日本の防衛省は、敵対するミサイルに対抗する電磁波兵器システムの開発に取り組んでいると報じられている。

この動きは、中国、北朝鮮、ロシアが開発中の極超音速兵器への対応を東京が強化していることを受けたものです。

報道によると、防衛省は極超音速ミサイルの脅威に対抗するため、「レールガン」技術の開発に注力しているとのことです。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
レールガンにはいくつかの欠点があり、高速で移動する小型のターゲットには不向きなのです。




2: 海外の反応
問題はレールガンがピンポイントの精度と極超音速ミサイルに対応できる照準システムを持っていなければならないことだ、レーザーを使った方がいい。




3: 海外の反応
日本が作るレールガンは、世界でもトップクラスの電子機器生産国であることから、作ることは可能ですが、時間と資金が最大の課題です。技術の進歩に伴い、電子部品も進歩しますが、最大の問題は、中国、ロシア、韓国が、極超音速ミサイルの他に大きな脅威を与えるような兵器の開発が終わるまで待っていることです。




4: 海外の反応
時間通りに反応して、うまく目標を破壊するかにかかっている。




5: 海外の反応
この映像で触れられていないこと。
日本がレールガンのプロトタイプを試射したとき、2300m/sの弾速を記録した。




6: 海外の反応
歴史的には、アメリカもゼロ戦の制空戦闘機を放棄しています。
その後、日本がその開発を引き継ぎました。




7: 海外の反応
中国は本当に敵を囲うのが好きだな😂




8: 海外の反応
多くの国が、運用可能であるが、まだ公になっていない秘密のプロジェクトを持っていると仮定できる。




9: 海外の反応
核兵器による戦争に勝者はなく、双方が大きな損失を被ることになる。
これは広島の時代ではない




10: 海外の反応
レーザーはミサイルの電子機器を破壊するほどの威力があれば、迎撃に大きな影響を与えることができます。




11: 海外の反応
極超音速ミサイルのヒットボックスが大きく、レールガンで簡単に撃てるようにしてほしい。



12: 海外の反応
レールガンは良いが、フェイザーアレイや量子魚雷で補完するとより効果的




13: 海外の反応
レールガンの技術は、それ以前から開発されている。
2020年にカルヤニシステムが言い出した。
インド海軍と陸軍のためにレールガンを開発しているそうです。




14: 海外の反応
日本の師匠であるアメリカでさえ、電磁レール砲の開発を断念している。




15: 海外の反応
レールガンは発熱が大きい。
そのため、銃身はもう一回撃つのに耐えられるか?




16: 海外の反応
日本はガンダムのモビルスーツを配備するだけで、ロシアと中国を簡単に倒すことができる。




17: 海外の反応
極超音速ミサイルと呼ばれる理由




18: 海外の反応
レールガン?
そのうちメタルギアに搭載されるのかな?



19: 海外の反応
日本はまず、「自衛官」という反応的な軍隊ではなく、普通の機能的な軍隊が必要です。
軍隊が戦闘を経験していなければ、技術は何の役にも立ちません。




20: 海外の反応
アメリカも持っているが、エネルギーが必要すぎて使用中止。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます