ギランバレー…フィッシャー症候群

突然ですが…

国内では、あまり症例のない病気に罹患しました…

病気一つしたことのなかった…
そんな妻が難病に。。。


『フィッシャー症候群』
(難病情報センター:http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/101_i.htm)


先週の土曜日にその症状は突然現れました。

朝起きて…
家族4人で朝食を終えたあと…

私は近くに外出する予定があり、その支度をしていたときのこと。

妻から目の異常を訴えられました。

「焦点が合わない…」

私は、コンタクトの装着ミスかなんかだと思い込み…
大した心配もせず、外出…。


そして、ちょうどお昼どき…
妻からの電話でした。

その声は…恐怖と不安に震えた…涙交じりの声でした。


「片目が寄り目になって…目が見えない…」

私は慌てました。

近くでしたから、何とか昼までに帰宅…

妻も眼科に連絡していて…何とか診察を受けられることに。


帰宅して妻を車に乗せて…眼科に走りました。

その間…私も妻の顔を凝視できなかったことを覚えています。


顔が変わっていく…
かわいそうで…かわいそうで…

異常は目だけじゃなく…
目と同じ左の手足にしびれ…そして、倦怠感。。。


眼科に着き、少し落ち着きを取り戻した妻でしたが…

診察室で私も同席。
その様子をずっと見ていました…

評判のいいお医者さんですが…やはり、原因が分からない。


紹介状を書いてもらいました。


その目の異常がどこからきているのか…

おそらく医師も…
私も直感で、すぐに脳の異常を考えていましたが…


そして、紹介された大学病院にて昨日受診。

私はどうしても同行できず、妻のご両親にお願いしました。


運良く…
その数少ない症例の病気をよく知っていた病院の教授は…

妻の症状を見て、すぐに…フィッシャー症候群だと。。。


検査はこれからですが…ほぼ、間違いないようです。


フィッシャー症候群は、眼科ではなく、神経内科のようです。


今度は、私が付き添いますが…

しっかりとサポートしていきたいと思います。


家族の絆。。。
子供たちも一生懸命に(^^)

また、報告します。

成長したい…成長できるかも♪

100年に一度と言われた経済不況も…

落ち着き始めた昨今、ヨーロッパ諸国、ユーロ不安に
より、日本にも暗い影を落とし始めています。

政局もコロコロと変わる昨今…


安定という言葉は、どこに行ったのでしょう…


この言葉を…私も含め、たくさんの企業人が求めている
ことには間違いありませんが…


新社会人の方々も、ますます安定志向が強くなって
いるようです。


安定を求めていることに加え…

もう一つ求めていることが…


それが、自分の成長。。。


会社を選ぶときに、学生が注目するところに・・・

教育体制、研修システムなど・・・


自分がこの会社に入ったら、”成長できるかも”と
思えるかどうかが鍵のようです。


つまり・・・

自分の成長欲求があり、しかも…
教育や研修を”やってくれる”という…

自分からやらなくても、やってくれる会社がいいと…


介護の現場では…

これからキャリアパスが導入されていきます。

どんな小さな事業所も…

小さいからという理由、言い訳は効きません。


小さくても、経営者は事業を永続的に発展させて
いかなければ、顧客に良いサービスが提供できず、

喜んでもらえません。


だから、人材を確保、採用していかなければなりません。


自分の会社に新しい力を求めるなら…

今の時流から言えば…


”うちの会社に入社したら、きっとあなたは成長できるし…
3年後には、こんなポストでこんな仕事もできるようになるし…
7年後には、立派なマネジャーとして責任ある仕事ができる
ようになります”

と…
明確に打ち出すことが…採用戦略には必要なのだと。。。


福祉業界も、益々経営力が問われる時代なんだと
思います…あらためて。

経営トップに刑事責任が…


昨日のトップニュース、今朝の新聞のトップ一面
を飾ったのは、その内容の与えるインパクトがいかに強いかと。

湯沸かし器メーカーの元トップに、有罪判決が
下りました。
先日は、ある脱線事故で某鉄道会社の歴代トップ3人が強制的に起
訴された。

これは、何を示唆するものでしょう?

つまりは、経営トップの責任がますます
重くなってきている傾向。

企業情報がすべて集まってくる経営者には、
より高いレベルの注意が必要になってきた。
ケースによれば、刑事責任まで問われることに。

湯沸かし器事故で、人が亡くなっている。
問われた罪は、業務上過失致死傷罪。

他人の生命や身体に危険を及ぼす恐れのある職業。
資格や免許など社会的地位に基づいて繰り返し続ける
行為を行う職業

そういう立場にある方は、事故を起こさないように一般の
人より注意しなければならないし、気づかなければならないと。

注意不足で怪我をさせたり死なせたりすると、業務上過失致死傷罪
になるんだと…


介護事業はいかがでしょうか…他人事でしょうか?


逆に…もっと身近に感じられることだと思います。

少なくとも、この湯沸かし器事故のニュースを見て、
敏感に反応する介護職の方がどれだけいるか…
経営者がどれだけいらっしゃるか…


リスクマネジメントのコンサルであるとしみぃさん(http://legato-lp.net)は、今、専門誌の連載に向けて執筆活動に忙しいそうです。


としみぃさんのホームページのアクセスも増え…

今では全国からリスクマネジメント研修のオファーがあると。


時流かもしれませんが…


介護という仕事がますます世間で注目され、介護職の
社会的地位も向上することと思いますが…

それに伴い、仕事そのものの質もますます問われ、
世間の視線も厳しいものとなり、組織を統括するトップ
の責任も重大なものとなってきます。


今回の湯沸かし器事故が、施設や事業所における
リスクマネジメント強化、浸透のきっかけになればと
思いますね。

なくなった右手に幻肢痛…それでも心配させまいと明るく振舞う。

♪♪♪ よろしくお願い致します(^^)v ♪♪♪

いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
よろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング

よろしければ、こちらも応援お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


介護福祉の施設サービス、訪問介護などの在宅サービス・・・
250人の経営者・管理者・スタッフが集う!熱い想いを語り合う!!
介護福祉SNS『ふくしぃ』




今朝の新聞記事に引き込まれました。


まずは、写真が目に入りました。

クリーニング済みの布団を袋に入れている
女性の写真。

一見、ごく普通…いや、その表情はとても
とても穏やかで…


次に、タイトルが目に入ってきました。

「なくなった右手 消えぬ痛み」


すぐに、写真に目を移しました。

右手は…義手と…分かりました。



クリーニング店を夫婦で営み…

ちょうど新しい機械を導入し、事業拡大をはかった
時期に起こりました。


その機械に右手を巻き込まれ…肘下22cmで
切断。


事故当時の夫婦のやり取りに胸打たれました。


右手を巻き込まれ、急いで引き抜いたが
戻った手には手首から先がなく…

駆けつけたご主人が救急車に通報。

救急隊により止血帯で腕を縛る。


そのときの夫婦のやりとりです。


「いいから、仕事を続けて」と…奥さん。
一緒に救急車に乗り込もうとしたご主人をとめました。

「気にするな!」とご主人。

「大事な機械をだめにしてしまった」と奥さんが何度も
詫びた…と。


二人の男の子。
中学1年生と小学1年生。


見舞いに来た二人の子供に、笑顔で…
「いい子にしていてね」と笑って語りかけたそうです。


この記事を読んで…

私は心動かされました。
何度も読み返し…自分を見つめなおし…

自分の今日という日の役割をあらためて確認しました。
大事な情報です。






♪♪♪ 最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)v ♪♪♪

本日記は、以前に介護福祉SNS『ふくしぃ』にて記載したものです。
新しい情報を毎日…できるだけ毎日お届けしています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
最新の日記はこちらから

いろいろ悩むことも、不安になることもあるけれど…自分の信じる道を歩いていきたい♪

♪♪♪ よろしくお願い致します(^^)v ♪♪♪

いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
よろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング

よろしければ、こちらも応援お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


介護福祉の施設サービス、訪問介護などの在宅サービス・・・
250人の経営者・管理者・スタッフが集う!熱い想いを語り合う!!
介護福祉SNS『ふくしぃ』




この道が果たしてよいのか悪いのか、

思案にあまる時もあろう。

なぐさめを求めたくなる時もあろう。

しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

自分だけしか歩めない大事な道ではないか。

自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。

(松下幸之助)



今…この言葉が、私の心に響いています。

これからも、自分の信じる道を歩いていきたいと思っています。






♪♪♪ 最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)v ♪♪♪

本日記は、以前に介護福祉SNS『ふくしぃ』にて記載したものです。
新しい情報を毎日…できるだけ毎日お届けしています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
最新の日記はこちらから

ワークモチベーションの3大欲求…働く段階によりモチベーションは変化する!

♪♪♪ よろしくお願い致します(^^)v ♪♪♪

いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
よろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング

よろしければ、こちらも応援お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


介護福祉の施設サービス、訪問介護などの在宅サービス・・・
250人の経営者・管理者・スタッフが集う!熱い想いを語り合う!!
介護福祉SNS『ふくしぃ』




さて…昨今、介護スタッフの離職・採用難の
問題がクローズアップされていますが…

今日は、「働くモチベーション」の変化について
書かせて頂きます。


ワークモチベーションの3大欲求。


働く段階により、欲求が変わっていくというものです。


生存欲求 ⇒ 関係欲求 ⇒ 成長欲求


人が仕事をはじめるときには…まず、生存欲求が
大きい。
生存欲求とは…つまりは、労働条件や待遇のことを
指します。

仕事になじんでいく段階で…だんだんと関係欲求が
大きくなっていきます。
つまりは、職場の人間関係、コミュニケーション。

そして、仕事にも慣れ、職場にも慣れてくると…
成長欲求が大きくなり…職級や評価制度、スキルアップ
教育や研修制度の影響が大きくなっていきます。


つまりは…この3大欲求に対する企業側の戦略としては…

採用
:労働条件や待遇に対し、いかにちゃんと伝えられるか。
賃金が他社より良いのもメリットに違いありませんが…最近では、
「託児所あります!」のようなキャッチがうけた例もありますね。

1〜数年未満の離職対策
:ここは、人間関係が一番大きな影響を与えています。
入職して間もない方、キャリアの浅い方に対するフォローは
しっかりとベテラン、先輩たちがやっていかなければなりません。
結構、自分のことしか考えていない人が多く…新人や若手は
自ら塞ぎ込んでいってしまい…辞めていくケースが多いです。
心のよりどころを持たせてあげてください。

3〜5年の離職対策
:これぐらいのキャリアになると…将来のことを考えはじめます。
仕事にも余裕ができてきて、環境にも十分慣れて…
でも、このままここで働いたらどうなるんだろう?
このままでいいのか?って思ったときに、キャリアパスを示す
ことができるかどうか…

もちろん、トップのビジョンがちゃんと示されているかどうか…

先が見えない世の中ですが…
見えなくても、示すことはできます。

経営者は、自ら示すビジョンに責任を持たなければなりません。
社員やスタッフの気持ちをしっかりと掴むことが必要です。



全く同じことだと思います。





♪♪♪ 最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)v ♪♪♪

本日記は、以前に介護福祉SNS『ふくしぃ』にて記載したものです。
新しい情報を毎日…できるだけ毎日お届けしています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
最新の日記はこちらから

小規模多機能型居宅介護事業の成功のポイントは、他事業とのコラボレーションにあり♪

♪♪♪ よろしくお願い致します(^^)v ♪♪♪

いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
よろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング

よろしければ、こちらも応援お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


介護福祉の施設サービス、訪問介護などの在宅サービス・・・
250人の経営者・管理者・スタッフが集う!熱い想いを語り合う!!
介護福祉SNS『ふくしぃ』




地域密着型サービスとして導入された「小規模多機能型居宅介護(以下、小規模多機能)」ですが…

確かに、拠点数は顕著に伸びているようです。

でも…
お察しのとおり、単体事業として採算ベースに乗せるには、難しい
と言われています。


でも、同法人における他の事業…
通所介護、グループホーム、高齢者住宅、診療所など
と連携することで、この小規模多機能事業は活かせると
いう事例も多々あります。


つまりは…「複合経営」。


宿泊サービの特長を持つ小規模多機能は、ショートステイの
供給が不足していることもあり、ニーズは多々あるでしょう。

それに、家族のレスパイトの要望も高いでしょうし。


小規模多機能の利用者獲得において、最も効果的な
事業が通所介護。


既存事業として通所介護、訪問介護の拠点を持ち
それぞれが軌道に乗っている事業者は、小規模多機能を
開設して、外部ケアマネへのアピール度も増やし、利用者
の紹介を増やしていく戦略。


連携させる事業によっては、職員の兼務による運営の効率化
や、ケアスキルの向上も見込めるでしょうし。


小規模多機能=採算は難しい。単体なら…でも複合なら…

だから、小規模多機能=×という枠をはずすことから始めない
とダメですね。






♪♪♪ 最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)v ♪♪♪

本日記は、以前に介護福祉SNS『ふくしぃ』にて記載したものです。
新しい情報を毎日…できるだけ毎日お届けしています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
最新の日記はこちらから

ヘルパーはもっとプロ意識を持ちたい!ヘルパーのケアスキルや社会性、接遇マナーの向上をしっかりとサポートすることこそ事業所の生き残る最大の秘訣!

♪♪♪ よろしくお願い致します(^^)v ♪♪♪

いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
よろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング

よろしければ、こちらも応援お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


介護福祉の施設サービス、訪問介護などの在宅サービス・・・
250人の経営者・管理者・スタッフが集う!熱い想いを語り合う!!
介護福祉SNS『ふくしぃ』




ヘルパーが集まらない…
採用広告、募集広告しても閑古鳥が鳴く…


どこの事業所でも悩みは同じかと。


でも…

離れていくスタッフ、ヘルパーがいるということは…
他の業界や事業に転身しないかぎり、どこかの事業所
に移っているという事実がある。


穴の開いたバケツに水を入れても・・・ダメ。


まずは、穴を埋めることから始める。
つまりは、離職しないような・・・仕組み。


そして…水を入れる。


入ってきて欲しい!
これじゃ…入ってこない、応募してこない。


入ったら・・・こんなキャリアパスがあるよ。
こんなことを将来考えているから、そのメンバー
になって欲しい。
研修をしっかりと受けて、将来の高齢社会を
支える人になって欲しい。
子育てしながらでも、働ける環境があります!



ま…
採用したい、募集したいターゲットによって、入社
することのメリットをどう訴求するかは違います。


若い人材なら…キャリアパス、スキルアップ、給与システムなど。
主婦・パートなら…子育て支援、コミュニティサロンなど



そして、どんなヘルパーでも…最低でも接遇・マナー研修
ぐらいは受けてもらう。

そして、介護技術のスキルアップ研修、記録の書き方研修など
実務に則した実践向け教育も。



私のお付き合い先の訪問介護会社、社長がこう嘆いて
いました。

ヘルパー上がりのケアマネと…
看護師上がりのケアマネとは…
やっぱりレベル・スキルも違うと。

そして…こう断言していました。


ヘルパーで決まる。
ヘルパーの質で決まる。
ヘルパーが訪問介護事業の全て。


ヘルパーが集まってくる事業所づくりが急務でしょう。
どんな事業所なら、ヘルパーが集まってくるのでしょう…

採用難は、市場も影響しているでしょうが…
自社にも原因があることに気づくことが一番大事だと
思います。


訪問介護事業の商品は…ヘルパーそのもの。
訪問介護事業のサービスは…ヘルパーそのもの。






♪♪♪ 最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)v ♪♪♪

本日記は、以前に介護福祉SNS『ふくしぃ』にて記載したものです。
新しい情報を毎日…できるだけ毎日お届けしています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
最新の日記はこちらから

訪問介護から短期入所生活介護への事業ドメイン拡大♪

♪♪♪ よろしくお願い致します(^^)v ♪♪♪

いつもブログランキングに応援いただきありがとうございます!
よろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング

よろしければ、こちらも応援お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


介護福祉の施設サービス、訪問介護などの在宅サービス・・・
250人の経営者・管理者・スタッフが集う!熱い想いを語り合う!!
介護福祉SNS『ふくしぃ』




訪問介護事業を主力とする事業者が苦戦していますが…


そんな訪問介護事業者が、昨今、短期入所生活介護事業
(ショートステイ)に進出しているようです。


ショートステイのニーズが高いのは、承知の事実。

ある訪問介護会社が、地域の外部居宅さんに対し、アンケート
をとったそうです。

ケアマネ100人程度から、FAXでアンケート返信があったとか。。。


これだけでも凄いと思いますが…


ケアマネさんのニーズを引き出したところ…要望が多かったのが
ショートステイ。。。

ここは、都市部の事業所であることも影響していると思いますが…


とにかく、ショートステイのニーズが高い。



新たに、ショートステイ事業に進出する大手訪問介護事業者は…

サブリース方式により展開をします。


高齢者専用賃貸住宅も、サブリース方式が採用されている
ことが多く…


できるだけ財務上、そしてキャッシュフロー上…

”持たざる経営”をしなければならないのだと。


先日のふくしぃでも、ショートステイ稼動率120%の話を
書きましたが…


収益構造の改善をはかる訪問介護事業所の新たな手
としては、高専賃よりも手堅い事業だと思います。


もちろん、集客・営業は欠かせません。
加えて、サービス品質の高次元化!


来年改定を迎える介護保険も…
事業者にとっては、新たな局面を迎えます。

しっかりと将来に向けての礎を築くこと!


♪♪♪ 最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)v ♪♪♪

本日記は、以前に介護福祉SNS『ふくしぃ』にて記載したものです。
新しい情報を毎日…できるだけ毎日お届けしています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
最新の日記はこちらから

採用難で悩む前に、しっかりと就業安定へと!穴の開いたバケツに水を入れても水はたまらない!ヘルパーさんがホッとできる場所の設置が急務♪

よろしければ1票をお願い致します。(励みになります!)
↓ ↓ ↓
人気ブログ
blogランキング

よろしければ、こちらも応援お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

♪♪♪ ありがとうございました(^^)v ♪♪♪


介護福祉の施設サービス、訪問介護などの在宅サービス・・・
250人の経営者・管理者・スタッフが集う!熱い想いを語り合う!!
介護福祉SNS『ふくしぃ』


ある訪問介護事業所では…登録ヘルパーさんへの
対応をとても細やかに行っています。


まず…ヘルパーさんの通例、恒例となっている”直行直帰”
を廃止、禁止にしました。


で…事務所とは別に、登録ヘルパーさんの詰め所みたいな
お茶のみ場を設置し…

必ず、一度そこに立ち寄ってから、利用者さん宅に行き、
終わったら必ず、またその場に帰ってきてもらう。


その詰め所をサロンと言っていますが…


サロンには、1人…管理人として常駐している
人がいます。

まー世話人とでもいいましょうか…ヘルパーさんの
労をねぎらう役割。。。


決して、介護技術のアドバイザーではない!
ヘルパーさんの情報を聞き出す、その場の雰囲気作り
を大事にする管理人。



訪問介護事業は、ヘルパーの質で決まります。
ヘルパーの質が良ければ…必ずその訪問介護事業所は
勝ち残り、地域で一番の法人となるはず。

ヘルパーさんのヤル気を起こすためには…
研修や教育も大事ですが…自らやっている介護そのもの
がどの程度のレベルで…どう評価されるものなのか…


そんなサロンで、介護を終えて帰ってきたら、しっかりと
記録を書いて頂く。

お茶もコーヒーも飲みながらでもいい。

談笑しながら、リラックスしながらでもいい。

利用者さんの話や、困ったことや悩んでいることの話
でもいい。

最低、管理人がしっかりとコミュニケーションをとり、
ヘルパーさんの心を掴んでいく。


孤独になりがちなヘルパーさんの心の拠り所となる。


そんなサロンからは、必ずヘルパーの質を向上できる
たくさんのヒントが生まれるでしょう。

そうしたら…ヘルパーさんもプライドがあるでしょうから…


自分たちのケアに対し、もっと前向きに…


その流れを汲んで、月に2回の勉強会や定例会議(2時間)
にヘルパーさんにも参加してもらい、終わったら社員の方々と懇親会。


組織の一体感。

人が仕事を離れるとき…
職を離れるときは…孤独になっているときが多いのも理解する
ことが必要ですね。



♪♪♪ 最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)v ♪♪♪

本日記は、以前に介護福祉SNS『ふくしぃ』にて記載したものです。
新しい情報を毎日…できるだけ毎日お届けしています!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
最新の日記はこちらから


情熱がすべて♪
こちらも要チェック♪
たくさんあります♪
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
あなたにも♪
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ