2016年09月

2016/09/29

つるかめ流!圧倒的人気施設をつくる具体的手法


こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷 和弘です。

本日は「介護サービス経営カレッジ アドバンスコース」!
全国からたくさんの方々に、ご参加いただいています。

そして、今日の講師は、山形県天童市の
株式会社つるかめ 取締役 伊藤順哉さんです。

http://care-net.biz/06/turukame/

いつもまわりをぱっと明るくするくらい
テンションが高くて、私も大好きな経営者さんです。

DSC_1077







最初は「つるかめ流!朝礼!」です。

DSC_1072
 






 見てください!
会場を大きくわかせていました!
(伊藤さん、さすが!)

そして、びっくりしたのは
デイサービスセンターの市場シェア!

なんと地域顧客シェア45%!!!
他社に圧倒的に勝つ絶対的地域一番施設の目安である
「相対シェア(42%)」すら超えてしまっています。

そのポイント。
まずは、経営理念。

<経営理念>
すごく楽しい会社をつくる!
家族の幸せは会社の幸せ!


「顧客第一主義」というのはよく聞きますが
そうではなく、社員が最も大事。
顧客第二主義」という考え方が
とてもユニークです。


<志>
愛する家族といつまでも「家」で暮らして欲しい
それが私たちの願いです



在宅の限界値を上げ、大好きな、住み慣れた「家」に
ずっと暮らしていただくという明確な理念をもとに
伊藤さんが先頭に立って、自立支援をおこなっています。

人気の秘密は「不親切」!

介護施設内で”親切”をすることは
かえって利用者のADLを下げることになります。
地域一番「不親切」な施設を目指すこととは
つまり、徹底してできることは自分でやっていただくこと。

その延長線上にあるのが
つるかめ流!生活行為向上リハビリテーション!

1人1人に向き合って
しっかりとアセスメントし
明確な、目指したい目標を設定し
小さな成功体験を積み重ねながら
できることを増やしていく。

そして、その成功体験を
スタッフも共有する。
だから、自分たちの仕事に誇りを持てる。

善循環ですね。

当たり前のことを
当たり前以上にやるこの情熱!

これが地域シェア45%の理由ですね。


さて、平成30年4月の医療介護同時改正では
きっと「アウトカム評価」が導入されます。

ADLの改善、要介護度の軽度化に
インセンティブが働く時代の到来。

私としては「やっとくるか」という気持ちですが
こういう時代がきたとき、勝ち残るのは間違いなく
つるかめさんのような会社ですね。

ありがとうございました。


株式会社スターコンサルティンググループ
東京都港区浜松町1-27-9トラスト浜松町ビル6F
メルマガの申し込みはこちら⇒http://www.s-cg.co.jp/

 

kaigokeiei at 13:55|Permalink