総選挙を控えた日本の地方自治体で、1万本の鉛筆を削るという騒ぎがあった。

3つ目のキーワードは「21世紀のアナログ投票 日本の鉛筆削り騒動」です。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
ナイフで削っているつもりが....
最先端の鉛筆削りを使用!?
あまりの効果にビックリ!




2: 海外の反応
電子政府で効率的な仕事をしようとせず、押印機を開発する国ですからね。




3: 海外の反応
入り口に手の消毒液を置いて、入る人数分消毒してから入れればいいんじゃないかな...。




4: 海外の反応
結局、ハンコを押すのが非効率だから、ハンコを作るロボットを作るクラスなのか...。




5: 海外の反応
うわ、めっちゃ気持ち悪い自作工作だな...。
鉛筆で書かなければならないという主張がすごい...。




6: 海外の反応
頑張れ日本。
日本の鉛筆削りを応援します。




7: 海外の反応
幸いなことに、鉛筆削りは自動のようです。




8: 海外の反応
今日の日本は平和だな...。
このままの状態が続いてくれればいいのですが...。




9: 海外の反応
日本の最先端のニュース、心が温まります。




10: 海外の反応
すごいですね...
伝統を守ろうとする姿勢が...。
このまま続いて欲しいですね...。




11: 海外の反応
なぜ日本はこんな旧石器時代の選挙方法にこだわるのか?



12: 海外の反応
彼らの頑張りに感動し、涙が止まりませんでした




13: 海外の反応
日本の職人気質は、単に新しいものを受け入れるのが嫌いなだけだった。
いつの間にか職人になってしまった・・・。




14: 海外の反応
災害が多いからアナログがいい、というコメントをよく見かけます。
考えてみましたが、そうではないような気がします...。




15: 海外の反応
彼を讃えよう。
その最先端の方法で投票することを永遠に祈ろう。




16: 海外の反応
これがあるから日本は50年の長期支配ができるのです。
他の選挙はボールペンで書くべきなのに、これだけは鉛筆で書かなければならない理由があります。
消しゴムという画期的な発明があります。




17: 海外の反応
うわぁ...すごい...時間が逆戻り(笑)




18: 海外の反応
本当の日本人じゃないと笑えないと思うけどね



19: 海外の反応
なぜ投票方法を変えないのかと聞けば、「鉛筆メーカーも食べていかなければならない」と言うだろう。




20: 海外の反応
日本の優れた技術は、鉛筆削りロボットを作ることができる。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます