タクシー・ハイヤーや代行運転などお客様を乗せて車を運転するには普通二種免許が必要となります。

介護タクシーを新規開業するにも、運転手になる方が普通二種免許を取得していないと許可が下りないことになっています。

教習所に通って、普通二種免許を取得する方が多いのですが、中には、教習所に通うことなく飛び込みで受験する方もいます。

当事務所で手続をご依頼されたお客様に、教習所に通った方と飛び込みで受験した方に聞いてみたことがありますが、飛び込みで試験に1発で合格するのはまれだそうです。

何十回と受験する方もざらにいるそうです。


教習所に通うか、飛び込みで受験するかどちらがいいか、個人差がありますので、一概に言えませんが、受験代もばかにならないこと、確実に二種免許を取得し、開業を早くしたいとお考えであれば、教習所に通った方が時間的にも効率がよいか思います。



≪法人設立、介護事業、介護タクシー事業等の開設のご相談窓口≫

介護保険事業立ち上げガイドのHPへ