2013年12月

2013/12/02

困った専門職◆‖从編

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷 和弘(ぬかやかずひろ)です。

今年は、講演依頼がとても多いですね。普段の年は、40〜50回なのですが、今年は余裕で60回を超えそうです。ありがたいですね!

ところで、新人コンサルタント(2名)およびコンサルタントサポート職(1名)を募集します。
ご興味がある方は⇒http://www.star-career.com/



さて、今日のテーマは「困った専門職(対策編)」です。

前回は、困った専門職の特性をお伝えしました。こんな人がいると、力になってくれるどころか、返ってお荷物になるだけです。困ったものですね。こうした方は、他のスタッフと比較すると、給料レベルが高いと思うのですが、この場合、高い給与の対価は、その人の「能力」ではなく、その人の持つ「資格」です。つまり会社は「資格者」ではなく「資格証」が欲しくて、お給料を払っているのです。

これでは、お互いにとってよくありません。そうならないためにも、面接時から、しっかりと伝えて欲しいことがあります。

面接の最終段階で、念押しする際のモデルメッセージを示しましょう。

「最後に、確認しておきたいことがあります。うちの介護現場には、あなたと同じ資格を持った職員は、あまりいません。まわりに、自分の仕事ぶりを見比べるスタッフがいないために、勘違いしてしまう人がいます。例えば、自分と同じ資格を持っていない人の言うことを聞かなかったり自分が特別に扱われないことを不満に思ったり務めていた病院などと比較して、設備や仕組みが充実していないことを『レベルが低い』と感じたりする人がいるんです。また、同じ資格を持っていても、自分より専門的レベルが低い人をみると『あの人のもとでは働けない』とか、『なんで、あんな人をとったのか』と不満を漏らす人もいます。そのせいで、職場で浮いてしまったり、お荷物になってしまう人を何人も見てきました。」

こう前置きをしておいて

「しかし、◯◯さんにはそうなって欲しくないので、私の言うことを聞いてもらえますか。」

と確認します。そして・・・

【チームワークについて】
「介護施設は、病院と違って、役割を明確に分けられない仕事もあります。もちろん、看護師は看護師、介護スタッフは介護スタッフの役割はありますが、看護師が掃除をしたり、時には送迎に行く場合もあるかもしれません。介護スタッフだって、医療処置のお手伝いをしたり、リハのサポートをする場合もあります。そうしたチームワークで成り立っているのが介護施設です。まずは、病院などとの違いを理解してていただけますか?」

【他のスタッフとの関係について】
「本当にレベルの高い人は、資格を持っていなかったり、自分より経験が劣る人の言葉を、軽く扱ったりしないと思います。大丈夫ですか?」

【設備や仕組みについて】
「うちは、まだ設立して◯年ですし、経験不足な中、私たちの手作りでつくり上げてきた施設ですから、設備が不足しているものもあるかもしれません。仕組みが足りない部分もあると思います。しかし、そうした課題は、わかっていてもすぐに改善できないことも多々あります。そういう場合、設備だったら、ない中でどうしようかと考えて欲しいと思います。仕組みに関しても、充実していないことを責めるのではなく、一緒に考えて欲しいと思います。◯◯さんは、経験も豊かですから、ぜひ、そういう意味で力を貸していただきたいのですが、お願いできますか?」

これほど、しっかりと伝えられずとも、入社前に、このようなことを伝えておくのと、そうでないのとでは、入社後の働き方が変わってくると思います。

ただ1点、注意点があります。むやみに、意見する口をふさいでしまうのもよくありません。経験豊富な方、資格を持った方に、より活躍していただけるように、発言の機会はつくっていきましょう。


(株)スターコンサルティンググループ
介護経営戦略室
 東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町6階
 TEL:03-6432-4020
 FAX:03-6432-4021
代表コンサルタント 糠谷和弘 

kaigokeiei at 09:00|Permalink