てるてる坊主は、日本の風習の一つである。

照る照る坊主とも表記される。

翌日の晴天を願い、白い布や紙で作った人形を軒先に吊るすもので、

「てるてる法師」、「てれてれ坊主」、「日和坊主」、「てれれ坊主」など地域によって様々な呼称がある。

また、同名の童謡がある。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
2:06
この時、僧は仏に年貢を納めなければならないと言い、家ごとに食べるものを要求し、人々はそのまま食べ物を掻き込んだ。
それでも雨はやまず、人々は殺し殺されたという。




2: 海外の反応
小さい頃に出た漫画で見た記憶があります。




3: 海外の反応
いつもは梅雨をくれてやるのに、日本は先見の明がある文化ですね。




4: 海外の反応
てるてる坊主のお人形が大好きです。




5: 海外の反応
いま、会いにゆきますの映画を観て、人形の由来が気になりました。




6: 海外の反応
トミーの日本のアニメや漫画は、雨が降るとこんな感じでした。




7: 海外の反応
最近、韓国で雨が降ってないんです。




8: 海外の反応
もう梅雨入りとは驚きです。




9: 海外の反応
てるてる坊主って本当にかわいい




10: 海外の反応
今は干ばつだから、雨が降るはずだ。
おじいさんの農業はうまくいくはずだ
雨を降らせる人形はないのですか?




11: 海外の反応
東京は今雨が多いので、朝の山手線は地獄のようです。



12: 海外の反応
日本にもてるてる坊主を吊るして止める文化がありましたね。




13: 海外の反応
てるてる坊主の「天気の目」アニー劇場は初めて見た。




14: 海外の反応
てるてる坊主の加工は壊死と似ている




15: 海外の反応
てるてる坊主の話を聞いたとき、最初はお坊さんの話ですごく不気味だったんです。




16: 海外の反応
最近暑い日が多いですね。
冷たいコーヒーを飲んで欲しいです。




17: 海外の反応
お天気のいい日に見たお人形は、このお人形でした。




18: 海外の反応
日本では、梅雨はとても怖いのですが、干ばつはあまり怖くないようです。
これは私たちとの微妙な違いだと思います。
大雨は怖いが、干ばつは本当に怖くて、これを克服しようとした。
干ばつへの恐怖と克服の努力は、私たちの文化にも反映されています。
その典型的な例です。



19: 海外の反応
清涼飲料水の話は、天気の元祖の子だった




20: 海外の反応
てるてる坊主になった人をからかうのは誰だ




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます