4689386493
関連記事:前編
Youtubeにて2016年に公開された映像
「1913-1915: Views of Tokyo, Japan (speed corrected w/ added sound)」

100年前の当時、実際に撮影された映像を改修加工し、
フレームレートの調整と音声の追加を施した貴重な映像です。

1913年からの約二年間を映したカメラに興味を示す町の人々。
時の流れ。
沢山の子供に溢れた風景。

古(いにしえ)の日本と呼ぶにはまだ浅い、けれど今の日本にはもう存在しないこの景色に、
あなたは何を考えますか?

この映像を実際に知った海外の方々は、一体何を思うのでしょうか。

数多くのコメントの中から見つけた様々な意見を
前回に引き続きご紹介していきます。





アクセスの多い記事

1: 海外の反応
100年前の映像と知って、
もしここに映っている人々がもう存在しない事が事実だとしても、
彼らが開拓して広げてきた道を生きることが出来るのなら、
寂しさも悲しさも感じはしません。




2: 海外の反応
もし亡くなってなかったら110億人くらい生きてる計算になるしね。




3: 海外の反応
大人になって、子供が生まれて、一緒に育って未来を背負ってゆく。
それが人間の生き方。
自然のサイクルはいつも完璧に出来てる。




4: 海外の反応
今の時代まで100年間もこの映像を残してこられたことがすごい。
文字通り何世代にも渡って今私達の観られるこの場所にある。




5: 海外の反応
もしタイムマシンがあったら、
この映像の映せていない外の世界を、実際の人々の生活を、
色のついた当時の風景を見てみたい。




6: 海外の反応
現代の様に世界中にグローバル化される前の日本を。
外の国に変えられることの無かった一つの国がどう息づいていたのかをね。




7: 海外の反応
どれだけ考えてもやっぱりここに映っている若い人たちや子供たちはみんな
第二次世界大戦に巻き込まれてしまったんだよね。
終戦する頃には彼らは20歳や30歳になっていた事になるから。




8: 海外の反応
彼らの思いを考えるとすごく残酷で辛いです。




9: 海外の反応
それでもやはり日本だって他の国に侵攻して人質や植民地化も行ってきた。
日本ばかり被害者として考えるわけにもいかないのが戦争というもの。




10: 海外の反応
国が決めたことに巻き込まれていった子供たちが戦争に加担させられたのは事実。




11: 海外の反応
そこに住んでいた人々を責めるのはどこか間違っていると思います。
彼らの考えで国の命令が決まったわけではないですし、
誰も戦いたくて戦って殺し死んでいった訳ではないはずです。




12: 海外の反応
たった一度でいい。
お互いにたった一度だけ許し合い、これからそれを決して忘れなければいい。




13: 海外の反応
日本にまだ強く根付いている歪んだ神道の文化は戦争犯罪者を崇拝することに繋がっている。
ヒトラーを信仰していた人たちの文化を受け継いでいる様なもの。




14: 海外の反応
天皇という考えがもう存在してはならないはずではないでしょうか。
戦争を行った国の最高指導者として存在する地位が今でも崇められている。




15: 海外の反応
国が認められるのはどこまで行っても戦争に負けた後に自分たちが被害者だったという
罪への言い訳に過ぎない。
日本の軍隊にも数多くの女性が命と人生が奪われた。




16: 海外の反応
犯した罪を理解しておきながら自分達に行使された事だけを表に出すような、
それでいて戦争反対や核廃止を掲げているのは政治をつかさどる政府でしかない。
子供たちはその国に生まれただけ。
彼らの全てを奪い去ったのは全て国が行った政治と戦争。




17: 海外の反応
それにしてもカメラを持たなかった国が今では世界で最高品質のカメラを生み出してるのは
感動するものがありますね。




18: 海外の反応
日本:「なんそれ?かめら?」
今の日本:「キャノン、エプソン、ソニー、東芝、パナソニック、ニコン。」




19: 海外の反応
当時のカメラが音を録音できた訳ではないんですよね?




20: 海外の反応
モノポリーと呼べるものですね。
彼らはカメラを知ったが決して真似だけで終わらせなかった。
独自の工夫や思考を凝らして自らの新しいカメラを作っていったんです。




21: 海外の反応
この時代にカメラに映された人たちが
まさか100年後に世界中に見られるなんて思いもしなかったでしょうね。w




22: 海外の反応
彼らの纏っている服が凄いです。
美しいKIMONOしか存在していない。




23: 海外の反応
木で出来た靴も履いてますよね。
一体どうやってあの靴で過ごしてたんでしょう。




24: 海外の反応
アイヌ文化の服なんていうのも。




25: 海外の反応
あれは靴と呼べるのだろうか…理解しがたい!




シェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます