maxresdefault - 2020-08-04T105536.600

「フリー・ウィリー」、「ディープ・ブルー」、「アビス」などのハリウッドの大作映画のためにロボット動物を製作してきた企業が、海洋公園の改造という現実の課題にその技術を応用したいと考えています。

2020年9月、エッジ・イノベーションズは、生きた動物を捕獲したり飼育したりした後、飼育下で一生を過ごすように訓練するという方法に代わる可能性として、リアルなロボットイルカを展示しました。





アクセスの多い記事

1: 海外の反応
なぜ人々がこれに反対するのか理解できません。これは野生動物を救うためのものであって、ロボットに置き換えるためのものではありません。




2: 海外の反応
↑私は完全に同意します、地球のほとんどの種を絶滅から救ってほしい




3: 海外の反応
これは良い解決策です。人は動物の姿を見たいだけなので、本物の動物は必要ないのです。




4: 海外の反応
↑その理屈で言えば、本があるのに、なぜどこにでも行くのか?




5: 海外の反応
↑写真を見るのは違うものです。これは本物を体験したい人のための場所なんですよね。人間はそれを人工的でありながら現実的なものにすることができ、人々は満足感を得ることができるのです。




6: 海外の反応
これはなんてリアルなんでしょう...。まるでCGIのようなリアルさですね!




7: 海外の反応
CGIを超えてるよ!




8: 海外の反応
海に行って野生動物を見てから、偽物を見るためにぼったくり金を払う方が良いね




9: 海外の反応
私は新しいロボットドルフィンを歓迎します




10: 海外の反応
これが主流になれば間違いなく、動物園は怪我をした動物のためのリハビリセンターに変わることができますし、同時にエンターテイメントや教育の場にもなります。




11: 海外の反応
動物園や水族館の多くはそうしているけど、病気や怪我をした動物の世話をするためには収入が必要だから、水族館に常駐させるのも当然だよね。シーワールドは昨年の夏に36,000頭目のレスキューを達成しました。



12: 海外の反応
資本主義企業や第三世界の国々にとっては、そうではありません。このロボットのための価格とメンテナンスのためのコストはおそらくアホほど高価なものだろう。ほとんどの公園はそれを払う余裕がないでしょう




13: 海外の反応
温度、塩分、pH管理も不要。そして、それは非常に大変でお金がかかることです




14: 海外の反応
でもロボットにはエネルギーを供給する必要があります




15: 海外の反応
驚くべき進歩だ。これは多くの人が支持するものです。動物は生態系のバランスをとるために自由になることを意味しています。




16: 海外の反応
これらのロボットが野生に脱出し、殺人マシンになるんだろうな




17: 海外の反応
↑あなたは映画を見すぎだと思う。想像し過ぎて理性が欠けています




18: 海外の反応
このロボット化について、私は満足しています。動物が捕獲されて狭い場所に放置されているのを見ると本当に嫌な気分になります。



19: 海外の反応
これらのロボットは、誰も違いが分からないほどリアルです。野生のイルカの捕獲をやめて、イルカを自由にさせてください。




20: 海外の反応
これはとても嬉しい!

彼らは野生の家族からイルカを奪い、人間が見つめるために水槽に押し込むなんて、本当に残酷なことです。
願わくば、塩素で皮膚を焼かれ、重度のうつ病になり、不自由な生活を送ることになるイルカがいなくなることを願っています。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます