動画タイトル「Battle of Nagashino 1575(長篠の戦い)」。

再生回数2875万回。
コメント8,665件。
その大半が海外からのコメントです。
海外のコメントを翻訳します。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
私が尊敬しているのは、信長が優れた技術を採用しただけでなく、それを最大限に活用するために部隊をとことんまで訓練する知力を持っていたということです。天才。




2: 海外の反応
戦略を練って、「よし!これならきっと上手く行く!」って確信した戦術で、本当に絵に描いたように首尾良くいった出来事。
これが、スポーツなどのゲームではなく、何千人、何万人の生死を分けた、一国の雌雄を決する場面で起こった。




3: 海外の反応
↑赤壁の戦いみたいなものかね?




4: 海外の反応
面白い事実。それは、武田家は、日本で最初に大砲を使用した武士であった。なのに、騎兵隊で勝負した。




5: 海外の反応
↑前半部は確かにそうだが、武田軍も同じ戦闘戦術を用いている。




6: 海外の反応
後世になって、その結果だけを見たら、誰でもなんとでも言えるだろう。
実際には、戦術と思惑の戦いを繰り広げていたことだろう。




7: 海外の反応
分からないのは、どうして戦略家だった武田軍がノコノコと、竹柵で構える織田軍を正面に戦いを挑んだのかだ。
場所を変えても良かったろうのに。




8: 海外の反応
長篠とは日本のどこに当たりますか?いまも「長篠」ですか?




9: 海外の反応
人間の歴史は、結局、戦の歴史なんだよな。




10: 海外の反応
↑天下平定を目指した戦いがあることも知っておくべきだよ。




11: 海外の反応
信長の野望で、銃に長けた武将に千挺の鉄砲と千の鉄砲隊を組成したときの、あの、充実感がよぎる。



12: 海外の反応
日本の甲冑マニアが世界中にいるのも頷ける。




13: 海外の反応
日本人と、日本人の古き歴史は、我々よりも身近にあります。




14: 海外の反応
↑日本では、歴史もののドラマを本当によく作り、よく放映し、よく観るからね。




15: 海外の反応
我が国が、1575年の同じ時代に、どんな戦いをしていたかは知りません。太宗の我が国民もそうです。




16: 海外の反応
侍が最後まで勇敢だっただけでなく、彼らが不利な状況にあったとしても、天皇や将軍のために死ぬことを選んだことは信じられないことです。




17: 海外の反応
↑日本には殿という名誉と言われる役目がある。




18: 海外の反応
日本の古い歴史、特に戦国時代と明治維新にはとても興味があります。



19: 海外の反応
バイオハザードでも、リロード時間がポイントです。
なんど、リロード中に噛まれたことでしょう。




20: 海外の反応
歴史考証の優れた国。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます