464941
Youtubeにて2016年に公開された映像
「1913-1915: Views of Tokyo, Japan (speed corrected w/ added sound)」

100年前の当時、実際に撮影された映像を改修加工し、
フレームレートの調整と音声の追加を施した貴重な映像です。

1913年からの約二年間を映したカメラに興味を示す町の人々。
時の流れ。
沢山の子供に溢れた風景。

古(いにしえ)の日本と呼ぶにはまだ浅い、けれど今の日本にはもう存在しないこの景色に、
あなたは何を考えますか?

この映像を実際に知った海外の方々は、一体何を思うのでしょうか。

数多くのコメントの中から見つけた様々な意見を数回に渡ってご紹介していきます。





アクセスの多い記事

1: 海外の反応
この映像に使われている音声は環境に合わせて追加したものです。
動画の再生スピードも当時撮影されたものを、実際の1秒単位に変換しました。




2: 海外の反応
人々がいかにカメラに興味を持っていたのかが分かる素晴らしい映像。
皆カメラに目線を向けて、一体その機械の中で何が起きているのかを考えている様な、
そんな眼差し。




3: 海外の反応
そして今、今度は私達がその彼らを見て彼らが何を考えていたのかと興味を持ってる。
2つの世界と時代が繋がった。




4: 海外の反応
良い表現ですね。
私もコメントを読んで実感しました。




5: 海外の反応
昔の映像を見て今と比べる。
すごく大切な事だと思います。




6: 海外の反応
それでもって、
今の時代は彼らが世界で一番のカメラを作ってる。
SonyやCanonやNikonにPanasonic、どれも世界で一番の製品として。




7: 海外の反応
今私達が生きているこの時代も、未来の人達からするとこの映像の様に
すごく古臭くて、それでいて興味深い風景なんでしょうね。




8: 海外の反応
現代は未来の過去だって再確認できました。




9: 海外の反応
今の時代に比べたらなんだか時間の膨大さを感じられます。
スマートフォンを取り出して画面に触れるだけで記録できるこの時代との。




10: 海外の反応
私だけですかね。
なんだか実際に彼らを窓越しに見ている様に思えるのは。




11: 海外の反応
パソコンの画面なはずなんですけどね。




12: 海外の反応
自分も同感です。
彼らの表情や仕草、話し方に至るまでどれも自然で、
特に子供たちが愛らしい。




13: 海外の反応
おじいちゃん方も可愛く映ってる気がする。w




14: 海外の反応
信じられないんだけど
どうすれば2000年前後のYoutubeの動画の画質よりも
100年前の日本の映像の方が綺麗に撮れてるの?




15: 海外の反応
そこまで不思議がる事はありませんよ。
2000年代の動画は画面が小さく画質も映すテレビによって制限されてました。
ですから現代のパソコンやテレビで再生すると画像が引き延ばされ
どうしても荒い映像になってしまうのです。




16: 海外の反応
フィルムに画質の制限はないですからね。
デジタルでの撮影はデジタルの範囲に限られてしまいます。




17: 海外の反応
実際のフィルムとデジタルなデータを比べるのはちょっとね。




18: 海外の反応
写真とデジカメ画像を比べるようなものだよ。




19: 海外の反応
今の時代にもまだフィルムでの撮影が残っているのはそうゆう事です。




20: 海外の反応
飛んでいる鳥を映すことが難しかったように、
カメラを移動させながらの撮影と、定点での固定撮影では大きな差が生まれます。
フィルムに加え動きのない映像はやはり綺麗に撮影できますね。




21: 海外の反応
簡単には信じがたい事ですが、
この映像に映っている方々はもうみんな亡くなってしまっているんですよね。




22: 海外の反応
子供も大人も関わらず、全員がもうこの世界には居ない。




23: 海外の反応
考えれば簡単だけど、信じるのも簡単だけど、ちょっとショックはありますね。




24: 海外の反応
彼らは一人一人、全員がその一生を過ごしたということですよ。




25: 海外の反応
年老いた訳でもなく、例外なくすべての人々が亡くなった。
それでも彼らの家族が、記憶や思い出が現代へ受け継がれて今の日本がある。




関連記事:中編

シェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます