maxresdefault - 2020-11-10T203522.299

コンテナ船は世界の全商品の90%以上を輸送していますが、それらの商品が北京からニューヨークに航行するのに1か月以上かかる場合があります。

貨物ドローンは、1950年代からほとんど変わっていないグローバルサプライチェーンで必要とされる可能性があります。

陸路では、トラックは米国の全貨物トン数の71%近くを移動しますが、米国ではトラック運転手が不足しています。

では、人員を低く抑えながら、どのように出荷をスピードアップしますか?

出荷の未来は非常に無人に見えます。





アクセスの多い記事

1: 海外の反応
このビデオでは、最終消費者へのラストワンマイル配送と地域施設への一括配送を区別できなかったと思う。




2: 海外の反応
トラック運転手の不足は、企業が生活賃金を支払う気がないからだよ。Uberみたいにね。




3: 海外の反応
全自動ドローン...麻薬の売人はこれが好き。




4: 海外の反応
オンライン小売ショッピングの配送は、大規模な海外配送ロジスティクスと同じではない。象とオレンジを比較するようなものだよ。




5: 海外の反応
大気中にさらに多くの炭素を入れて、役に立たないがらくたをより早く配達できるようにするつもり?




6: 海外の反応
リモート制御って、ハッキングのリスクは大丈夫なの?




7: 海外の反応
トラックの運転手とパイロットが不足しているなら、給料を見直すべきだ。




8: 海外の反応
ドローンの狩猟は犯罪の未来になるだろう。




9: 海外の反応
すべてはバッテリーに依存します。ガソリンよりもエネルギー密度の高いバッテリーを最初に製造すると、すべてに革命が起こります。




10: 海外の反応
アマゾンはドローンの前に、まず税金を支払え!




11: 海外の反応
または、不要なジャンクの購入をやめるように人々を促し、多くの世界的な問題を解決する。



12: 海外の反応
天気が良い限りドローンは活躍するだろう。カリフォルニアなら最高。




13: 海外の反応
これが、ジャーナリズムの学位に一般教育クラスがあり、いくつかの基本的な物理学を含める必要がある理由さ。




14: 海外の反応
ジャーナリズムの基本がなってないね。




15: 海外の反応
ある日、空から落ちてくる貨物コンテナで目を覚ます。




16: 海外の反応
列車とトラックの貨物...相互に関連しているため、これらの数値を特定するのは困難だ。これらのトレーラーとコンテナは、まだトラックで車両基地との間で運搬されている。




17: 海外の反応
新しい一連の泥棒が間もなく出現し、ドローン泥棒はネットランチャーなどを使用するだろう。




18: 海外の反応
それは緊急配達のためだけに実行可能であり、飛行はエネルギー集約的だ。



19: 海外の反応
巨大な貨物とラストワンマイルの家への配達を区別するべき。




20: 海外の反応
2020年:ドローンで配達された荷物を受け取ったのは誰ですか?




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます