maxresdefault - 2020-08-04T105536.600

約50時間の経験しかない新人空軍士官候補生の張玉良は、
最近、中国の海軍航空大学との非公開の場所での訓練飛行中に緊急事態に遭遇した。

張さんはJ-15で訓練をしていました。

中国で最も重く、唯一アクティブな空母ベースの戦闘機で、
その左エンジンが突然飛行中に故障してしまいました。

その時の様子をお伝えします...

訓練生:異常が発生した際すぐに教官に連絡しました。
エンジンを切り替え着陸の指示を受けました。
結局片方のエンジンは停止しましたが何とか戻ってくることが出来ました。
このような経験は好むものではないですが、
私としては貴重でやりがいのある経験でした。
私の将来の飛行キャリアに役立つことを願っています。





アクセスの多い記事

1: 海外の反応
人々はあのエンジンがいかに役立たずだったかをからかっています。
しかし、教官は正しいことをした士官候補生を褒めません。




2: 海外の反応
警告システムを賞賛しない人はいない




3: 海外の反応
エンジンの切り替えたことに賞賛が必要ですか?笑




4: 海外の反応
アメリカの戦闘機の墜落数は驚異的です。もう誰もそれらについて語らないのは、それが日常化したからです




5: 海外の反応
彼は冷静さを保ち、訓練された通りに行動した...これ以上の士官候補生はいないだろう。




6: 海外の反応
士官候補生と教官の両方に祝福を。あの状況では、私もお漏らししていたでしょうね...。ははは...




7: 海外の反応
ジェット機に2つのエンジンを搭載することの素晴らしさ。確かに問題はありますが、危機的な状況ではなく、墜落の危険性もありません。




8: 海外の反応
確かに、すべてのエンジンはどこかで故障します。だからこそ、一つのエンジンが故障した場合のツインエンジン戦闘機が必要なのです。




9: 海外の反応
そして中国はアメリカと戦いたいけど戦闘機はちゃんと飛ばせない😂😆😆 中国人はアメリカと戦いたいんだよね




10: 海外の反応
トランプ氏によると、いわゆる見えないジェット機と呼ばれるF35でさえ....墜落しました。




11: 海外の反応
もちろんエンジンは中国製なので失敗します。



12: 海外の反応
素晴らしい仕事だった。パニックにもならず無事に着陸しました。




13: 海外の反応
彼はたった50時間の飛行時間しかなかったことを忘れないでください!
それは彼の損傷した飛行機を着陸させるための訓練がいかにすごいかを示しています。




14: 海外の反応
中国人にとっての最大の脅威は他の中国人です。奪い取るのに倫理が足らないほうが勝ちます




15: 海外の反応
中国製エンジン




16: 海外の反応
正直、中国がアメリカの影響下にある国家になれば、アメリカから良いものを貰えるだろう。
それしかないよ
中国がもっと良い大統領にならない限りは無理だけどね...




17: 海外の反応
彼はその警告サインを見たとき、人生で最大の危機感を持っていたに違いありません。




18: 海外の反応
中国人飛行士は何をすべきかを知っていた
アメリカの空軍では緊急事態はほぼ日常的な経験です



19: 海外の反応
このモデルをテストして亡くなった4人のテストパイロットに哀悼の意を表します。




20: 海外の反応
ボーイングで飛ぶのは棺桶が飛ぶようなものです。




21: 海外の反応
この動画を要約すると、エンジンが故障して飛行機を着陸させたってことです




22: 海外の反応
インド人が興奮してる🤣




23: 海外の反応
中国は航空業界では後発の企業だが、急速に進歩しており、5G技術と同様に一部の国を不安にさせ始めている。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます