当事務所の小冊子も昨日で全6冊となりシリーズ化してきました。

「遺産相続の手引き」、「介護サービス、成年後見と遺言の仕組みとその利用」、「介護タクシー事業」・「放課後等デイサービス」の起業・独立開業などの小冊子です。

「介護サービス、成年後見と遺言の仕組みとその利用」の小冊子の趣旨を簡潔に説明すると、

介護を受けたい利用者が、介護サービスや介護タクシーの知識を得たいときやまた老い支度(遺言、財産管理契約、エンディングノートなど)を考えている方に入門書としてためになると思います。

また、介護サービスを提供している経営者やその従業員のとって、介護サービスの契約において、利用者が認知症などで契約ができないときがあります。その際は、成年後見制度を知っておかなければなりません。

加えて、高齢者虐待についても経営者やその従業員は知らなかったでは済まされず、当然、知識として知っておく必要があります。

介護小冊子の詳細は、こちらです。

介護小冊子シリーズの詳細へ
 
 

≪法人設立、介護事業、介護タクシー事業等の開設のご相談窓口≫

介護保険事業立ち上げガイドのHPへ