介護人間の爆走ブログ

祖父の介護をきっかけに介護福祉士になった自分。今の介護業界についての記事が多め。

このブログの人気順位は?

ブログランキングに参加しています!クリックで順位を確認してみてください!

 にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ

職場の介護方針について!自分が理想と思う介護をしているか?

施設の方針や理念などは、大抵パンフレットやインターネットのホームページに記載されています。


その方針や理念は、どの施設も同様、良いことばかり書いているのが通常です。


当然の事と言えば、当然ですが、それは職員が充分足りている上での話であったとしたら、実際人手が足りない場合は、その方針や理念通りにならない場合も出てくることでしょう。


その時には施設の方針は、実行されることは難しくなるでしょう。


表面的な方針と実際の施設の方針が異なっているのは、働いてみないとわかりません。


それは、多かれ少なかれ、施設にある事でしょう。


理想である方針と職員自身が思い描く方針が異なれば、その施設で働くことは難しいかと思います。


仕事と割り切って業務に就くか、若しくは、他の施設に転職するのかは、個人によって違うとは思いますが、それなりのストレスが生じる事は想像に容易いですね。


施設の方針は、一人で何が出来るものでもありません。


しかし、何処の施設にあっても、少なからず同様です。


いくつかの施設に勤めれば、それは解ってきます。


そこで、介護職を続けるか否かの選択に迫られる場合もあるでしょう。


どうしても、施設の方針に関わらず、ご自分の仕事に没頭出来る人ならば、勤務継続も可能でしょう。


関連リンク:介護の仕事をしていますが、施設の方針に納得できずに何度も衝突しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここで辞めたら

万年人手不足・人員不足は、どの施設にとっても大きな問題です。


現在、就職の募集を見ても分かるように、介護職の募集が途切れることはありません。


人が足りていないのは、どの施設も同じですので、忙しさは各施設も変わらないでしょう。


人が足りていない分、シフト体制も変わってきます。


ギリギリの人員ですから、入居者の要望も満足に対応できない状態になります。


他の業務に追われながらの仕事になります。現在でも、いっぱいいっぱいの状態です。


未経験者の職員には、数日間を共にし仕事を教えるのでしょうが、経験者に対しては多くて二日程度です。


しかも、業務内容も明確ではなく、入居者の情報も個人記録もユニット内には置いておらず、確認することも時間的に難しい状態です。


いくら上質な設備があっても、介護スタッフの教育がきちんと行き届いていない状態では、十分な介護は不可能であり、半分手探りでやっている為、時間も掛かり介護事故も起こしやすくリスクも大きくなるのは目に見えて分かります。


このような体制のもとで、未経験の方なら頑張って出来るかもしれません。


折角取得した資格を不意にはしたくないから、頑張れるかもしれません。


しかし、経験者は入居者の状態を把握せずに、介護を行うリスクを十分判断できます。


それ故に現状で人手が足りない事が、痛手となるのです。


もしまだ介護士として働けるのであれば転職も考えてみるのもひとつの手かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

職場関係のトラブルが介護士を辞職させる

どんな仕事でも、一人では出来ない仕事の方が多いはずですが、介護職は人を相手にする仕事であり、職員が一つのチームとなり、円滑に仕事をしていかなければなりません。


まず、職場における良い人間関係が築けて、尚、信頼性がなければ厳しい職種に入ることでしょう。


その点においては、他の一般職とは違ってくるかもしれません。


ギクシャクした職員が同じシフトで組んだら、円滑に回るものも回らなくなります。


また、イライラしたり、余計な気遣いをする事で、入居者への配慮が欠け、介護事故を引き起こす可能性もあります。


その人間関係を上手に築き上げられるか否かで、職場での居心地が良いものになるのかが決まると云っても良いでしょう。


この人間関係が施設を辞めたり、福祉業界を去っていく人達の原因である理由です。


また、その次に挙げられるのは、介護職員自らの身体の故障、若しくは心的ストレスによるものです。


介護の仕事は、常に人を支えたり、持ち上げたりの動作を繰り返します。


この他にもハードな仕事もあり、それは職員の身体に負担を掛けるものが多く、腰痛をはじめ・手首・肩などを傷めることが多々あります。


特に致命的なのは腰痛です。


また、身体に故障が出てくると心的ストレスなどにも、影響を及ぼします。


夜勤では、昼間のように職員が沢山いるわけではありません。


不安を抱えたまま業務を行うのは、精神的にも負荷が大きいでしょう。


これらが、介護士を辞める原因になる事があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

思考を停止して自分の業務だけを遂行…それが介護士に求められること


手についた汚れを「汚い!!」という人、仕事と割り切って業務を遂行する人の方が、介護士に向いているのかもと思い始めて数年。


入居者の要望に速やかに応え、入居者を自分の家族と思いながら親切丁寧に、対応する介護職員はいずれかは大きな壁にぶち当たる事でしょう。


些細な事に気がついてしまう人・入居者の立場に立って考え言動出来る人と、一方、自分の業務が優先であり、入居者の呼びかけを後回しにする人・大雑把な人など、この2つのタイプに分ける事が出来ます。


勿論、前者の方が介護士としては向いていると言えます。


しかし、このようなタイプの人は神経が細かいので、ストレスが溜まりやすく、他の入居者への職員の言動が嫌でも視野に入ってしまいます。


介護士に向いている人ほど、介護士には向いていないと思っています。


それは、今の余裕のない介護業界全体に言えることです。


一番向いている・入居者さんの要望に応えたいと頑張る介護士ほど、ストレスを抱えてしまうからです。


特別な感情移入もなく、ただ黙々と事務的に業務を行う人の方が、実際長期にわたり仕事が続いています。


このような人は、何のストレスも感じずに、パート感覚でただ勤務時間の業務を行えば良いと軽い気持ちの人が多いのが特徴です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりの更新になった。というのも、職場でいろいろあって、経営がやばいらしい。

かれこれ10年近く勤めた今の職場。会社って、潰れる時はあっけないんだなってね。

で、そんな感じで、最近、転職を真剣に考えていて、ネットで求人サイトを探してる。

「介護福祉士 求人サイト 登録 おすすめ」
「介護士 転職サイト 口コミ 人気」

こんな検索すると、出るわ出るわのランキングサイト。

いや、聞いたことある求人サイトも紹介してるんだけで、明らかにダメでしょ?って求人サイトが1位だったり。

調べてみると広告収入目的の「アフィリエイトサイト」らしい。

なるほどね。こうやって高いお金がもらえる求人サイトを優遇して1位にしたりしてるのか。

登録する人の気持ちも知らずに。責任もてんの?

こっちは人生かけて転職するのにね。

まったく嫌なビジネスですね。アフィリエイトって。

とりあえず、絶対に安心な、かいご畑には登録した。あとはリクナビとかマイナビかな。

他は知らん。聞いたことない求人サイトなんか怖くて無理。
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の職場ではなく、叔父の父親が入院している病院の話し。

以前は胃瘻だったが、今は点滴のみ。寝たきりで意識はほとんどない。そして、尿路カテーテルをしている。


排泄は正常だし、あとは点滴だから尿量を計ってるんだろうと思った。でも、パックの交換にきた看護助手はバケツにジャーっと流す。

あれ?計らないの?

そこで介護士の勘が。これ、カテーテルにしてるんだわオムツ交換が面倒だから拠はないが確信はあった。人手は足りないし、寝たきりで意識無しは、どのタイミングでオシッコするか分からないからね。

それで、オムツ交換が遅れて褥瘡が出来たら、それはそれで大事。だから尿路カテーテルをしている。

でも、これって尿路カテーテルの本来の目的と違うよね。忙しくてオムツ交換できないからカテーテルっておかしいだろ。

で、ちょっと疑問が。点滴だけだからオシッコは出てると思うけど、ウンコはどうなんだろう?

固形物になるものは一切摂取してないから、ウンコは出ない?だったら、尿路カテーテルでオムツ交換不要?
そう思って調べたら、飢餓便と呼ばれるウンコは一応出るらしい。

でも、もう1年以上点滴のみで、身体もガリガリだから、飢餓便が出ても大した量じゃないはず。

要するに、看護助手的には、尿路カテーテルをするかしないかで、仕事量が全然違うって事だね。オムツ交換の回数が劇的に違うよね。

でも、これは完全にアウト。

で、やらかしたよね。尿路カテーテルのせいで尿路感染。38度の発熱だよ。

そう言えば、尿路カテーテルの中に白い固形物があったわ。それが原因かな。あとは、カテーテルの交換時にもバイ菌が入ることもあるよね。

オムツ交換の回数が減る分、衛生面は気を付けないとダメでしょ。意味のない尿路カテーテルをして、尿路感染って最悪じゃん。

でも、病院側は何かと理由を付けて尿路カテーテルにしたって言うんだろうな。計ってもない尿量を計ってるって言って。患者側が無知なことをいい事にやりたい放題。

でもさ、この病院もそうだけど、一部の介護施設も結構やりたい放題だよ。家族にバレなきゃ何してもいいって考えの職員が多すぎる

全く面会に来ない利用者様なんて扱い酷いからね。高齢者介護ビジネスはホント腐り切ってるよ。

だから、個人的には絶対に在宅介護の方が長生きすると思ってる。まぁ大抵の場合は介護者がダメになるけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

3月28日に介護福祉士試験の合格発表がありましたね。ちなみに自分は昨年に取得済み。試験当日は気温がマイナスで下痢に苦しめられた思い出があります。

今回も多くの方が介護福祉士に合格したらしいですね。一部噂では、来年の受験資格の改変に向けて実務試験が厳しかったらようですが…。
というか介護技術者研修があったのに、あえて実務試験を受けた理由が分かりません…。

うちの施設でも今年の試験に合格した職員がいて、かれこれ半数以上の介護士が介護福祉士資格を持っている状態です。

というか、これほどまで簡単に取れる国家資格はないでしょう。高卒でも3年働けば取れちゃいますからね。それだけ介護職は窮地に迫った職業なのかもしれません。

そのうち、介護福祉士を持っているから何?って風潮も出てきそう。というか、介護福祉士持ってても大した昇給も得られない職場がほとんどか。

つまり何が言いたいかって、介護福祉士を持っているからって満足してるようでは甘いってこと。

この先、認定介護福祉士って資格もできるし、介護福祉士が医療行為もしなければいけない時代も来る。それに備えて、勉強を怠ってはいけない。

介護業界はまだまだキツくなるよ。ベビーブームで生まれた中高年が介護サービスを利用するようになったときが山場。あと10〜20年後くらいかな。

介護報酬制度も変わって、より専門的なケアができる事業者を優遇するはず。

生き残るなら先を読まないと。自分もウカウカしてられないわ…
このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。今年の冬は例年以上に暖かく、まさに暖冬といった感じ。

毎回季節の変わり目は必ずといっていいほど入居者様が亡くなられます。

ですが、今年は気温の急激な変化も無く、皆さんとても元気。

施設内は暖房を完備しており、職員は相変わらず汗だくで動き回ってます。しかし、空気は乾燥しており、痰が絡むお年寄りもチラホラ。

看護師は日勤のみなので、遅番、夜勤帯の職員はヒヤヒヤしています。

あとはお風呂上がりは要注意。部屋、脱衣所、共有スペースは暖房が効いていますが、廊下やトイレは外気とほぼ同じ。移動は迅速に行うように気を掛けています。

そう言えばもうすぐ介護福祉士の筆記試験ですね。一昨年の今頃は仕事と勉強で精神的に追い込まれていました。

受験生は体調管理に気を付けて万全な状態で挑んで下さい!意外となんとかなるものです!

筆記試験が終わると実技試験。私は介護技術講習で免除でしたが、今年までの制度だったそうです。

来年からは実務者研修の修了者のみが実技試験免除。介護福祉士のハードルが格段に上がりましたね。

とにかく!今年で無事に介護福祉士が取得できて、うちの施設で働いてくれる介護士が増えることを期待しています!
このエントリーをはてなブックマークに追加

なにやら介護福祉士 人材バンクというものが始まるらしい。介護福祉士の資格を持つ潜在介護士の復職を促す目的だそうだ。

そもそも介護士を辞める理由が結婚や子育てって本気で言っているのか、神経を疑うレベル。

あと、介護離職ゼロ政策ね。これなんなの?介護士の離職を食い止めるのかと思ったら、一般企業に勤める人が親の介護のため離職することを防ぐことが目的なんだって。

あきれるよね。結局、国は介護士の労働条件を改善するつもりはないんだよな。

この介護離職ゼロ政策には特養を増やすことも盛り込まれてるけど、そもそも特養に入る高齢者は在宅介護じゃ無理なレベルなわけでしょ?じゃあさ、そもそも親の介護で仕事辞めるって状況とは関係ないんじゃ?と思うんだよね。

しかも介護士が足りないって言ってんのに特養増やすとか、この状況をさらに悪化させたいの?アホなの?クズなの?

この介護福祉士人材バンクってのもだけど、政治家の介護現場知らなすぎ感、ハンパないね。奴ら逆に現場を混乱させてるわ。

もうやだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

報道特集でやっていた漂流する老人。年金と生活保護を合わせて月10万円程度の収入をそのまま老人ホームの入居費用にしている高齢者の話だ。

そもそも老人ホームに月10万円で入ることは不可能に近い。特養でももう少しすると思う。ましてや有料老人ホームなんか初期数百万円、月額20万円とかする。うちのホームもそれくらい。

そこで、漂流する老人を受け入れるのが無届け老人ホームだ。介護保険法で介護施設の運用基準は厳密に決まっており、条件を満たさない施設は介護が必要な高齢者を受け入れてはいけないとう法律もある。

しかし、スプリンクラーがなかったり、介護職員が明らかに足りない無届け老人ホームは全国に無数に存在する。

さらに驚いたことが、そんな無届け老人ホームの実態を把握しながら、各自治体は身寄りがいない高齢者の入居を依頼してくるというのだ。

自ら定めた法律を完全に無視して、その場しのぎを繰り返す国に、怒りや呆れを通り越して、殺意すら覚える。

こんなむちゃくちゃな制度で成立してると勘違いしているから、日本の介護は改善どころか衰退しているのだ。

しかし、だからと言って無届け老人ホームを取り締まり即刻営業停止をさせるべきではない。そうなれば路頭で生き絶える老人が増えるだけだ。

じゃあどうするかだが、介護施設の基準を広げて、企業の参入壁を下げるべきだと思う。

そうなれば利益率を高くしようと、無知な経営者が経費削減を試み自滅するのは目に見えている。

そこでやはり必要なのが介護報酬だ。職員の数やベット数、入居者の容態や施設設備などをしっかり取り締まり、利用者負担を当てて赤字になった分を補助する。

不正防止のため、何にいくら使い、実際にどういったサービスが提供されているかもちゃんと把握するのも必要。

監視委員会を運営するためにも資金が必要になり、今まで以上に社会保障費が高くなるかもしれないが、それはやらなければいけないこと。

必要のない軍事費や官僚の天下り、NHKの運営費用に当てるくらいなら一刻も早く社会保障費を増やすべきだ。

長年介護をやっているが、無届け老人ホームという言葉を初めて知った。

無届け老人ホームでまともな介護が行われているかどうかもわからないが、介護報酬なしの利用者負担のみで運営しているのだから大体わかる。

日本の介護という沼は、まだまだ底が深く濁っている気がして虚しくなる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ