2009年10月

2009/10/30

秋ですね

おはようございます。
船井総合研究所 介護経営コンサルタントの
糠谷和弘(ぬかやかずひろ)です。


今日は久々に東京で仕事です。
満員電車に、久しぶりに乗りましたが
皆さん秋の装いです。

12月9日の経営革新セミナーの構想が固まりました。
今回のテーマは「本気の人財育成」です。
タラサ志摩の今野社長にも
特別講演していただきます。

また、船井総研一の人気コンサルタントである
岩崎も話します。

今からワクワクしますね。

週明けに募集開始です。
毎年、超満席です。
お申し込みはお早めにどうぞ。


【講演・研修・執筆のご依頼は】
nukaya@funaisoken.co.jp

【介護経営ドットコム】
www.kaigokeiei.com/


kaigokeiei at 08:09|Permalink 糠谷 和弘 

2009/10/27

日本一の中古リハマシン会社

こんにちは。
船井総合研究所 介護経営コンサルタントの糠谷和弘(ぬかやかずひろ)です。

昨日、中古の運動マシンでは日本一の
ザオバさんを訪ねました。

私が数年前から提唱しているリハ特価型のコンビニデイサービスは
ザオバさんなくしてはできないモデル。

そうした理由から最近はかなりお世話になっています。

2階立ての倉庫に 600台ものマシンが所狭しと並んでいます。
他に、分解・修理の部屋
塗装のための部屋
パッドを縫い付ける部屋などを
見せていただきました。

 リハマシンを中心にこれまでかなりの数を見てきたつもりですが
見たことのないマシンがどっさりあります。

 他にも、体組成計や骨密度計ロッカーやベンチまで。
 宝の山ですね。

しかも安い!

案の定、介護施設や接骨院からのオーダーが殺到しているそうです。
 今後も有望な会社の一つですね。


【講演・研修・執筆のご依頼は】
mailto:nukaya@funaisoken.co.jp

【介護経営ドットコム】
www.kaigokeiei.com/


kaigokeiei at 11:41|Permalink 糠谷 和弘 

2009/10/23

地域一番

おはようございます。
船井総合研究所 介護経営コンサルタントの
糠谷和弘(ぬかやかずひろ)です。


「糠谷さんは、ほんとに出張が多いですよね。
日本全国津々浦々
もっと同じエリアにかためればいいのに」


最近、よく言われます。
きっとそのほうが、たくさんのお客様とお付き合いできるでしょう。
家で食事するのも、週に1回程度ですが
それも改善されるはずです。

そうしたいのは、山々ですが
それはできないのです。

なぜなら、私たちが目指しているのは
「地域一番企業」をつくること

同じエリアで競合となっているところを
同時にコンサルティングするのは
どちらか「地域二番」をつくることを意味します。

業態、コンセプトがまったく違えば
先に契約しているクライアントに許可していただく場合もありますが
なかなか、そううまくいくものではありません。

それだけ「地域一番」にこだわって
コンサルティングしているのです。


【講演・研修・執筆のご依頼は】
nukaya@funaisoken.co.jp

【介護経営ドットコム】
www.kaigokeiei.com/


kaigokeiei at 08:42|Permalink 糠谷 和弘 

2009/10/20

秋の香り

89f3024b.jpg
dd3005b4.jpg
今日は日光方面に来ています。

秋の色に山々がそまりつつあります。

ここは標高850メートル。
とてもきれいな紅葉です。

個人的には日本一だと思っています。

毎日、出張していると
こんな体験ができるのがいいですね。

【講演・研修・執筆のご依頼は】
nukaya@funaisoken.co.jp

【介護経営ドットコム】
www.kaigokeiei.com/


kaigokeiei at 11:58|Permalink 糠谷 和弘 

2009/10/17

経営方針発表会

こんにちは。
船井総合研究所 介護経営コンサルタントの
糠谷和弘(ぬかやかずひろ)です。


今日は、ある会社の経営方針発表会です。

えっ?10月にやるなんて、中途半端じゃ…
と思われた方も多いと思いますが
方針発表会は、1年に何度やってもいいのです。

大事なのは
.肇奪廚旅佑┐鮨仔させりこと
部署の情報を共有すること
みなが同じ話を一緒に聞き、一体化するけと

この3つです。
足りないと思えば、何度やってもいいし
いまがそのタイミングだと思えば
期の途中にやってもいいし
伝わってないと思えば
手を変え、品を変えて
ドンドン変化させればいいと思います。

とにかく大事なのは
トップが(借り物の言葉でなく)自分の言葉で
熱っぽく語ること。

現場の言葉やわかりやすいエピソードに翻訳して
心にダイレクトに届けることです。

シフト調整は大変かもしれませんが
やる価値はあります。

チャレンジしては?

【講演・研修・執筆のご依頼は】
nukaya@funaisoken.co.jp

【介護経営ドットコム】
www.kaigokeiei.com/


kaigokeiei at 09:16|Permalink 糠谷 和弘