細田 守は、富山県中新川郡上市町出身のアニメ監督、アニメーター。

2005年からフリー。

金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科油絵専攻卒業。

日本アニメーター・演出協会 (JAniCA) 会員。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
細田がアニメで女性が過小評価されていると言っているのに、オタクが主人公を性的に表現することに絶対的な嫌悪感を抱いている宮崎の悪口を言うのはおかしい




2: 海外の反応
この男の完全な偽善者ぶり。
彼はアニメで女性が不当に表現されていると言い、宮崎監督がいつも強い女性の主人公を選んでいるのは「彼には男性の主人公がいないからだ」と言って「侮辱」しています。
文字通り、あなたの心を決めてください。




3: 海外の反応
マモルは恥ずかしいほど自分自身に矛盾しています。
彼はアニメーションメディアで女性がより強く表現される必要があると述べていますが、自立した女性が主人公の映画を常に制作している男性と対決しようとし、強い女性の主人公を持つことで彼を男性ではないと言い続けています。
どっちか選べよ。




4: 海外の反応
このような問題のあるアニメや監督を呼ぶことができたのに、宮崎監督を選んだのでしょうか?




5: 海外の反応
正直なところ、この人は何を証明しようとしていたのでしょうか?
彼はただ自分を馬鹿にして、本当に何を言っているのかわからないのに、賢そうに振舞おうとしていました...。




6: 海外の反応
私が宮崎駿の映画を見るようになったのは、彼がインタビューで「若い女性の主人公が少ないのを見て、それを作ろうと思った」と言っていたからです




7: 海外の反応
デジモンの映画をVHSで買ったばかりなので、あの懐かしさをもう一度味わいたい。




8: 海外の反応
私が宮崎映画を好きな理由は、美しいアートワークや音楽、構成を除けば、必ずしも全ての女性が肉体的に強く有能であるとは限らないが、少なくとも映画の中で女性が不当に表現されたり、性的に表現されたりしていないことだ。
女性は女性らしく振る舞っても強いキャラクターになることができますし、正直、宮崎監督は女性キャラクターの精神的な安定性や全体的な能力の高さでこの点を強調しています。




9: 海外の反応
嫉妬や憎しみは人の心を蝕みますが、細田さんはそのわかりやすい例ですね。
非常に残念です。




10: 海外の反応
細田さんを悪く言うつもりはありませんし、私も細田さんの作品は大好きですが、すべてがうまくいっているのに、なぜドラマを作るのでしょうか。
なぜみんなが調和して暮らせないのか😭
また、アニメ映画の王様に楯突くのもいい手ではありません。




11: 海外の反応
ヒーローに触発されて、有名になって、自分がヒーローよりも優れていると思っている場合。
私にはエゴ旅行のように聞こえます(笑)



12: 海外の反応
この人は、親に見放された子供が空想で自己解決するという映画を一本作り、その葛藤を解決しないまま、あえてジブリの主人公について何かを言おうとしています。




13: 海外の反応
パワフルな女性キャラクターの非常に初期の例です。
「ベルサイユのばら」のオスカル。
1979年にアニメ化された漫画で、フランス革命時代のオスカル・フランソワが主人公。
オスカーは女性ですが、男性になるように育てられます。
まさに壮大なシリーズです。




14: 海外の反応
細田監督の作品はとても好きですが、ジャパンタイムズの記事を見たときはかなり混乱しました。
それは完全に突拍子もなく、場違いで、しかもかなり不当なものでした。




15: 海外の反応
これは意味をなさない。細田氏は、人気アニメの監督が女性キャラクターを「ファンサービス」のために利用している例として宮嵜氏を挙げていますが、なぜそのような結論に至ったのかは説明しておらず、宮嵜氏のプライドを攻撃しているだけです。
つまり、彼の主張は完全に見当違いなのです。




16: 海外の反応
悲しいのは、彼が本質的にアピールしているのは、次の大ヒット商品が登場する頃には彼の存在を忘れている人たちだということです。
また、彼がまだ宮崎への反感を持ち続けていて、それを乗り越えられなかったことも悲しいことです、あのクソはあなたを内側から食い尽くすでしょう。




17: 海外の反応
宮崎監督はキャラクターを作るのがとても上手なので、登場人物の性別を見たことがありません。確かにそれは役割を果たしますが、映画の全てではありません。
彼らの決意と理想が私を夢中にさせたのです。




18: 海外の反応
私は、このような冷静な部分を楽しむことができます。
良い作品です。



19: 海外の反応
あなたの視点に大きな敬意を表します。
恣意的な美徳信号を支持するのではなく、「人々はあらゆる種類のストーリーを見たいと思っている」と実際に言うことができるオープンさは、最近のインターネットでは高く評価されています。




20: 海外の反応
この人は小島秀夫と同じハリウッドのカルト宗教に招かれているみたいだね。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます