請書のダウンロードはこちら
https://www.nenkin.go.jp/service/kaigaikyoju/shaho-kyotei/sinseisho/china.html
※最下部に日・中社保協定関係のリーフレットあり。

■日・中社会保障協定のリーフレットはこちら
https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/shaho-kyotei.html

■日・中社会保障協定に関する注意事項の説明はこちら
https://www.nenkin.go.jp/service/kaigaikyoju/shaho-kyotei/kyoteiaite_chui/china.html


<参考リンク>
日本年金機構「各国との社会保障協定」
https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/shaho-kyotei.html

日本年金機構「日・中社会保障協定 申請書一覧(加入免除手続き)」
https://www.nenkin.go.jp/service/kaigaikyoju/shaho-kyotei/sinseisho/china.html

日本年金機構「協定相手国別の注意事項(中国)」
https://www.nenkin.go.jp/service/kaigaikyoju/shaho-kyotei/kyoteiaite_chui/china.html