私の日本に関するビデオをご覧になった方は、なぜ日本がこのように見えるのか疑問に思われたかもしれません。

今日はそれをゾーニングを通して説明します。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
世界的に見ても、ゾーニングに関してはアメリカとカナダが異例である。




2: 海外の反応
日本は、カナダやアメリカのような車社会に比べて、都市の歩きやすさが素晴らしいと思います。
日本では、日本人の "コミュニティ "意識を高めるために、賢明な土地区画整理法が施行されているので、文字通り、自分の住んでいる地域の徒歩圏内ですべてのことを済ませることができます。




3: 海外の反応
もっと多くのゾーンを持つことはとても理にかなっていると思います。
アメリカとカナダでは、食料品店が一般的に住んでいる場所から歩いて行ける距離にないのが悲しいですね。




4: 海外の反応
カナダの主要都市では買えなかった家を、なぜ東京で買えたのかを調べ始めるまで、用途地域の法律がこれほどの違いをもたらすとは思いませんでした。
あなたが住んでいるところでは、日本の区画整理はうまくいくと思いますか?




5: 海外の反応
いつも不思議に思っていたのですが、日本の住宅や商業施設はなぜあのような形をしているのでしょうか?




6: 海外の反応
日本の地域や町は、歩行者(および自転車)に優しいと思います。
多くの点で過度に密集した寄せ集めのように見えるかもしれませんが、アメリカの郊外では不足していると感じる、親密なコミュニティの本当の意味での感覚を構築しています。




7: 海外の反応
日本の高齢者や後遺障害者のための障害給付制度について知ることができたら、とてもすてきだと思います。




8: 海外の反応
個人的には、日本で建物を見て歩いているときに感じる「ランダム性」が好きです




9: 海外の反応
このような柔軟なゾーニングは、確かに歩行者や公共交通機関の助けになります。
また、このように地域の一員であることをより感じやすくもなりますね。
私はそれが好きです👍




10: 海外の反応
私は日本の区画整理のやり方が大好きです。
しかし、そのために様々な建築様式のごった煮のようになっている地域もあります。
しかし、北米の多くの地域に比べて、歩きやすさやアクセスのしやすさは非常に優れています。




11: 海外の反応
私は2016年に半年間、日本に住んでいました。
日本の都市の雰囲気がとても気に入りました。
車を運転するのが苦手な私にとって、必要なものがすべて徒歩圏内にあるのはとてもありがたいことでした。



12: 海外の反応
10代の頃にメキシコに住んでいたこともあり、日本人のゾーニングに共感しました。
メキシコでは、家や建築物から独特の雰囲気や感覚を感じられる地域に足を踏み入れると、いつも素晴らしい気持ちになりました。
また、アメリカの都市計画は個人的には嫌いです。
彼らが気にしているのは、より多くのものを作ることだけで、自家用車でしかアクセスできず、また、裕福な地域やコーナーを除いて、大半が同じように見えます。




13: 海外の反応
日本人にこのような自由が与えられているのは、一般的にあまり邪魔なことをしないように配慮しているからではないでしょうか。




14: 海外の反応
間違いなく社会主義とは分類されないでしょう。




15: 海外の反応
もし数年前に誰かが私にゾーニングに興味があると言ったとしたら、私はその人をクレイジーだと言ったでしょう。




16: 海外の反応
都市計画に興味がある私にとって、このビデオは日本がどのように都市を計画し、建設したのかをより理解させてくれます。




17: 海外の反応
日本のゾーニングルールには賛成です。
土地や税金を払っていない隣人は、所有者が自分の土地で何をするかに口を出すべきではありません。
ゾーニングのルールは、安全でない構造物から人々を守ることにもなります。




18: 海外の反応
私はいつも日本の街並みが大好きです。
とても魅力的で活気があります。
北米の厳格な土地区画整理法は、人々が地域社会とのつながりを感じられず、無関心になってしまう原因だと思います。



19: 海外の反応
私は日本のゾーニングがとても好きです。
東京は、私の故郷よりも混ざり合っていてとても面白いです。




20: 海外の反応
ゾーニングシステムは非常にスマートで、人々が歩いたり、公共交通機関を利用したり、車の運転を避けたりすることを奨励しています。
車の運転を奨励する郊外の大きな道路に比べて、小さな道路は運転しにくいです。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます