2013年11月

2013/11/29

困った専門職

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷 和弘(ぬかやかずひろ)です。

新人コンサルタント募集中です!
コチラへどうぞ⇒http://www.star-career.com/


さて、今日のテーマは「困った専門職」です。

皆さんの職場に、こんな方いませんか?
特に、看護師などの医療資格者やベテランの介護士、ケアマネさんなどです。

◯同じ資格者の言うことしか聞かない
 特に、上司(施設長など)が、自分より下の資格だと、言うことを聞かない。
◯他罰的(基本的に他責)
 「この会社は◯◯をしていないからひどい」
 「私が活躍できないのは、会社が悪い」
 「あんな(低レベルな)人を採用する会社はおかしい」
 「私がやる気になれないのは、会社がそうさせるからだ」
◯業務範囲が狭い(資格者がすべき仕事しかしない)
 「これは,自分の仕事じゃない」
◯もっと評価されたい(自分を課題評価している)
 「私がいなくなったら、どうするの」
◯できない理由探しがうまい
 「そんな危険なことできません!」
 「そんなこと、私、責任とれません!」と、新たな取組みを“正論”でつぶす

こんな人、いませんか?
(資格者の方は、こんな人になってしまっていませんか?)


しかし、介護現場は、人員基準があります。そうした資格者でも、辞められると困ります。
だから、たちが悪いのですね。これでは、存在デメリット(いることがデメリットになるスタッフ)になってしまう。何より、本人にとってもよくないですね。

では、どうするか・・・

答えは、次号にて!


(株)スターコンサルティンググループ
介護経営戦略室
 東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町6階
 TEL:03-6432-4020
 FAX:03-6432-4021
代表コンサルタント 糠谷和弘

kaigokeiei at 09:00|Permalink

2013/11/28

介護現場の人材不足の主な要因

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷 和弘(ぬかやかずひろ)です。

今週は(も?)忙しいですね。
日曜日から富山〜大阪〜神戸〜茨城〜名古屋ときました。
明日から金沢〜札幌です。

食べ物が美味しいところが多いので、楽しい日々を送っております。

さて、今日のテーマは「人材不足」です。

私は、毎日いろいろな介護現場を訪ねますが、どこに言っても聞かれ
る悩みがあります。それは「人手が足りない」ということです。

しかし、ただ人を1人増やしたところで、解決しないことも多くあり
ます。例えば、10人いるところに11人投入したとしましょう。す
ると普通は、1人増えたのですから、仕事は楽になるはずです。でも
多くの場合は解決しません。

では、もう1人入れてみましょう。10人でやっていたところが12
人になりました。さて、楽になったでしょうか。

それが、大抵の場合は、解決しません。
なぜ・・・?

それは、1人増えたら1人分。2人増えたら2人分、仕事を増やして
いるから
です。

介護現場は、やれることがたくさんあります。現場で働くスタッフ
さんたちは、とにかく目の前の利用者さんたちに喜んで欲しいです
から、人数が増えた分だけ、サービスやケアを手厚くしようと頭が
働きます。だから、人数を増やしても、仕事はいくらでも増やせる
のです。

では、解決策は?

それは、経営トップや、経営幹部が「やるべきこと」と一緒に「や
ってはいけないこと」を指示することです。

例えば、あるリハビリ特化型のデイサービスでは「レク禁止」とい
う指示を現場に出しました。「楽しいリハ」は良いが「レクはダメ」
ということです。それによって、本来すべき仕事にスタッフが集中
できる環境になりました。加えて、レクの月間計画を立案したり、
準備をしたりという仕事が削減されました。

スタッフに余裕が出ましたから、会話をする時間もできました。利
用者、スタッフともにハッピーな改革です。

「人が足りない」という悩みは、完全に消えることはありませんが
深刻な悩みではありません。1日の中で、一時的に人が不足する時
間ができることはあっても、恒常的な人手不足は解消されました。

1.やることを決める
2.やらないことを決める

ぜひ、皆さんも、このステップで現場改革を実戦してみてください。



新人コンサルタント募集中です!
詳しくはコチラ⇒http://www.star-career.com/


(株)スターコンサルティンググループ介護経営戦略室
 東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町6階
 TEL:03-6432-4020
 FAX:03-6432-4021
代表コンサルタント 糠谷和弘

kaigokeiei at 12:15|Permalink

2013/11/18

スタコン採用情報

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷 和弘(ぬかやかずひろ)です。

寒くなってきましたね。
朝、コートを着ようか迷う日々です。

昨日は、介護甲子園を客席から初めて見させてい
ただきました。介護サービス経営カレッジに参加
されているたんぽぽ介護サービスさんと、シャ
ロームさんの応援でした。

この2社はもとより、他の3事業所も、素晴らしい
プレゼンでした。元気をもらいました。

舞台の上に立った皆さんは、準備期間の数ヶ月
介護の仕事は何なのか、どうして自分はこの仕
事をしているのかと、向き合ったことでしょう。

素晴らしかったです。

そして、主催者の皆さん。
準備、とても大変だったと思いますね。
お疲れ様でした。


さて、今日は発表があります。
株式会社スターコンサルティンググループの
新規採用を開始します。

http://star-job.jimdo.com/

これまでは、紹介採用しかしてこなかったのです
が、新たにエントリーを受け付けることにしまし
た。

介護で日本の未来を明るくする!
志を同じくする仲間を募集します。

エントリーお待ちしています。

株式会社スターコンサルティンググループ
介護経営戦略室
東京都港区浜松町1-27-9

Facebookページに「いいね」をお願いします!


kaigokeiei at 07:44|Permalink

2013/11/07

介護施設の市場調査(マーケティングリサーチ)における誤解

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷 和弘(ぬかやかずひろ)です。

 11月に入りましたね。
連休明けですが、仕事たまっていませんか?
(介護事業者さんにとっては、関係ないかもしれません) 

さて、先日の「高齢者住宅新聞」で
私のインタビュー記事が掲載されました。

弊社が、どのような視点 で、市場調査をしているかを
記事にしていただきました。
20131104_144244 


 







読んでいただけましたでしょうか。


そこで今日は
介護施設における市場調査のポイントをお伝えします。

新規で施設を開設する際に、市場調査をしないなどというのは言語同断ですが
市場調査をしても、やり方(目的)を間違うと、かえって「邪魔」になる場合もあります。


皆さん、
市場調査の目的を「空白地」を探すことだと勘違いしていませんか?
それは、大きな間違いです。

「空白値」とは、競合が少ないエリアをさしますが
さて、そこに施設をつくったとして、その環境は、将来的に保証されるものでしょうか?


そんなはずはありませんよね。


まったく違います。
我々のようなプロは、そんなところは“参考程度”しか見ていません。
(競合施設があまりに多い場合には、出店自体を見直していただきますが)

次のようなことを知りたいから、市場調査をするのです。

 ‐来的な人口環境
 ▲機璽咼好法璽此覆匹里茲Δ淵機璽咼垢魘化すれば、人気施設になれるか)
 6ス膸楡澆瞭団垢伐堝率

また、高齢者住宅ように、価格設定をしなくてはならな事業の場合は
 げ然並咾療正値

こうしたことがわかってはじめて
開設可否判断ができます。


介護施設は、どんな施設にしても
オープンしたら、長期間運営しなくてはなりません。

しっかりと目的をもち
「これならいける」と自信が持てるまで、調査をすることをお勧めします。



もしお困りでしたら
いつでもご連絡ください。


〜介護護に特化したコンサルティング会社〜
株式会社スターコンサルティンググループ
東京都港区浜松町1−27−9トラスト浜松町6階
TEL03-6432-4020  FAX03-6432-4021 


kaigokeiei at 10:30|Permalink

2013/11/04

ディズニー流!介護現場改革Camp

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷 和弘(ぬかやかずひろ)です。

久々の更新になってしまいました。
何しろ忙しい・・・(言い訳ですが)

明日は、介護に続く2つ目の研究分野である「ディズニー」をテーマに
研修をしてきます。

スライド1  
  












題して「ディズニー流!介護現場改革Camp」です。

一流!と称されるディズニーのサービスの工夫を学び
介護現場で「当たり前」とされるサービスを根本から見直し
根本から改革することを目指した研修です。

さきほど、参加者全員分のチケットを買ってきました。

20131104_132945 







テキストも完成!

講師(サポーター)一同
やる気マックスで頑張ります!



〜介護に特化したコンサルティング会社〜
株式会社スターコンサルティンググループ
東京都港区浜松町1−27−9トラスト浜松町6階
TEL03-6432-4020  FAX03-6432-4021 


 

kaigokeiei at 14:39|Permalink