NPO法人設立する場合、今の法律(平成29年3月31日まで)では、認証申請の添付書類の縦覧期間が2か月間かかることから、NPO法人の設立までにどうしても時間がかかる原因の一つであり、デメリットでした。

今年の4月からNPO法人の改正法が施行されることによって、縦覧期間が、2か月間から1か月間に短縮されますので、NPO法人の設立までの時間短縮が可能となります。

これから、NPO法人を設立される方にとっては、朗報ともいえます。

もちろん、既にNPO法人を設立され活動されている法人においても、定款の変更の場合も、縦覧期間が短縮されますので、迅速に活動を行うことができます。

追記として、事業報告書等の備置期間5年に延長、また、資産の総額の登記が不要になる代わりに、貸借対照表を公告する方式に変更があります。

 

≪法人設立、介護事業、介護タクシー事業等の開設のご相談窓口≫

介護保険事業立ち上げガイドのHPへ

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。