2010年07月08日

薪割り

DSCN7995











寺林さん(旭川北都商業高卒)
宿泊研修中の食事はご飯を炊くのもお湯を沸かすのも、ぜ〜んぶ薪を使います。マサカリやナタを使って薪を割るなんて昔話の中の出来事のようですが、みんなすぐに上手くなっていきます。力の入れ方、道具の使い方、「生きる力」って何かを体験を通して知ることができるんです。


maki














割った薪は針金で束ねて、キャンプ場まで運びます。
左から
大畠さん(別海高卒)   猪股さん(旭川龍谷高卒)

kaigohukusika at 01:12│ni