2017/01/16

介護業界で生き残るたった5つのことー2)規模拡大は不可欠

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷和弘です。

介護業界で生き残るポイント」の第2回です。
5つのポイントを以前に上げました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1)とにかくどんなに小さな分野、テーマでもよいから地域一番になる
2)力相応に毎年、少しずつでも足を止めることなく規模の拡大を図る
3)規模の拡大は、人材の成長に合わせて行う
4)一事業に集中せず総合化を(最初は小商圏で)目指す
5)介護保険に依存せず、周辺事業を常に研究する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、このうちの2つ目の「規模拡大」について
お伝えします。

先日、ニュースでこんな記事が掲載されていました。
介護事業の倒産が急増(yahooニュース)

これは、由々しき自体ですが
よくこの記事を読んでみると
事業規模が小さな事業者が
大半を占めることがわかります。

また、日本政策金融公庫さんが行った調査では
小規模であるほど、赤字事業者が多いことが
わかりました。

https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/sme_findings160126.pdf

このレポートの6ページを見ると
訪問介護では全体の47.6%が
通所介護では全体の42.7%が
赤字であることがわかります。

しかし中でも、小規模な事業者が
苦しんでいる状況がわかります。

いずれの情報からも「規模の拡大は不可欠
であることがわかります。

そして、規模を拡大しなければいけない理由が
もう1つあります。

それは、介護事業は本質的に
規模を拡大しなければ昇給ができない
からです。

訪問系以外の事業
つまり入所系、通所系などは
定員が決まっています。

しかも、客単価は公定価格として
決められています。

言うまでもないことですが
定員✕客単価(1人あたり介護報酬)で
売上の上限が自ずと決まってしまう
のです。

売上の上限が決まっているということは
人件費にかけられる予算の上限も
決まってしまいます。


いま、まだ利益が充分に出ていて
利益を少しずつ還元しながら
昇給ができる事業者は別として
多くの事業者は、すでに人件費予算を
使いきってしまっている
のではないでしょうか。


であれば、今いる職員の給料を上げるには
次の4つの方法しかありません。

1)介護報酬が上がる(単価が上がる)のを期待する
2)定員を増やして売上上限を上げる
3)事業規模を拡大し、既存職員より給与の低い新人を雇用して
  既存職員の給与を上げる
  ※平均給与は変わらないが、給与の安いスタッフが入れば
   給与の高いスタッフをつくることができる
4)介護保険外事業を現業に付加し、そこで得た利益で昇給


このうち「1)介護報酬増」は
今後は期待できないのは明白です。
下げることしか議論されていないのですから。

「2)定員増」は、一部の事業者は可能ですが
できない事業者がほとんどでしょう。

残りの3)、4)は、いずれも規模拡大です。

しかし4)今後は本腰を入れてやらなければいけませんが
昇給を実現するほどの利益を得るのは
難しいことです。

となると「3)規模拡大」をしないと
職員の給与を上げられない
ということになります。


きっと経営者は思うことでしょう。
「規模拡大には、リスクが伴う」

そうです。確かにそうです。
しかし、前述の情報を見ておわかりの通り
新規事業に打って出るリスクよりも
事業を拡大しないリスクの方が大きい

ということなのです。


伝わっていますか?



さて、少々長くなりましたので、この続きは
次回といたしましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 代表取締役/コンサルタント 糠谷和弘(ぬかやかずひろ)
 
 大手旅行会社にて海外視察業務を担当後、船井総合研究所に入社。
 船井総研では、介護保険施行当初から立ち上げ、集客、採用、定着
 など、幅広いテーマでコンサルティングしてきた。その後、介護サ
 ービスに特化した(株)スターコンサルティンググループを立ち上
 専門スタッフとともに、全国の介護事業者の「地域一番化」や「
 介護職を人気の仕事に」をテーマに活動をしている。
 年間講演実績50回。トータルコンサルティング実績450法人。
 連載、執筆、テレビ出演なども多い。

 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1−27−9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

kaigokeiei at 09:00|Permalink

2017/01/14

あと会さん(広島県)を訪問しました

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷和弘です。

昨日は、厚労省の事業の関係で
激戦区広島県で、新卒学生から絶大な人気の
社会福祉法人あと会さんを
他の委員の皆さんと一緒に訪問しました。
(広島は雪がちらついていました)

あと会HP>>http://www.kunikusa.or.jp/


よく私が、FBなどで
「日本一食事が美味しい介護事業者」と
ご紹介している法人さまです。

長いお付き合いをさせていただいており
私の著作「あの介護施設には、なぜ人が集まるのか」
でも書いています。


本日のテーマは「人材の採用と定着」ですが
この採用難の中
学生から採用予定者の10倍もの応募があるそうです。

今日、いただいた食事がこちらです。
DSC_2205






どうですか?
有料老人ホームや、特養で出している食事がこれですよ。

ちなみに、メニューはこちら。
DSC_2199





横山常務理事は、いつもおっしゃいます。

「だって、食事が一番の楽しみなんだから
 少しでも美味しいものをお出ししないと」

その気持が、この一食にこめられています。

しかも、どんな調理師がつくっても
常に一定の味で出せるようにと
真空低温調理法で調理されています。

一流ホテルなどで使われる手法ですね。
塩分やカロリーを管理栄養士が綿密に計算していますが
しっかりと味がついていて
とても美味しい。


そして、よく業界紙でも取り上げられる
凍結含浸法でつくられた料理がこちら。

DSC_2204





酵素で食材がやわらかくなっていて
全て下でクシュっとつぶれます。

これなら、嚥下機能が低下した方でも
きっと「食べたい」という気持ちになるはずです。


本日は、管理栄養士、そして料理人からも
どれだけ食事に魂をこめているかを
語っていただきました。

DSC_2207






これだけプライドを持って仕事をしたら
きっとやりがいがあるだろうなと
率直に感じました。


他にも、ケアの面ではもちろん
スウェーデン式のメソッドをかなり早い段階で取り入れたり
一般の方でも「住みたい」と思うような素敵なデザインにしたり
階層別、職種別教育などの教育制度や
ユニットケア、自立支援の実践に一丸となって力を入れるなど
とても素晴らしいサービス、ケアを提供されています。

全ての始まりは、経営トップの行動力。
今日も、久々にお会いして、本当に素晴らしいと思いました。

横山常務、横山法人本部長はじめ
皆様に感謝します。
ありがとうございます。


詳しくは、セミナーでご報告したいと思います。
中四国5ヶ所開催のセミナーです。
ぜひ、ご参加ください!

介護経営セミナー(岡山、広島、山口、高松、松山開催)
https://www.cbseminar.net/seminar/2016/11/post_47.php


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 代表取締役/コンサルタント 糠谷和弘(ぬかやかずひろ)
 
 大手旅行会社にて海外視察業務を担当後、船井総合研究所に入社。
 船井総研では、介護保険施行当初から立ち上げ、集客、採用、定着
 など、幅広いテーマでコンサルティングしてきた。その後、介護サ
 ービスに特化した(株)スターコンサルティンググループを立ち上
 専門スタッフとともに、全国の介護事業者の「地域一番化」や「
 介護職を人気の仕事に」をテーマに活動をしている。
 年間講演実績50回。トータルコンサルティング実績450法人。
 連載、執筆、テレビ出演なども多い。

 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1−27−9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

kaigokeiei at 07:04|Permalink

2017/01/13

デイサービス経営革新セミナー2017

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷和弘です。

今日、2回目の投稿です。
皆さんにオススメのセミナーがあります。

来年の介護保険制度改正は
きっと通所事業にとっては
重要な局面になるでしょう。

そこで・・・
なんと、参加費たったの5,400円で内容充実
毎年”満員御礼”の人気セミナーのご案内です。

各会場、定員は30名限定です!

デイサービス経営革新セミナー
http://www.s-cg.co.jp/seminar/2752/

主催:株式会社スターコンサルティンググループ
   株式会社ルネサンス
   株式会社ザオバ

2/10 福岡会場 13:00〜17:00
2/15    大阪会場 13:00〜17:00
2/22    東京会場 13:00〜17:00

ぜひ、お申込みください!
お申込みはこちら→http://www.s-cg.co.jp/kaigokeiei_seminor2016/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 代表取締役/コンサルタント 糠谷和弘(ぬかやかずひろ)
 
 大手旅行会社にて海外視察業務を担当後、船井総合研究所に入社。
 船井総研では、介護保険施行当初から立ち上げ、集客、採用、定着
 など、幅広いテーマでコンサルティングしてきた。その後、介護サ
 ービスに特化した(株)スターコンサルティンググループを立ち上
 専門スタッフとともに、全国の介護事業者の「地域一番化」や「
 介護職を人気の仕事に」をテーマに活動をしている。
 年間講演実績50回。トータルコンサルティング実績450法人。
 連載、執筆、テレビ出演なども多い。

 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1−27−9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 

kaigokeiei at 15:00|Permalink