職場関係のトラブルが介護士を辞職させる

どんな仕事でも、一人では出来ない仕事の方が多いはずですが、介護職は人を相手にする仕事であり、職員が一つのチームとなり、円滑に仕事をしていかなければなりません。


まず、職場における良い人間関係が築けて、尚、信頼性がなければ厳しい職種に入ることでしょう。


その点においては、他の一般職とは違ってくるかもしれません。


ギクシャクした職員が同じシフトで組んだら、円滑に回るものも回らなくなります。


また、イライラしたり、余計な気遣いをする事で、入居者への配慮が欠け、介護事故を引き起こす可能性もあります。


その人間関係を上手に築き上げられるか否かで、職場での居心地が良いものになるのかが決まると云っても良いでしょう。


この人間関係が施設を辞めたり、福祉業界を去っていく人達の原因である理由です。


また、その次に挙げられるのは、介護職員自らの身体の故障、若しくは心的ストレスによるものです。


介護の仕事は、常に人を支えたり、持ち上げたりの動作を繰り返します。


この他にもハードな仕事もあり、それは職員の身体に負担を掛けるものが多く、腰痛をはじめ・手首・肩などを傷めることが多々あります。


特に致命的なのは腰痛です。


また、身体に故障が出てくると心的ストレスなどにも、影響を及ぼします。


夜勤では、昼間のように職員が沢山いるわけではありません。


不安を抱えたまま業務を行うのは、精神的にも負荷が大きいでしょう。


これらが、介護士を辞める原因になる事があります。