北朝鮮の最新のミサイル実験で、THAAD配備の問題が再び国際的に注目されるようになった。

そこで、THAADと韓国と中国の外交対立について、韓国の人たちの考えを聞いてみました。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
私は中国人だけど、どこの国が1位かなんてどうでもいいよ、子供向けのゲームみたいだし、どこの国の人でもいいから、素敵でかっこいい人が好きだよ。




2: 海外の反応
私は韓国人が中国人を植民地だと思っているとは知りませんでした。そんなことはない、中国では誰もそんな風に思っていない、年寄りから若者まで、誰もがそう思っていない。自信を持てよ。




3: 海外の反応
中国人は韓国を自分たちの領土とは思っていないと思いますが、韓国の文化の多くは過去の中国文化の影響を強く受けていると思っていますし、韓国が何百年も前から中国のシステムの中で支流国だったのも事実です。




4: 海外の反応
私は中国人で彼女は日本人ですが、お互いの国の問題をあまり話し合うことはできません。その時は大抵、韓国の話をするようになります。




5: 海外の反応
ここから学んだことは、韓国の若者はアメリカの若者よりも政治に詳しいということです。




6: 海外の反応
私は韓国人で中国が大好きです。




7: 海外の反応
"中国は我々を彼らの領土の一つとして見ているだけだ" おいおい、どこで聞いたんだ、お嬢さん?中国人として、同胞の中国人がそんな風に考えているのを聞いたことがありません。




8: 海外の反応
"自由のある国...それには代償があった"




9: 海外の反応
ほとんどの中国人はSKを占領したいわけではなく、自国の安全を確保したいだけです。この点で韓国は中国にとって非常に重要な国です。




10: 海外の反応
私が若い頃、親戚や両親から「韓国は親友だ」と言われていました。大人になるにつれ、この二国間の政治的緊張はますます高まってきています。中国人が韓国人を嫌っていると言っているのを聞いたのと同じように、韓国人が中国を嫌っていると言っているのを聞いた時は悲しい気持ちになりました。




11: 海外の反応
中国人から見た韓国への敬意 私たちは多くの違いがあっても、はるかに多くの類似点を共有しています。私は個人的に、韓国は中国が持っている最高の隣人の一つだと思っています。近い将来、韓国がかつてのように一つの国として統一されることを願っています。



12: 海外の反応
6:03 本当に頭のいい青年




13: 海外の反応
韓国人は中国人は信用できないと思っている。もし韓国人が強制的に一つの選択肢を選ばなければならないとしたら、あえて韓国人はアメリカと統一するだろうと思う。




14: 海外の反応
だからこそ、韓国人の多くは頭が良くて、物事の両面を見ることができると思っていました。




15: 海外の反応
中国人の私は韓国が本当に好きで、韓国語を勉強する傾向にあります。韓国と中国が仲良くなれることを心から願っています
中国からの愛を込めて ❤️。




16: 海外の反応
韓国の若者は確かに政治に詳しいな、感心するわ。




17: 海外の反応
アメリカは純粋に韓国のことを気にしているのではなく、地域での影響力を拡大するために韓国を利用しているだけです。個人的には、韓国はアメリカの影響を受けないように、国家として独立して考えるべきだと感じています。




18: 海外の反応
アメリカや欧米に翻弄されてコントロールされるのではなく、アジアの国々が協力していくことを願っています。



19: 海外の反応
中国と韓国の問題ではなく、アメリカと中国の競争だよ。韓国日本のような小国は消耗品だし、中国は北朝鮮でも軍隊を持っていないのに、韓国人は中国は植民地主義者だと言うのか?




20: 海外の反応
非常に興味深い、特にコロナの間にそれを見てください。
米国は制御不能に陥っており、私たちは一刻も早くすべてが正常に戻ることを願っています。 中国には良いこと、世界の残りの部分には良いこと。




21: 海外の反応
それは、中国は世界の超大国になるという西洋の考えで、中国人自身はこの考えを知らずに、自分たちの生活を向上させるために何でもやっている。




22: 海外の反応
私は韓国に住んでいたことがあり、韓国人の友人が何人かいます。彼らから学んだことは、韓国人は世界の政治についてよく知っているということですが、それは主に北朝鮮、アメリカ、中国、日本などから常に(直接的にも間接的にも)脅威を感じているからです。年長者は植民地時代を経て戦争を経験し、戦後に育った若い世代は常にこの脅威にさらされていた。そのため、彼らは政治的に意識が高いのです。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます