2018年09月14日

放課後等デイサービス報酬区分に係る届出

平成30年度の報酬改定に伴い、4月から実施されているところです。

指標該当か否かにより、また授業終了後に行う場合で以下の報酬区分が設けられています。

区分1:

指標該当の場合は、サービス提供時間により以下のいずれかの報酬
(1)区分1−1 (サービス提供時間が3時間以上)    656 単位
(2) 区分1の2(サービス提供時間が3時間未満)     645 単位

区分2:

指標該当外は、サービス提供時間により以下のいずれかの報酬
(3) 区分2の1(サービス提供時間が3時間以上)     609 単位
(4) 区分2の2(サービス提供時間が3時間未満)     596 単位

7月分から平成30年4月から6月の実績により行政で判定されていたところですが、また厚生労働省の通達があり、平成30年10月以降のサービス提供分に係る報酬区分についても、改めて見直しが行われています。

届出先の都道府県あるいは市町村により、10月10日、10月15日締め切りが異なりますが、
例えば、区分2ー1の事業者が、7月から9月までの実績により、区分1−1の指標該当に該当する場合は届出が必要となり、区分2−2のままの場合は、届出が不要としているようです。

指標該当か否かの判定は、

7月から9月までの3か月間で、利用者全体の延べ利用日数における指標該当児童(下記,らΑ砲寮蠅瓩覲箙腓50%以上の場合には、10月から平成31年3月末までは,基本区分1に該当する事業所と判定します。

/搬両祿下埃蠶◆。欝     
⇔徹藜蠶◆。     
精神障害者保健福祉手帳 1級     
そ転豹歓半祿音認定     
ス堝葦膰遒陵用児童     
受給者証に「指標該当」となっている児童     
※ご利用者の判定にあたっては,経過措置期間の客観指標(手帳の所持など)に加え、受給者証(更新を含む)または指標該当通知を交付され、指標該当の判定を受けている場合も含まれます。

今回の届出が終わっても、平成31年度の報酬区分の決定については、平成30年10月1日から平成31年3月末までの6か月のご利用児童の延べ利用日数を計算することで登録の見直しを行うことになっています。

いろいろと面倒ですね。

 

≪法人設立、介護事業、介護タクシー事業等の開設のご相談窓口≫

介護保険事業立ち上げガイドのHPへ


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


Posted by kaigoguide at 16:10│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字