世界競争力報告は世界経済フォーラムによって出版される年次の報告書である。

2004年から、世界競争力報告はザビエル・サラ‐イ‐マルティンとエルサ・V.アタディによって開発された、世界競争力指数に基づき諸国をランク付けする。

それ以前は、マクロ経済的ランク付けはジェフリー・サックスの成長開発指数、そしてミクロ経済的ランク付けにはマイケル・ポーターのビジネス競争力指数に基づいていた。

世界競争力指数は競争力のマクロ経済とミクロ/ビジネスの様相を単一の指数へと寄せ集めた。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
普通の人が気づけない、たった一つの大切なこと
IMFや連邦政府準備委員会とは誰のことでしょうか。
これらの機関が監視することなく、世の中の金利を調整し、お金の流れを調整する。




2: 海外の反応
日本を見ていると、観光産業を大きくするよりも、観光以外の産業を大きくしていくと、自然と観光産業がついてくるというのは、勉強になることです。
観光産業はあくまでオマケの恩恵




3: 海外の反応
人間は苦痛を感じると苦痛から解放されようとする
日本の現状が本当に怖いのは、政治家がやんちゃで、日本人が苦しんでいないことだ。
鍋の中の蛙のように、円はゴミのように




4: 海外の反応
韓国政府が日本企業に投資していたら回収する。




5: 海外の反応
円安が続いている。
ハイパーインフレの可能性はあるのか?




6: 海外の反応
日本の全企業の99.7%が中小企業で、大企業は0.3%。
中小企業の売上に占める輸出はわずか3%、つまり日本企業の99.7%は国内企業であり、円安による輸入価格の高騰が原因である日本企業のほぼすべてを中小企業と日本人が占めているのである。
200円台でも1円、営業利益は0.4%に過ぎない。
全体としては、日本経済より円安の方がはるかに大きい。




7: 海外の反応
円でお金を借りるのはとてもおすすめです。
日本潰しで、一番高い金利の円発行で早く調整すべきです。




8: 海外の反応
円は輸出に役立つが、技術競争力がない。




9: 海外の反応
ジンバブエに従うしかない これはG7の崩壊を意味し、米国が最も遅く崩壊する。
そして、世界の消費市場である米国が墜落すれば、世界は共倒れになる。
ドル代替のブリックスもついてくる。
誰も見たことのない新しい世界だが、混沌の時代である。




10: 海外の反応
日本は為替防衛をやっていない。
為替防衛のために金利を上げると、日本が金利を維持できなくなる!




11: 海外の反応
今、日本のことを心配している場合ではない。
為替、株、物価など、そんなに難しい状態ではない。
今後5年間、どう生きていけばいいのか、なかなか見えてこない。



12: 海外の反応
アジア経済危機の日本への危機感か ?




13: 海外の反応
日本の心配より、韓国の心配をした方が良いのでは?




14: 海外の反応
為替を擁護しながら国民が地獄に突き落とす国




15: 海外の反応
この国では、日本の首相が途上国に数百億円支援する。




16: 海外の反応
韓国は4段階も急落したが、日本の心配をするのはまだ早い。
株価指数も中国が上昇したり、中国を連結すると急落する。
今、外交や経済を間違っていると判断したら、すぐにゴールへ向かえばいい。




17: 海外の反応
愚かな日本人は目を覚まさない方がいい。
自民党は永遠に




18: 海外の反応
それにしても、国際通貨は円が危ないですね・・・



19: 海外の反応
世界の基軸通貨である日本の円が潰れている




20: 海外の反応
ウォンは130ウォン超えたけど、みんな韓国のこと言わずに円の心配してるの?




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます