日本のアーティスト、深堀 隆介は、樹脂を流し込むという複雑な工程を経て、立体的な金魚を描きます。

何層にも何層にも丁寧に描かれた金魚は、挟み込まれた一枚一枚が、まるで3Dプリンターのような機能を持っていて、一匹一匹の生き物が少しずつ見えてきます。

絵画でありながら彫刻でもあるような奇妙なプロセスを経て、作品の奥行きの深さと目の錯覚を楽しんでいます。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
あの魚が本物だと思った人はいたのかな?




2: 海外の反応
認めるんだ...
みんなは彼が大きな魚に樹脂を注ぐのを待っていた




3: 海外の反応
1:58
1匹の魚は "私を殺してくれ "って感じだな




4: 海外の反応
信じられない!あの絵にかける液体が本物の魚に見えるのはなんなんだ?




5: 海外の反応
これはとてもすごかったです。レジンが欲しくてたまらない




6: 海外の反応
凄いですね。




7: 海外の反応
うわぁ...すごいアート....




8: 海外の反応
それは信じられないほど豪華で、非常にリアルに見える! 驚くべき才能!




9: 海外の反応
魚は素晴らしい、日本の鯉であればもっと良く見えただろう。




10: 海外の反応
驚いた!一瞬、本物の魚を使ってるのかと思ったけど、全部偽物だと気付いた。
信じられない




11: 海外の反応
書道の練習をしなければならないが、専用の筆を持っていない場合は、ほうきを使用します。



12: 海外の反応
これが真の芸術であり、死んだ魚やガラスの中の虫を作ることは残酷なことである




13: 海外の反応
あなたの作品に命が吹き込まれます。




14: 海外の反応
これはすごい! 魚がリアルに見える!




15: 海外の反応
信じられない!
"世界はアーティストによって作られています。"
"アートは生き甲斐を与えてくれます。"




16: 海外の反応
今、目を疑ってしまうのは私だけではないはずです。




17: 海外の反応
1:07
どんな魔術師だよ!




18: 海外の反応
素晴らしいアートワークでした。とてもリアルに見えました。



19: 海外の反応
背筋が寒くなった...とても美しい!




20: 海外の反応
美しくて、ただただ素晴らしい。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます