小野田 寛郎は、日本の陸軍軍人、実業家。

最終階級は予備陸軍少尉。

旧制海南中学校・久留米第一陸軍予備士官学校・陸軍中野学校二俣分校卒。

情報将校として太平洋戦争に従軍し遊撃戦を展開、第二次世界大戦終結から29年を経て、

フィリピン・ルバング島から日本へ帰還した。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
30人の罪なき者がその愚者によって殺されたという残酷な逆説を美化する気はない。




2: 海外の反応
善悪の判断がつかないほど、本当に狂っていた。




3: 海外の反応
近所の奥に住み、時々降りてきては人を殺す第二次世界大戦の亡霊。




4: 海外の反応
人間は想像以上に自己合理化に長けている。




5: 海外の反応
敵でありながら、その軍人魂は模倣されたものである。




6: 海外の反応
29年間、上官の命令一つで死ぬ決心をし、2人の部下を率いるなんて、軍人として素晴らしい。




7: 海外の反応
2:02 当時の日本軍には空軍はなく、空軍はドイツソビエトポーランドフランスなどヨーロッパ軍にしかない概念だった。
日本とアメリカは空軍の区分がなく、それぞれ陸軍航空隊と海軍航空隊が所有していた時代です。




8: 海外の反応
彼は、他の考えを決して許さない時代に、最も厳格な組織で教育され、訓練された




9: 海外の反応
内部にはもう一つあるようです。
例えば、やってはいけない悪の道具の殺人を犯したため、隠遁生活を送り、時が経つにつれ、世間に知られるようになり、恐怖に怯え、いきなり英雄扱いされたとか。




10: 海外の反応
二人が一緒にいると、とても......悲しく、愚かだ。
戦争はとても怖い。




11: 海外の反応
彼は30年間生きてきて、何十人もの村人を襲い、戦争の練習のために殺人を犯してきた。
しかし、何事もなかったかのように生きる・・・。
実に日本人らしい。



12: 海外の反応
これだから思想教育は怖いし、大切なんです。
その精神力を完全に他で使っていたら、すごい人になっていたかもしれませんね。




13: 海外の反応
1、2年前でもおかしいと思わなかった。




14: 海外の反応
実際、その人のように降伏したことを知らずに戦った日本兵はかなりいたようです。
降伏宣言が前線の兵士にうまく伝わらなかったケースもあったようです。




15: 海外の反応
日本軍なんだから、やってやろうじゃないか。
全人生を捧げ、上官の命令を守る兵士としての信念。
たとえ父や家族が来て降伏を勧めても。
30年前に島だけを命令し、上官に報告した。
降伏命令を出せば、人の血は流れる。




16: 海外の反応
間違った信念と間違った選択で人生を台無しにした人....




17: 海外の反応
狂気というか、強すぎるというか。




18: 海外の反応
当時の洗脳がいかに深刻であったかを物語る一例です ...



19: 海外の反応
最後まで洗脳されていることに気づかない




20: 海外の反応
人としては最悪ですが、軍人としては真の軍隊です。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます