日本の政府や企業の東南アジアとの最近のかかわりを挙げ、

同地域での対中国戦略を進めていると解説。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
アメリカは昔、敵を作るよりも友達を作る方が良いと学んだ。
私が必要としている国にお金を貸して、法外な金利を請求せず、返済できなくても許してくれれば、それは報われる。




2: 海外の反応
私は日本がSEA諸国のパートナーであり、リーダーであることを好み、信頼しています。




3: 海外の反応
素晴らしい...日本とアメリカは、この経済の連鎖に、世界最大の民主主義国であるインドを加えなければなりません!!!




4: 海外の反応
オーストラリア人として、これは良いニュースです。
日本はよくやったと思いますが、インド、インドネシア、その他のASEAN諸国をサプライチェーンの一部として含め、中国をできる限り回避してほしいと思います。




5: 海外の反応
日本は、もし戦闘が起こった場合、征服のためではなく、平和のために戦うことを念頭に置いてほしいと思います。
たった70年前は間違った理由で戦っていたが、正しい理由で戦えば多くの同盟国を得られるだろう。




6: 海外の反応
中国共産党は、海上封鎖されやすい。
中国共産党は陸封された軍(PLA)の規模に依存しています。
PLAの海軍は大きいですが、弱点は外洋に出る海軍がないことです。




7: 海外の反応
今日の日本は、信頼と友好の価値があります。




8: 海外の反応
アジア地域の日本の物流ハブが経済的にも影響力を持ち、他の地域に日本のハブへの投資を促し、腐敗した邪悪な中国共産党政権の物流市場から脱却することを期待します。
中国共産党政権を破壊する最良の方法は、金融制裁です。
中国の人々が必要なものを供給するのに問題を抱え始めたら、彼らは政権に逆らうでしょう。




9: 海外の反応
とても良い動きですね。
日本!!!!!
私たち国民はあなたを応援しています。
頑張れ、日本。




10: 海外の反応
そろそろ信頼できる頑丈な商品を買うべきだと思います。
危険なコピー商品は何年も前に禁輸すべきでした。
このプロジェクトの後は選択肢が増えるでしょう。




11: 海外の反応
今回のニュースのように、日本政府は中国共産党の侵略者に全力で警告を発したが、米国政府のバイデン政権は日本を支持するような行動を見せなかった。
したがって、岸田文雄氏は、中国共産党政権とその危険な動きに対して米国中央政府を動かすために、他の代替案を考え出すべきである。
なぜなら、ロシアと中国の共同海軍艦隊が日本の海上を通過したにもかかわらず、米国政府は2週間前に日本の北部地域である北海道で日本の防衛のために何もしなかったからです。
日本の中央政府とその主要政党である自由民主党は、アメリカを説得するためのもっともらしいプランを構築し、それをすぐにアメリカに送るべきです。



12: 海外の反応
申し訳ありませんが、インドや東南アジアの人々は日本に期待しすぎだと思います。
日本にも親中派の議員がいます。
岸田首相はどうやら親中派のようですが、これはよくありません。
また、日本は人口の少ない小さな国で、日本人はお年寄りが多い。
日本は中国に内部侵略されている。
これは大きな問題で、正直な日本人はこれを大きな問題だと思っていますが、金の亡者である日本人はその意見を無視しています。
また、日本はインドのように核兵器を持っていません。




13: 海外の反応
今の政権では、カナダからの天然ガスを通すパイプラインを持つことができないので、日本がプロパンガスの国際的なブローカーになって、アセアン諸国に送るべきだと思います。
そうすれば、中国の共産党に対抗する素晴らしい方法になると思います。




14: 海外の反応
私にとっては完璧なタイミングだと思います。
中国は帝国、国家資本主義、中途半端な共産主義、単純な暴力団国家のどれになるか決めかねている。




15: 海外の反応
中国共産党に日が沈み、日本に日が昇る




16: 海外の反応
日本は第二次世界大戦で受けた損害をまだ償っていない。




17: 海外の反応
中国をボイコットして日本製品を買おう!
日本の方がはるかに品質がいいよ




18: 海外の反応
世界の人々が自分たちの製品を作ってくれればいいのに。



19: 海外の反応
慈悲はありません😤




20: 海外の反応
侍の台頭




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます