韓国のポータルサイト「イルべ」に「衝撃的な日本国民キャラクターも盗作。」という記事が上がっていたので翻訳します。

11枚の画像は元記事参照。

不二家のペコちゃん。
日本でスナックキャラクターで最も有名なキャラクター68歳。
韓国内にも輸入したキャラクターだから見た人も多いと思う。

1950年の絵 オリジナル「Mike」BirdsEye
1951年の絵 「ポコ」不二家

1949年の絵 オリジナル「Merry」BirdsEye
1950年の絵 「ペコ」不二家

アメリカの飲料メーカーのキャラクターをコピーしたものだが、画力の実力が下手でキャライメージと商品が調和しない。

ここに宮崎駿の作がある。
2枚を見比べると、アメリカの天才アニメーター作品を真似ているようにも思える。

店頭ペコちゃんの変遷
とにかく最初は首も長ければ、異様な目でデザインされていた。
デザイナーも呆れていたのか、徐々に修正された。

ペコちゃん
日本のお菓子メーカー不二家のマスコットキャラクターであり、練乳キャンディー「ミルキー」のブランドキャラクターだ。
1950年に登場した、かなり古いキャラクターで、日本のマンガ、アニメを見れば、たまに見られる。
1949年アメリカの飲料メーカーゼネラルフーズのBirds Eyeというオレンジジュースのキャラクターの盗作である。
この事実を知った日本人の中で衝撃を受けた人が多いと聞く。

盗作は明白であるものの、このキャラクター人気は健在である。



(参考)

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
これを我が国が挙げていることが滑稽だ。
言える身分かってんだバカヤロー!




2: 海外の反応
日本にもこういう時代があったってことだ。




3: 海外の反応
↑日本の昭和中期には、電車の網棚に寝る奴がいたという写真を見た。
どこも発展途上では市民民度は未開という証しだ。




4: 海外の反応
日本は20世紀半ばまでは、世界最高のコピー国家だった。




5: 海外の反応
昔は検証する方法が全くなかったので通用した。




6: 海外の反応
未開の韓国の輩は、テコンVを誇らしく思ながら、中国の悪口をほざく。




7: 海外の反応
↑テコンVはまだ大量生産ができていないし、一部のファンが好きなだけ。
ペコちゃんはスナックキャラだからこそ、いまでも量産されて続けている。




8: 海外の反応
↑テコンVのプラモデルブーム起きたの知らないの?




9: 海外の反応
高木美帆もペコちゃんスマイルやってた。




10: 海外の反応
あの時代、日本盗作が盛んだった。
ドイツ人が、日本と言えばコピー王国と考えるほどだった。




11: 海外の反応
日本もコピー専門国家である。
それでも、中国が、私たちと違うのはコピーしたものをもっと補完して逆輸出することだろう。



12: 海外の反応
日本が、これまでよりも力が入らず衰退する理由が分かるね
古代にも韓国、中国の文物を吸収して成長し、近代でも、東洋で唯一、ヨーロッパの文物を受け入れて吸収して成長し、現代でもアメリカの文物をコピーして成長してきたわけだが、現在では、東洋で先に、自分たちが先進文物を先取りするほどのものがなく、先行メリットを享受できないので、これ以上の革新と発展がないことが明らかになっている。




13: 海外の反応
日本の大部分のブランドがアメリカのコピーから出たものです。




14: 海外の反応
元々、開発途上国の時分には、先進国の技術を模倣して大きくなるんだ。
先進国になれば、そのときから、新しいものを創造してこそ生き残ることができるし。




15: 海外の反応
韓国の未来は日本であり、過去は中国である。




16: 海外の反応
日本が米国をコピーして、韓国が日本をコピーして、中国が韓国をコピーして、中国をどんな国がコピーするのか。




17: 海外の反応
日本に行ってみるのが良い。
伝統や情緒が溢れすぎて到底コピーできないものが多いと気付くだろう。




18: 海外の反応
戦争直後、外国から良いものを全て吸収して世界最強になった日本 vs 我が民族固有のものを主張してはめまぐるしく変化させてしまった結果、中国に韓服からキムチまでも奪われている韓国。



19: 海外の反応
韓国のエンタメのほとんどが日本の放送番組の盗作だよ。




20: 海外の反応
日帝時代に空手を修練した師範たちにより空手を模して作ったのがテコンドーなのだが、そのテコンドーを、あたかも自国を象徴する武術だと自慢する朝鮮人に比べれば可愛いもんだよ。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます