北京大学国際戦略研究所の張作正所長は、

最近、日本との関係を修復することが中国政権の外交政策の最優先課題であると書いた。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
アメリカは本国への侵攻を計画しており、もし原爆が使用できない状態であれば、その計画を実行したでしょう。
侵攻による犠牲者は、アメリカ軍兵士約100万人以上、日本人約1000万人以上と予想されていました。




2: 海外の反応
80年前、アメリカは日本と戦争をすることでその結果を経験しました。
私の亡き父は、戦後の占領下時代に日本に駐在していました。
彼の逸話から、私は日本に対して最高の尊敬の念を抱くようになりました。




3: 海外の反応
日本はアメリカから遠ざかっているのではありません。
むしろ、アメリカとの技術的な結びつきを深めているのです。




4: 海外の反応
日本人を恐れているのは、人数が少ないにもかかわらず、規律正しく、非常に効率的だからだ。
日本軍は、予算も能力も非常に限られていますが、この地域で最強の海軍と空軍を有しています。
日本が自衛隊を廃止し、正式な常備軍を持つことになったときのことを想像してみてください。
そして、当時は非常に時代遅れの武器で、ほとんど徒歩で中国の大部分を征服したことを忘れてはいけません。




5: 海外の反応
日本は世界第5位の海軍力を持ち、その使い方を熟知しています。
インド軍と中国軍の間で先月中旬に起こったことを見たが、インドは54人の中国軍を殺害し、インドは12人を殺害した。




6: 海外の反応
私はアメリカ人ですが、日本が現代における我々の同盟国であることを嬉しく、誇りに思います
我々はサムライを同盟国として得て、互いの背中を守ったのだ なんてクールなんだ!?




7: 海外の反応
軍事情報部は、日本が東南アジアと日本全土で拘束しているすべての捕虜の処刑日を確定したとの信頼できる報告を受けていた。
日本は、本国でさらに接近した激しい戦闘に直面していたのです。
米国と同盟国は、その命令を阻止し、戦争を迅速に終結させるために、原爆使用を前倒しする必要に迫られたのです。
捕虜の数は様々で、少なくとも23,000人、あるいは43,000人の捕虜がいた。
多くの捕虜は悲惨な身体状態だった。




8: 海外の反応
「日本には手を出すな!」同感です。
特に中国と北朝鮮に関しては、日本を全面的に支持します




9: 海外の反応
日本は尊敬される大国です!




10: 海外の反応
もし中国共産党が、日本との関係改善によって軍備増強が落ち着き、第二次世界大戦後のアジアの平和主義的な姿勢が再び現れると考えているなら、習近平と彼のPLAはその考えに別れを告げたほうがいい。
すでに日本の指導者は、台湾に手を出したら日本に手を出したも同然だ!
という侍のような態度で声高に語っている。
簡単に言えば、「日本に手を出すな!」ということだ。




11: 海外の反応
広島と長崎に原爆を落とした時点で、戦争には勝っていた。
残るは本州への侵攻のみ。
できたかもしれないが、双方の人命が莫大に犠牲になるため、アメリカは核兵器を落とすことにしたのだ。
日本の海軍は廃墟と化し、石油なども枯渇していた。
そして、アメリカは日本と戦争に突入したわけではありません。
攻撃されたのです。



12: 海外の反応
アメリカ、イギリス連邦、ソビエトは、日本が原爆投下後に降伏しなければ、絶対に侵攻する用意があったのです。




13: 海外の反応
日本軍は1945年、原爆投下後も降伏しなかった。
天皇が決定し、軍隊が従ったのが歴史的事実だ。




14: 海外の反応
日本には戦闘経験のある軍隊がない。
ベテランの軍曹がいなければ、どんな軍隊もうまく戦うことはできません。
もしアメリカが下士官を提供しなければ、日本は戦えなくなります。
日本はスイスのように非戦闘国になるのが一番いいのです。




15: 海外の反応
私は以前から、日本はもっと早くから防衛力を強化すべきだと考えています。
30年前とか。




16: 海外の反応
中国が得意なのはシンクロナイズドマーチングだけで、実戦はしない。




17: 海外の反応
日本は本当に素晴らしい同盟国だと思います。
習近平氏は大きな間違いを犯している。




18: 海外の反応
日本が過去に中国をめちゃくちゃにしたことがないわけではないんだけどね^^;



19: 海外の反応
日本には侍の精神が今でも色濃く残っています。
日本は第11次世界大戦でその戦闘能力を証明した。
中国と印度英軍はビルマとさらに東のジャングルで苦しんだ。
日本は戦うだろう。




20: 海外の反応
台湾は中国の政府であった。
中国の指導者たちは常に台湾にいた。
日本は中国を支配することができた。
世界平和のために、中国は日本に取って代わるべきだ。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます