maxresdefault - 2020-08-10T165559.215

非致死性のガス化学兵器である催涙ガス。
最近の相次ぐ大規模デモで催涙ガスが使用されるシーンが目立ち、注目を集めています。

アメリカのビジネスや技術ニュースの専門ウェブサイト、ビジネスインサイダーが取材しました。







アクセスの多い記事

1: 海外の反応
ペイントボールガンを使って楽しい夜にしようぜ。




2: 海外の反応
WW1で使われたマスタードガスと、最近の催涙ガスは違うと思うぜ・・・。




3: 海外の反応
Lord of Warという映画を思い出した。需要がある限り、供給は続くものだ。




4: 海外の反応
じゃあ今後の代替案はレーザーか?




5: 海外の反応
弾丸の方が安いぜ!




6: 海外の反応
ステイホームして水でも飲んでようぜ。




7: 海外の反応
香港人はこういうことに詳しいぜ。




8: 海外の反応
この界隈で、株で儲かりそうな会社はあるかしら。




9: 海外の反応
で、代替案はあるの?催涙ガスを禁止したらもっとヤバイ兵器が出てきそう。




10: 海外の反応
爆発した後にボウルをかぶせろ!




11: 海外の反応
香港の存在を忘れてはいけない。



12: 海外の反応
次回は痒くなるパウダーを使ってみよう。




13: 海外の反応
シンプルなアンサーは、ステイホーム。




14: 海外の反応
こんなの狂ってるよ!




15: 海外の反応
中国が半額で売ってくれるだろう。




16: 海外の反応
催涙ガスメーカーが暴動を誘導しているんでは!?




17: 海外の反応
まるでハンガーゲームの世界だな。




18: 海外の反応
良さそうな投資に見えますね。



19: 海外の反応
催涙ガスが売れれば、催涙ガスから身を守る防具も売れる。




20: 海外の反応
催涙ガスの効き目はすごいぞ!だからいつも携帯されているんだ。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます