YouTubeに
動画タイトル「北方領土問題。歴史的経緯と、国際法から見た両国の正当性。
どちらが正しいのか? ~ 北方領土の真実2 ~」。
という動画が上がっていたので翻訳します。

《動画概要》内容を抜粋・省略しておりますので、正しく理解するためにすべて通して見られることをお勧めいたします。

もし(興奮のあまり)血が逆流しそうになっても、ご自分を失わず、座布団を投げたり、ビール瓶を投げたりしないで冷静な気持ちで最後まで何度でもお付き合いください。

北方領土が日本に最も近づいた2019年。
日本の国民もロシアの国民も最も緊張していた時期。
択捉、国後、色丹、歯舞の北方四島が日本にいちばん近いづいた時でした。

日本ではポジティブな意見が多かったのに対して、ロシアの歴史家、政治家は
「日本はサンフランシスコ平和条約の第2条に従って千島列島のすべての島を放棄した」
「まず、日本にあるアメリカ軍基地を全て排除し、ロシアと平和条約を結んでから交渉に入るべきだ」という。

冷静に、日中戦争・第二次世界大戦から、両国の歴史と国内外の状況を振り返ってみましょう。

支那事変・第二次世界大戦

1936年日本では、軍が東京を軍事占領し、大臣や重臣を射殺した「2・26事件」が起こった。

これを機に、日本は国家社会主義への道を進み始める。

1937年北京郊外で中国軍との衝突に端を発した支那事変は、中国全土に拡大し、政府を無視した日本軍の行動が、日中戦争にまで発展。

1938年ソ連と満洲の国境で起きた張鼓峰事件、1939年満洲・蒙古国境でのノモンハン事件と、ソ連との武力衝突もあった。

しかし、1941年、両国の間で「日ソ中立条約」が締結。

この頃、ドイツが暴れ始める。1938年にオーストリアを併合。1939年チェコスロバキアに軍事侵攻。 1939年8月、ドイツはソ連と「独ソ不可侵条約」を結んだ上で、9月1日ポーランドに侵攻。

第二次世界大戦が始まると、ソ連も「独ソ不可侵条約」の「秘密議定書」に基づきポーランド東部を占領。

そんなソ連との間に、日本は1941年「日ソ中立条約」を締結。

条約が締結されると、スターリンはめちゃくちゃに嬉しかったようで、交渉相手の松岡洋右外相を機嫌よく鉄道駅まで見送りに行ったそう。

有効期間は5年。

中立友好・領土保全・相互不可侵が約束された。

1941年6月いきなりドイツの大軍が、ソ連に侵攻。

「ドイツと同盟を締結していた日本は、当然、ソ連を裏切るだろう」と推測されていた。

満洲国境線にいる日本軍がドイツのように国際条約を破ることを危惧していたが日本にはその意思はなかった。

それで、スターリンはモスクワ防衛を重視し、満洲国境は手薄の状態にせざるを得なかった。

ここで、世界が戦争の状態ならば、日本が、丸腰の満洲に侵攻することも考えられたが、日本は「日ソ中立条約」を遵守。

1941年12月8日日本海軍はハワイ真珠湾のアメリカ艦隊を攻撃。ワシントン日本大使館の不手際で宣戦布告が攻撃の後になり後々非難されることになる。

同じ12月8日、台湾から出撃した航空隊は、フィリピンを占領していたアメリカ航空部隊を全滅。

さらに日本陸軍は、イギリス領であったマレー半島に上陸し、イギリス軍を破る。

こうして始まった大東亜戦争の緒戦は日本軍の連戦連勝であったが、次第に戦局は不利になり、次々に作戦が失敗。

そして遂に1945年8月日本はポツダム宣言を受諾して戦争は終結。

1943年9月イタリアが無条件降伏。

> 1945年5月ドイツが無条件降伏。 ドイツ降伏に先立つ1945年2月、ルーズベルト(アメリカ)、チャーチル(イギリス)、スターリン(ソ連)が集まり「ヤルタ会談」が開かれ、「ヤルタ協定」と呼ばれる秘密協定が結ばれていた。

「ソ連が対日戦争に参加したら、樺太の南部の返還と千島列島をソ連に引き渡す」という取り決めが為された。

アメリカのルーズベルトはどうしてもソ連を参戦させようと、美味そうな餌で釣ろうとした。

日本に属している領土を、ソ連が参戦する見返りにしたわけである。

日本が二発の原爆を落とされ弱体化していた1945年8月9日、ソ連は「日ソ中立条約」に違反して満州に侵攻し、樺太、千島列島のすべてを占領。

日本が正式な降伏文書に署名した後も、ソ連軍は軍事行動を止めなかった。

加えて、ポツダム宣言第9項「武装解除後、日本兵をすみやかに故国に帰す」との条項に違反してシベリアに抑留させ強制労働させた。

終戦から6年後の1951年9月8日日本と連合国の間に「サンフランシスコ講和条約」が締結。

戦争中にも、連合国側には、領土問題に直接関係する、3つの、重要な国家間の合意があった。

1941年大西洋憲章
1943年カイロ宣言
1945年ポツダム宣言

北方領土問題を、国際法の観点から見ていく。

領土の主権は、「条約」がないと移転できないと定められている。

日本とロシアとの間には平和条約が結ばれていないことから、ロシアが第二次世界大戦で日本から奪った領土は、ロシアに主権はない。

つまり、北方四島はロシアの領土ではないということになる。

1951年アメリカ上院は、サンフランシスコ講和条約を批准承認する際、「ヤルタ密約の項目を含めない」との決議をした。

アイゼンハワー政権も1956年にヤルタ協定の「無効」を発表した。

21世期に入ってからも、ブッシュ大統領が2005年ラトビアで「ヤルタ会談は史上最大の過ちの一つだ」と批判した。

1941年に締結された大西洋憲章には、「戦争が終わっても領土の拡張を求めない」と謳われており、ソ連も憲章に参加・署名しており、憲章に違反していると言わざるを得ない。



31:36~は「終わりに」として動画主さんの以下のコメントが述べられていますので付記します。

国家同士がよりよい関係を結ぶためには、国際法を尊重し、遵守することが大切なのは言うまでもありません。

私はずっと、「性善説」を信じて生きてきたように思います。外交の世界は、この「性善説」が通るような世界ではありません。

「性善説は」希望的な蜃気楼のような気もしてきます。

でもね、皆さん。世界がたとえ、無法地帯であったとしても、「正義」が消えたわけではありません。

私は最後まで、人の良心と正義を信じたいと思います。

ロシアにも、いつか北方領土を返さなくてはいけない日が必ず来ると思います。

国際法を守るロシアのリーダーが現れることは、私の強い望みです。

哲学と高い倫理観を持った大統領に、未来の私は一票を投じます。

ご視聴ありがとうございました。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
ブラボー!!
真理に基づくあなたの正当な理論をとても誇りに思います。
日本政府があなたを外務大臣に任命しないのは恥ずかしいことです。 ところで、あなたは日本市民ですか?
もしあなたが「裏切り者」として狙われたり、ロシア人から恐喝されたりしたら、日本人はあなたを守り守るでしょう。
これからも頑張ってください。




2: 海外の反応
オ、オーマイガー!
私は私たちがどんな代価を払ってもあなたの投票権を保護しなければならないと思いました。
ありがとうございます。 本当にありがとうございます。(ロシア語)




3: 海外の反応
アリシアさん、このビデオから日本の歴史を学ぶのは有益で教育的です。




4: 海外の反応
良いビデオありがとうございます!
幸福と成功と繁栄の神よ、彼女を幸せに!(ロシア語)




5: 海外の反応
とても良い説明をしてくださって、ありがとうございます。これは私が今まで見た最高のYouTube番組です。
尊敬しています!(ドイツ語)




6: 海外の反応
ありがとうございます。私はずっとあなたを支持します。(ロシア語)




7: 海外の反応
日本に来て長いロシア人は気付いた。
ロシアがあまりまともな国ではないことと、日本が法律や決まり事をよく守る民族であるということを。




8: 海外の反応
あなたは、美しいだけでなく、聡明すぎるほどに聡明です。




9: 海外の反応
日本人は重要なことを考えているでしょう。
でも、私はあなたの相反する両国側コスプレが嬉しい。
あなたの理論は中立的立場でよく研究されている。
見やすく編集してくださってありがとうございます。(ロシア語)




10: 海外の反応
ロシア国民はみな、アリシアの将来の栄光とあなたの幸せな日々のために、次のロシア大統領としてアリシアに投票すべきです。




11: 海外の反応
↑正義が通るには、一人だけ正義では通らないのです。大半が正義を理解することではじめて、正義が正義であることができるのです。



12: 海外の反応
彼女の日本語に対する愛の動画も、本当に私の心に響きました。
その日本語で解説されているからこそ、とても信頼性がありました。(ロシア語)




13: 海外の反応
本当に感動しました。




14: 海外の反応
あなたのように偉大なロシア人が多いということを知っています。(ロシア語)




15: 海外の反応
ロシア人が、表現力が豊かなことと、頭が良いことは知っています。そして、真心が温かいことも。




16: 海外の反応
ブラボー、アリシア!
私は君が、この報告書のために一生懸命働いたと思う。
あなたはとても才能があり、バランスの取れた人です。
私はあなたに芸能人だけでなくオピニオンリーダーのような存在になって欲しい。
どんな形であれ、知性とユーモアで魅了してください。
でも、私はあなたの安全が少し心配です。私は君がどうなるかずっと見守っています。
KG○があなたのユーモアに圧倒されることを願っています。




17: 海外の反応
1も面白かったけど、本作も見応えがありました!




18: 海外の反応
あなたのファンは増え続けていると思う。



19: 海外の反応
時間はかかりますが、ロシアは変われます。
中国のようには見ないで欲しいです。(ロシア語)




20: 海外の反応
戦争は醜いですね。そして、一旦、弱い立場になると、まるで関係ない顔をしていた人たちが、微かに有利な立場を利用してなんでも好き勝手にできてしまう恐れがあるということです。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます