円/ドルレートは2日目も20年ぶりの安値水準にとどまった。

急落を防ぐために金融当局が行った口先介入も効果がなかった。

今年初めには115円台だった円ドルレートは、先月の米国の利上げをきっかけに急騰し始めた。

円を売ってドルに投資する動きが急速に広まった結果である。

経済への負担が増す中、日銀の黒田総裁も警戒感をあらわにした。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
金利を上げると国債が調達しづらくなる。
いずれにせよ、アメリカの金利に徐々に追随していかなければならないのですが、それができないので、為替レートが上がってしまうのです。




2: 海外の反応
製品競争力を維持したまま円安になることは、確かに輸出経済にとって悪い兆候ではありません。
しかし、このような急激な円安は、国内市場で生き残る日本企業を崩壊させる危険性がある。
海外輸出がGDPの9割を占める韓国と直接比較することはできない。




3: 海外の反応
米国が資本を選択したのは良いことだが、競争を誘発し加速させる経済を諦めなかったことが根本的な原因だと思う。




4: 海外の反応
他の国はみんな金利を上げているのに、日本は金利を上げられないので、もどかしいというか...。
金利を上げると、日本政府にも負担がかかるし、企業にも負担がかかる。




5: 海外の反応
30年前、我が国は発展すると言っていた高校の先生。
当時は信じられませんでした。
アメリカは過去に好調だった日本を金利で叩いた。
この国はうまくいってほしい。




6: 海外の反応
スマートフォンの普及により、日本を牽引してきた電子製品が姿を消す中、80年代、90年代を牽引してきた工業用カメラ、フィルム、カムコーダー、カセット、CD、ゲーム機、デジタルカメラなど、日本の基幹朝産業の半分以上が姿を消し、中国がその座を奪いつつある。
むしろ、日本では難しくなっている。




7: 海外の反応
エレクトロニクス産業の崩壊は、日本経済にとって致命的な打撃となる。
アナログ時代、ソニーやナショナルに代表される日本のエレクトロニクス産業は世界最強だったが、デジタル時代に対応できず、その廃止は凋落した。
没落の原因は、半導体産業が台湾や韓国に奪われ、スマートフォンやテレビ電気自動車産業が力を失ったことである。




8: 海外の反応
バブル経済も懐かしいです。




9: 海外の反応
漢の国のトップがどんな考えを持っているかは、その国の現在と未来を左右する最たる例。安倍首相 日本の救世主のように見えたが、実際は地獄の指導者だった。




10: 海外の反応
日本は膨大な量のドル債を持っていますが、それを売れば解決するのではないでしょうか。
もちろん、アメリカの許可がないと売れませんので、絵に描いた餅です。
日本は1兆ドル以上のドル債を保有していると言われています。
まだたくさん積んでいるそうです。




11: 海外の反応
8対1だったウォンが、10対1と過去最低の水準になった。



12: 海外の反応
無制限の通貨流通で製造業の競争力不足による経済成長の弱体化を防ごうとしたのだから、当然の結果である。




13: 海外の反応
金持ちが破産しても、三代目は行く。
失われた30年、全盛期の体力で耐えてきた日本経済は、もう限界なのだろうか。
日本経済が衰退しているように見える




14: 海外の反応
小泉さんの時代でも日本は強かったのに、アベロ首相が変わってアベノミクス政策でお金を引いたら、最後は日本が引っ掛かった!?
やはり、漢の首領の役割は本当に重要なようですね!




15: 海外の反応
日本の生きる道は、海外の安全資産をすべて清算し、借金を返済し、企業再編を行い、競争力のある企業だけを救うことだ...。
何か見覚えがありませんか?1997年の韓国のIMF危機...。
韓国では経済部門のリストラでしたが、日本では国全体のリストラが必要です。




16: 海外の反応
10年後の私たちではなく、今の私たち。
私たち一人ひとりが徹底的に準備し、耐え抜く時が来たのです。




17: 海外の反応
日本も韓国の経済がダメになったとか言ってたけど、お互い大事にしてるのはいいことだね。




18: 海外の反応
なかなか変化を受け入れられず、極右的な方向に進んでいる日本が、我々の未来になりそうなのだから異常だ。
その時期を少しでも遅らせるために、優秀なリーダーが必要。



19: 海外の反応
日本は少しひどく落ち込んでいる。
円ウォンの値を見ればすぐにわかる。そして、円安は思いのほか、経済に打撃を与える。
そういう視点で円相場を見る人がいるんです。




20: 海外の反応
原油価格が高騰するとは...。
日本は当面、原油価格の安定を見ながら対応することになる。
また、円を過小評価するのはお勧めできない。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます