日本には「レンタル何もしない人」と呼ばれる人がいる。

「何もしない」仕事だ。依頼者が望めば、一緒に食事をしたり、お茶を飲んだり、会話の相手になったりする。

基本料金は1万円で、店の計算だけでなく、交通費も支給されるのが条件だ。

誰が必要なんだろうと思いますが、どうなんでしょう?

予約しないと会えないと言われています。

アクセスの多い記事

1: 海外の反応
何もしてないのに、全く知らない人と出会って、あんなに仲良くなるのはなかなかないことです。
人間関係に疲れ、断絶している今の時代には有効なサービスだと思います。




2: 海外の反応
発想の転換がとても新鮮でいい。
服や靴を買いに行って、店員さんの過剰な優しさが負担になり、何もしなければよかったのに...と思うことがあります。




3: 海外の反応
あなたは社会をよく読むプランナーです。
これだけ需要があるのは驚きです。




4: 海外の反応
人間関係からくる心理的苦痛は嫌だが、孤独を解消したい現代人の心理を反映した新ビジネスだ。何か苦い...




5: 海外の反応
何もしない人に会うこと自体が大サービスなのです。
ある場所に行って、見知らぬ人に会わなければならないことに 我慢しなければならない...。
それがビジネスとして成り立つからこそ、そこまでの出会いは難しい。




6: 海外の反応
一瞬、ただの仕事かと思ったけど、お金払って何度も電話してくれるお客さんがいるのは本当にすごい...。




7: 海外の反応
むしろ、初めて会ったばかりの人に伝えると便利な場合がある。




8: 海外の反応
私も似たような境遇です・・・。
韓国にもこういう仕事があればいいのに、安全が保障されることを条件に〜。




9: 海外の反応
何でも仕事になることを表しているようです。




10: 海外の反応
この人が書いた本を読んでいるのですが、妙にアルゴリズムに引っかかるんです。
本のタイトルは「何もしない人たち」 この人が出会った人たちの話です。




11: 海外の反応
何もしないのではなく、お客さんに不快な思いをさせないようにする。
まず話さなくてもできるようにするためには、非言語部分の動作が、相手を心地よく、邪魔にならないようにしなければならない。



12: 海外の反応
いろいろな人がいるので、他人に我慢を強いるのはすごいことです。




13: 海外の反応
ビジネスとして正しい人とそうでない人がいると思う。
本当の会社であれば、仕事をたくさんしていないとわからない人がいます。
また、私自身もずいぶん苦しみました。
会社を辞めたら、どこで自分を受け入れてくれるのか、後ろめたさがあるようです。
でも実際は、あくまで会社なので、お金を稼ぐ方法はいろいろありますが、皆さん無理はしないでほしいですね。
うまくいっている人、うまくいっていない人。
今、会社が大変なら、若い人なら、そこを出てください。
若いうちは、思い切ってあれこれ経験することをお勧めします。
後で捕まってそこでぶらぶらしていたら、自分が何者なのか知るチャンスを逃してしまう。
人生は長いといえば長いし、短いといえば短い。
その時間を費やして、自分がどんな人間かもわからず、一つの会社で働くことにすべてを捧げてしまうのは、どうかと思いますよ。




14: 海外の反応
数年前の話ですが、まだこんな仕事があるなんて驚きです。
韓国でこのようなサービスがあれば、やってみたいものです。




15: 海外の反応
日本に行ったら一度応募してみたいです。
一人旅したい日もあれば、一緒に話したい日もある。
現地の人と話しているような感覚になります




16: 海外の反応
誰か私の国も作ってください(笑)
年を取れば取るほど飲みたくなるけど、近所に友達が一人もいないんです~。




17: 海外の反応
そう言ってくれるのを見て、友達と楽しく過ごそうって気持ちになったよ...。
人生で一人でも真の友人を作ることができれば、成功した人生だと思う。
真の友人とは、何か良いことがあった時に祝福してくれる人という説もありますが、私の経験では、逆のことがあっても側にいてくれることが真の友人だと思います。
お互いの努力が必要なものだと思います。




18: 海外の反応
私のそばにいて、私の話を聞いているだけで、あなたはすでに多くのことをやっていると思います。
いいことだと思う



19: 海外の反応
何もしていないようなものです。
特に難解な人の話を何の反論もなく黙って聞くのは、意外ととても刺激的です...。




20: 海外の反応
かなり新しいと思いますが、明確なニーズがあるんですね。
最初はこういうのが欲しかったけど、見ていると仕方ない存在かもと思った。




この記事をシェアする

おすすめ記事

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます