日本では、韓国との戦争になると、"海上自衛隊は世界最強の軍事力を誇るのだから、

海戦で韓国を圧倒して、陸上自衛隊を韓国領土に上陸させればいいじゃないか "

とよく言われます。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
民間防衛もあります。
私も現役だった時期がありますし、20年前までは予備役兵でした。




2: 海外の反応
世界の三大機甲部隊は、ロシア、アメリカ、韓国。
中国は第4位です。
中国は韓国より少しだけ装甲が多いが 性能が足りない時代遅れの装甲部隊なので、韓国が優勢です。




3: 海外の反応
世界初の新型戦争ミサイルを作った国だから、誰にも負けない強力なミサイルのために生きて、死んでください




4: 海外の反応
国全体の国民を武装させる必要があるときは、戦闘を行うのに十分な姿勢で装備する。
だから私は韓国人です。




5: 海外の反応
縮れ毛を引っ張ってスウェットを着てコンビニにタバコを買いに行ったみすぼらしいオヤジも、かつては宿舎の中で最高の時間を過ごしていたのだ!
そして、身体は今でも覚えている !
これは、韓国軍に所属したことのある全ての男性に言えることです!




6: 海外の反応
第7機動部隊は装甲だけでなく、航空も...
アパッチ・コブラなど多くの戦闘ヘリが第7機甲部隊に所属している。




7: 海外の反応
経済はアメリカ、軍事はロシアと協力することで、東アジアの覇権を握ることができます。
中国と日本は捕まえた瞬間によく噛み砕いて属国にしよう。




8: 海外の反応
海軍力は弱くない YouTubeで大韓民国海軍の異種軍艦だけを叩いた動画を見れば、海軍の潜水艦能力の高さがよくわかる。




9: 海外の反応
私は70歳に近い年齢ですが、韓国の若者にはかないませんが、他国との戦いに投入された場合、最強の作戦能力と街灯を行うことができます。
これは、韓国で生まれた男の能力です。
若い人たちだけに一方的に押されても、他国の正規軍に対抗できるレベルになる。
たとえ韓国の若者に完全に押されても...。




10: 海外の反応
中国も日本も、いつか韓国に消されてしまう。




11: 海外の反応
このため、1980年の光州と1991年のLAには銃器で武装した自警団が一瞬にして誕生する。



12: 海外の反応
中国に存在するすべての陸軍群を瀋陽に集結させれば、韓国軍に対処できるのではないか?
でも...。
そんなことが可能なのか...。
私が死んでも北京の地区を移動させることはできないだろうし、他の地域から北京付近に地区を移動させること自体、反乱などを理由に命がけで決断しなければならないことだ。




13: 海外の反応
隣国があれば敵になるということを歴史で学んだ。
勝利を!




14: 海外の反応
圧倒的なパワーで だから、戦う気がしない。




15: 海外の反応
6自衛隊は民間防衛レベルで組織されているので...。




16: 海外の反応
日本の海上自衛隊が韓国の海軍を圧倒したのは、2000年代前半だけ。




17: 海外の反応
日本が朝鮮半島に上陸すれば、もちろん勝ちます。
ただ、戦場が自分たちの領土になってしまうのが残念でならない...。




18: 海外の反応
中国軍は現役の予備役に任せて、日本の陸軍部隊は民間防衛に対応してもいいのではないかと思った。



19: 海外の反応
日本は韓国の相手ではない。
比べないでください。




20: 海外の反応
日本との戦争が終わったら、若い兵士たちに惜しみなく与えたい。
強制労働のための慰安婦も含めて、苦しい思いをしたとしても、すべては兵士たちの戦利品...




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます