東京・神田神保町は、世界一、日本一大きな書店を誇っている。

180の書店が集中する三省堂で、140年以上の歴史を持つ有力書店に大きな垂れ幕が掲げられた。

書店の前に掲げられた垂れ幕には、「とりあえずしおりをつけておきます」と書かれており、一時的に閉店することを意味している。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
紙の本の問題というより、原因は特大サイズに慣れた人たちだと思うんです。
本物の本を買うだけなら、ネットで買えばいい。
私が本を買いに行くときは、教保書房のような大型書店を探します。




2: 海外の反応
紙の本だけのメリットもありますが、時代の流れとして仕方ないのでしょうか。
紙の本の感性も好きですが、紙の本で読むと集中力が高まり、楽しくなりますね。




3: 海外の反応
電子書籍は便利だけど、パソコンの画面を長時間見てると目が痛くなるから、紙の本しか読まないけど、紙の本好きとしては心が痛む...。




4: 海外の反応
日本の書店の数が減ると、様々な本が消えていく。
実際、書店よりも出版社が減った時から予想はしていました。
でも、嫌韓本が売れているのを見ると、今後が本当に楽しみです。




5: 海外の反応
日本は、読むという行為ではなく、どのような本を読むかが重要であると教えている。




6: 海外の反応
紙の本も好きだけど、正直、電子書籍の便利さは無視できない。




7: 海外の反応
特に、漫画は電子書籍に大きくシフトしています。
電子書籍が嫌いだから紙の本を買わないというわけではないのですが...。
日本では、家が狭いのに、収納するスペースがない。




8: 海外の反応
よく電子書籍を買って読みますが、目が痛くなります。
時間があるときに紙の本を読むと癒されます。




9: 海外の反応
韓国では、すでに近所の書店は消え、古本屋も消え、漫画レンタルショップも消えています。
ネットで買えば割引になるので、近所の中小書店は姿を消します。
電子書籍も便利なので、最近は電子書籍で買っています。
いつでもスマホで読めるので...。




10: 海外の反応
しかし、面白いのは中小の書店が生き残りをかけてあれこれやっていること。
どれだけの効果があるかは未知数ですが、消費者・利用者の立場からすると魅力的な戦略のように思います。




11: 海外の反応
電子書籍はコインだと思えばいい。
間が空けばどこでも簡単に読めるが、糸が切れればただの糸切れ。
解決できない気持ち



12: 海外の反応
何か読んだ後、心に残るものが少ない気がするので、軽く読むなら電子書籍、深く掘り下げたい本には紙の本が好まれる。
電子書籍市場の活性化もあるのでしょうが、本を読む人の減少も大きく影響しているでしょうし、いろいろな意味で書店が無くなっていくのは残念なことです。




13: 海外の反応
私も以前は「紙の本だ」と言っていた人間ですが、いつの間にか携帯で読むようになり、電子書籍の方が軽いし、ライトもついているので夜でも読めるようになりました。




14: 海外の反応
近々自主出版する予定ですが、絶対に電子書籍も一緒に作りたいですね。




15: 海外の反応
紙の本しか読まない私としては、紙の本がだんだん減っていくのはとても悲しいです。




16: 海外の反応
表現がかっこいい。
書店のような閉店のお知らせ。




17: 海外の反応
図書館がなくなっちゃうけど、スマホ以外だとやっぱり本を読みに行くし、暇な時は遊びに行ったり、本を読んだりしてます。




18: 海外の反応
映像の手前にある三省堂書店は本店・本部なので、建物全体が大きな書店になっています。



19: 海外の反応
紙の本の長所は、読みやすさが良い。
短所は夜読むのにライトが必要なこと

電子書籍の長所は、どこでも読めること。
短所は読みやすさが悪い。
自分だけなので、頭に何も残らない。




20: 海外の反応
ツタヤみたいな複合空間にすればいいのに。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます