maxresdefault - 2020-10-19T085013.265
ヘルシーなサンドイッチで日本でも人気を誇ったサブウェイ。

カロリー数からポーションサイズまで、米国と英国のサブウェイを比較しました。





アクセスの多い記事

1: 海外の反応
次はイギリス対アメリカのバーガーキングかな?




2: 海外の反応
アメリカの大きなソーダはまさにリットル!




3: 海外の反応
36個のクッキーを注文するのは誰ですか?




4: 海外の反応
料理をするのが好きであるが、両親が化学を勉強させるとき=米国のファーストフードシェフ




5: 海外の反応
アメリカの好きなもの:

糖尿病
化学薬品




6: 海外の反応
それが17メートルだったら私は心配するよ。




7: 海外の反応
これらの化学の学生がバイブする方法- サンドイッチフランチャイズを開く前に博士号を取得




8: 海外の反応
「それはあまりにも多くのソーダです」
アメリカ:ハハッハ!申し訳ありませんが、聞き取れませんでした!




9: 海外の反応
全ての面においてイギリスの方が健康的。




10: 海外の反応
サブウェイのパンはパンとは見なされないと言った最近のアイルランドのニュースを思い出した。




11: 海外の反応
次にバーガーキングをやってくれませんか?



12: 海外の反応
「それは私が今まで見た中で最も気のめいるナチョスのプレートです」




13: 海外の反応
あれ?サウェイは「健康的な」ファーストフードチェーンだったはず・・・。




14: 海外の反応
一部の国では、サブウェイのパンの中に砂糖が多すぎてパンと呼ばれないものがあることをご存知ですか?




15: 海外の反応
内容にしては割高じゃないか?




16: 海外の反応
アメリカのカロリーはレジェンドの域だ・・・。




17: 海外の反応
サブウェイ行ったことないんだけど、何がおすすめ?




18: 海外の反応
このシリーズを待ちわびていたよ!今回も大満足。



19: 海外の反応
アイルランドのサブウェイのパンが、パンと認められなかったのも納得だ。




20: 海外の反応
イギリスの食事はヘルシーだと改めて確信が持てたよ。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます