tomo-ueda-1630167-unsplash
動画




アクセスの多い記事

1: 海外の反応
このシーンはどの国でもどんな環境で育った人にも、
一時の感情で道を踏み外してしまった親と子供に響く場面だ。
「わしゃどうすりゃええんじゃい...!」
「何故わしの言う通りに生きなんだ…!」
必ずこの言葉が当てはまって、まだやり直せる人達は救われる。




2: 海外の反応
自分が原因で誰かを後悔させてしまう時、誰よりも辛いのは自分自身かもしれない。




3: 海外の反応
ガープの気持ちは一生は分からないと思う。
でもエースの気持ちなら少しは分かるかも知れない。




4: 海外の反応
いくら時が経っても伝えなきゃいけない事は決して色あせることは無い。




5: 海外の反応
自分の息子が何か隠している時、それは悪意でも恨みでもなく
ただ答えに怯え相談する勇気がないだけかも知れない。
そう感じた。




6: 海外の反応
悪党の言葉の意味を、もう一度しっかり受け止めなくては。




7: 海外の反応
海兵の息子が二人とも海賊に。
でもエースもルフィも海賊になりたかった訳ではないかも知れない。
ただ海に出て冒険する少年とその仲間を、海賊と呼ぶには考えが浅すぎるのではないだろうか。




8: 海外の反応
2019年になってもいつまでも涙が止まらなくなる場面です。
どうして人は泣くんでしょうか。




9: 海外の反応
「悪党に同情の余地は無いが、家族は違う。」
"I have no sympathy for criminals, but for my family I do."
こんなに重い言葉が「アニメ」としてくくられるのにはあまりにもひど過ぎる。




10: 海外の反応
1000時間学校で授業を受けるより、大人になって一度だけでいいからこのシーンを見るべき。




11: 海外の反応
アニメを制限する親の気が知れない。




12: 海外の反応
ワンピースで一番重い親子の話だって思う。




13: 海外の反応
ガープにとってはルフィとエースを海兵にする事だけが彼らを救う方法だった。
それがガープの愛でそれ以外方法が見つからなかった。
ルフィはシャンクスとの約束を、エースは白髭への恩を。
誰も何も悪い事なんてしてないけど、くだらない「共有する正義」に誰も勝てなかった。




14: 海外の反応
ガープの笑う姿を思い出すだけで、もっと良い未来があったんじゃないかって。




15: 海外の反応
人はやはり一人ひとりの生き様を掲げて生きていく。
自分で決めた道だからこそ、自分で進んでいくしかない。




16: 海外の反応
「もし何かしようと思ったらな、もう既に何かしてるくらいじゃないとな!」ガープ




17: 海外の反応
ワンピース見てなかったら多分なにも分からないまま生きてたと思う。




18: 海外の反応
ガープは力不足だったのかな。




19: 海外の反応
海軍は悪い奴らだ。そうだ。




20: 海外の反応
どうしてこの世界は人間だけで構成されてるのに、みな不幸せになってしまうんだろう。




シェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます