『シン・レッド・ライン』は、1998年に公開されたテレンス・マリック監督の映画です。

出演はショーン・ペンとジム・カヴィーゼルなど。

1962年に出版されたジェームズ・ジョーンズの同名小説(英語版)をマリックが脚色。

太平洋戦争の激戦地となったソロモン諸島最大の島、ガダルカナル島の戦いを舞台に生死の狭間を生き抜く若き兵士たちの姿を描いている。

第49回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品。

なお、原作小説は1964年に『大突撃(英語版)』のタイトルで映画化されている。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
今まで見た戦争映画の中では最高の作品だと思います。
戦争だけでなく、自然や人間についても突出した作品のように思います。
哲学者が作った映画という言葉があります。
映像を楽しみました。




2: 海外の反応
何度見ても飽きません。
映像美、音楽、緊張感、演技、どれをとっても見逃せない傑作です。
今改めて見ると、二度と見られないキャスティングにすごく疲れを感じます。




3: 海外の反応
霧の中をゆっくりと歩きながら探索・殲滅していくシーンはリアルですね




4: 海外の反応
作品性や芸術性も歴史に名を残していますが、まず、本当にめちゃくちゃな役者さんが揃ったオールスターラインナップの映画です。




5: 海外の反応
セービング・プライベート・ライアンは名もなき英雄たちの物語であり、シン・レッド・ラインは名もなき将校や兵士たちの物語である。
どちらも名作です。




6: 海外の反応
戦争映画の最大の魅力は、暴力が当たり前の戦争という状況の中で、登場人物の様々な感情を見ることができることだと思います。




7: 海外の反応
オープニングの途中で登場する自然のシーンや、映画...
神様が見ている戦争の感じ...。
個人的に好きなNO.1戦争映画です。




8: 海外の反応
公開されている戦争映画はほぼ全て見ていますが、個人的には「シン・レッド・ライン」が一番好きです。
景色や刺激ばかりに注目するのではなく、それぞれの階級の内面をよく描いていました。




9: 海外の反応
当時、超大作の神様だったスティーブン・スピルバーグは、詩人として生まれ、映画のために詩を書くテレンス・マリックが監督を務めたのだそうです。




10: 海外の反応
この映画を見ていて、ニック・ノルティの演技がとても素晴らしいと感じました。




11: 海外の反応
数日前に見ました。兵士が経験した残酷さを表現し、敬意と共感を示させるのが作品のスタンダードだと思っていましたが、これは監督が筆で描いた油絵の筆跡を見ているようです。
戦闘は実際の戦場に比べれば不条理なものですが、それを感じることができます。
意味のないようなシーンもあり、最後まで緊張感を手放せません。



12: 海外の反応
映画の紹介が面白かったです。
正直、映画を見ていないのでわかりませんが、有名な俳優さんがたくさんいますね...。
映画の舞台となっているソロモン諸島に行ったことがあるので、風景は見覚えがあります...。




13: 海外の反応
あ、これは本当に見たかった映画です。
すごく楽しみにしています😌




14: 海外の反応
監督が巨匠なので、当時の有名俳優が単独で出演していた映画だということがわかります。
本当にリアルですね。




15: 海外の反応
全然知らない映画でしたが、とても楽しめました。




16: 海外の反応
行進中の原住民との出会いのシーンも名場面だと思いますが...。
原住民の生活の場を自分たちのために戦場にしたのですから。




17: 海外の反応
このような素晴らしい監督だったので、俳優たちは快く出演してくれました。
映画は面白かったです。
娯楽的な戦争というよりは、心理的には本当の戦争映画に近いと思います。




18: 海外の反応
今まで見た戦争映画の中で最高の作品の一つです。
まあ、人によってはモノローグのナレーションはつまらないかもしれませんが



19: 海外の反応
これはとても楽しかったです。
コール・オブ・デューティにも似たようなシーンがあります。




20: 海外の反応
戦争にヒーローはいないというメタファーがとても感動的です。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます