トヨタは、ハイブリッド車やFCEVなどの電動化に早くから取り組み、25年近くにわたって電動化をリードしてきました。

しかし、一から作り上げた完全なバッテリー電気自動車は、何年もの間、彼らのラインナップにはありませんでした。

しかし、2023年に発表されたToyotabZ4Xによって、その状況は一変します。

新しいbZ4Xはスバルとの共同開発で、フル充電で最大250マイルの航続距離を実現し、外観は未来的なスタイリング、インテリアには新しい12.3インチのインフォテイメントシステムを搭載しています。

発売は来春です。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
私の場合、航続距離は問題ありません。
私のマッハeは約230kmですが、帰宅時に充電しているので問題ありません。
通勤・通学用の車としても使えそうですね。




2: 海外の反応
面白そう!と思いました。
しかし、ボリュームノブを捨てたメーカーを見るたびに腹が立ちます。
プッシュボタン式の音量調節は最悪です。
スライダー式の音量もほぼ同じです。




3: 海外の反応
トヨタのEVはまだまだこれからです。




4: 海外の反応
誰かがフェンダーを破損して、間違った色に交換したように見える




5: 海外の反応
ソニーが、トリニトロンブラウン管テレビの方が優れていると考えて、フラットパネルテレビの製造を控えていたことを覚えていますか?
トヨタがEVを決断した時と同じ運命をたどるのではないかと思います。




6: 海外の反応
単色で買わせてくれないのが信じられない。
それは私にとって完全に台無しです。
また、トヨタ車ではもっと航続距離が長いと思っていました。




7: 海外の反応
トヨタ版のEVが見られて良かったですね。
KIAのEV6がアメリカで発売されるのを楽しみにしています。




8: 海外の反応
EVがもっと主流になることを期待しています。
インフラ法案によって充電スタンドが普及するはずですし、より多くの企業がEVを発表しています。
私は新型のカムリを買ったばかりなので、再び市場に出るまでにはしばらく時間がかかりそうですが、2020年代半ばから後半にかけて、低価格帯も含めて幅広い選択肢が出てくることを期待しています。
とはいえ、自動車を製造することによる環境への影響を考えると、最も環境に優しい車は、たいていはすでに乗っている車です。
私はすでに長期旅行用の車をリースしているので、1回の充電で250マイル走れば十分です。




9: 海外の反応
ついに、トヨタがプロトタイプを発表したグレー以外の異なる色でこの車を見ることができました。
この色はとても美しいと思います。




10: 海外の反応
あまりにも美しくスタイリッシュだったので、我慢できずにトヨタ車を買ってしまった人を誰か知っていますか?
ええ、私です。




11: 海外の反応
何百台もの車を見てきた専門家でも開け方がわからないほど複雑なグローブボックス。
設計上の欠陥ではないでしょうか?



12: 海外の反応
圧倒的なエントリーであることは間違いありません。
トヨタのEVゲームはまだ非常に弱い。




13: 海外の反応
トヨタは初代タコマくらいの大きさのEVトラックを作る必要があり、そうすれば私も参加します。




14: 海外の反応
来年、プリウス・プライムを下取りに出すかもしれません。




15: 海外の反応
かっこいい車だと思いますが、名前が気に入らないですね。
どれだけ売れるか見ものですね。




16: 海外の反応
航続距離は破格だね😩😌




17: 海外の反応
他社に比べて航続距離が250マイルしかないので、それなりの価格にしてほしい。
床下にバッテリーを設置することで、バッテリースペースを確保し、航続距離を伸ばすことができます。
この航続距離は、寒冷地や追加の設備を使用した場合にも有効です。




18: 海外の反応
これはとてもいい車ですね。
ヘッドライトとテールライトのスタイリングは、未来のプリウスを彷彿とさせますね。
アメリカではそろそろプリウスは廃止されるのかな?



19: 海外の反応
完璧な車😎👍🏻




20: 海外の反応
IMOは、どんなに速くても、どんなに高くても、すべてのEVは普通のハンドルを持つことを義務付けるべきです。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます