韓国のポータルサイト「イルべ」に「日本の江戸時代の風景」という記事が上がっていたので翻訳します。

5枚の「賑わいを見せる街並み」の画像は元記事参照。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
風情と文化と彩りが交差する国!




2: 海外の反応
同じ頃、路上でたわごとや空腹に包まれた朝鮮だったが。




3: 海外の反応
当時から道が綺麗?




4: 海外の反応
江戸時代のの江戸の人口は110万人で世界随一だったという。




5: 海外の反応
豊かさを感じる。




6: 海外の反応
壬辰倭乱の時分であるか?




7: 海外の反応
↑江戸時代は壬辰倭乱が終わった後を言う。




8: 海外の反応
今の韓国より生活の質が高いようです。




9: 海外の反応
↑少なくとも秩序と享楽がダンチかな。




10: 海外の反応
屋形船から望む隅田川花火は最高でした。




11: 海外の反応
2枚目の写真は浅草仲見世通りにも見えるけど。



12: 海外の反応
大半の朝鮮人はドラマで歴史を学んで、あんなのよりも朝鮮が良く暮らす様子だけを見せられる。
そんな祖先なのに、どうして国を奪われるのか?




13: 海外の反応
江戸時代とは何年ごろの時代ですか?
その当時、韓国は何をしていましたか?




14: 海外の反応
日本のかつての様子を描いた絵画はよく目にするが、我が国のものはどんなだ?




15: 海外の反応
当時の世界では銀の通貨量が一番高かったのが江戸である。貿易量は4位だった。




16: 海外の反応
お金のない庶民たちですら、演劇と娯楽を楽しめた時代。




17: 海外の反応
なぜ朝鮮は貧しくて日本は繁栄したのか考えてみよう。




18: 海外の反応
↑明治維新がなぜ成功したのかも。



19: 海外の反応
当時、江戸はパリと同じレベルでした。




20: 海外の反応
当時も、日本は世界のどの国にも負けていなかった。
日本がなかったら、黄色人種は地に堕ちていた。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます