介護事業立ち上げガイド

訪問介護、居宅介護支援、通所介護、福祉用具貸与・販売などの介護事業立ち上げを支援する大阪の行政書士が、介護事業関連や改正情報をテーマとして綴ります。

いよいよNPO法人の改正法施行(平成29年4月から)

NPO法人設立する場合、今の法律(平成29年3月31日まで)では、認証申請の添付書類の縦覧期間が2か月間かかることから、NPO法人の設立までにどうしても時間がかかる原因の一つであり、デメリットでした。

今年の4月からNPO法人の改正法が施行されることによって、縦覧期間が、2か月間から1か月間に短縮されますので、NPO法人の設立までの時間短縮が可能となります。

これから、NPO法人を設立される方にとっては、朗報ともいえます。

もちろん、既にNPO法人を設立され活動されている法人においても、定款の変更の場合も、縦覧期間が短縮されますので、迅速に活動を行うことができます。

追記として、事業報告書等の備置期間5年に延長、また、資産の総額の登記が不要になる代わりに、貸借対照表を公告する方式に変更があります。

 

≪法人設立、介護事業、介護タクシー事業等の開設のご相談窓口≫

介護保険事業立ち上げガイドのHPへ

続きを読む

放課後等デイサービスの人員配置基準の厳格化に向けて

平成29年4月1日から施行される放課後等デイサービスの人員基準は厳格化される方向で進んでいるようです。

1)現行の指導員または保育士について
≪現行(平成29年3月31日まで)≫
「指導員または保育士」
※指導員は、無資格者でも認められています。

≪新基準(平成29年4月1日〜)≫
児童指導員または保育士または障害福祉サービス経験者(2年以上)
うち半数以上は児童指導員か保育士を確保)

2)児童発達支援管理責任者
≪現行(平成29年3月31日まで)≫
【児童発達支援管理責任者の実務経験】
障害者に対する支援 5年(10年以上)

≪新基準(平成29年4月1日〜)≫
【児童発達支援管理責任者の実務経験】
障害者に対する支援 5年(10年以上)

(うち3年以上障害児者施設か児童施設に勤務経験必要)←新基準で追加

既存事業者にとっては、この基準が施行された場合は、かなり厳しい者になります。


特に、(1)の無資格でも認められる指導員を確保している事業者がたくさんありますので、この新基準が施行された場合、基準に満たすよう対策を迫られます。

新基準が施行により、既存事業者にとって大打撃であり、すぐに対応が難しいので、おそらく施行日から1年間(平成30年3月31日まで)の猶予期間が設けられるのではないかと推測しています。

猶予期間1年間はまだ正式に公表されていないため、あくまでも私の推測ですので、今後正式に発表される新基準でご確認ください。


※推測の根拠は、児童発達支援管理責任者の研修受講猶予措置、事業開始後1年間からです。

なお、4月1日に開業を予定されている方は、従前の基準ではなく、新基準で人員を確保を進めていくことが必要になります。

 

≪法人設立、介護事業、介護タクシー事業等の開設のご相談窓口≫

介護保険事業立ち上げガイドのHPへ

続きを読む

放課後等デイでどんな内容のサービスを提供するか

当事務所では、障害児通所支援の中で、児童発達支援と放課後デイの開設依頼が圧倒的に多いです。

そこで、最近、役所によって、申請において「どんな内容のサービスを提供するのか」について厳しく聞かれるところがあります。

放課後等デイを開設にあたって、障害児にどのようなサービスを提供するかをまず考えておかなければなりません。

事前申請(事前相談)において、役所によってはサービス提供の内容についてどのような計画を立てているか、根ほり葉ほり聞くところがあり、「全く無計画」、あるいは、「放課後デイの趣旨に添わない提供内容」の場合は、なかなか通してくれないところがあります。

次の指定申請(本申請)に進めず、事前申請(事前相談)を何度か繰り返すこともあります。


以前は、サービス提供内容については、漠然としており、ルーズでしたが、平成27年4月1日に、国から「放課後等デイサービスガイドラン」が出ており、そのガイドラインで述べた放課後等デイサービスの基本的な趣旨からあまりにかけ離れている場合は、ダメというわけです。

この業界の経験者や知人がいる方は、提供する内容をスムーズに考えつきますが、この業界に全く未経験の場合は、なかなか考えつきにくところがあります。

「ガイドライン」では、複数のサービスを組みあわせて、かつ個別だけでなく、集団でのサービスを求めています。

インターネット等で他社のHPがありますので、参考にするのもよいかと思います。また、下記のとおり例を挙げておりますので、参考までに。

 

サービス提供の参考例:
〇基本的日常生活の支援
基本的なマナーやトイレトレーニング、書字や箸の練習、衣服や靴の着脱、手洗いなどの指導など

〇運動
投げ輪、縄跳び、風船、お手玉などの玩具などを利用して、体を動かし運動したり遊んだりゲームなど

〇学習支援 
学校やご家庭の宿題・課題指導について、楽しく学びながら学習の習慣を身につけることを目的

〇創作活動
粘土制作や絵本の読み聞かせなどの遊びを通し、子どもの豊かな感性と創造力をより引き延ばし発達につながる支援

 

 

≪法人設立、介護事業、介護タクシー事業等の開設のご相談窓口≫

介護保険事業立ち上げガイドのHPへ

続きを読む
  著書
記事検索
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ