2017年04月

2017/04/28

混合介護が「自立支援」を邪魔しなければ良いが・・・

こんにちは。
介護事業経営コンサルタントの糠谷和弘です。

介護業界では昨年くらいから
「混合介護」の話題で盛り上がっています。

私は「混合介護」は大賛成です。

介護事業者にとっては、保険に頼らない事業展開が可能になります。
介護職の皆さんには、今以上の給与を支給できる可能性もあります。
利用者も、それによって受けられるサービスの幅がるかもしれません。
(あくまで全て企業努力なので”可能性”ですよ)

いろいろ課題はありますが
進めるべきだと思います。

賛成だという前提で
後述することを読んでください。


最近、こんな話を聞きます。
あるデイサービスと訪問介護をしている会社の事例

この会社のデイサービスセンターは、機能訓練を強化し
利用者の「自立支援」を促しています。

「自立支援」とは、要は自分のことは自分でできるようになることです。
買い物、調理、掃除などの日常生活動作の訓練を
一生懸命にやっているのです。

ところが、この会社の訪問介護事業部が
自費(つまり保険外)サービスで
家事代行サービス」をはじめました。

訪問介護ではできない
家族の食事づくりや
大掃除などを請け負うようになったのです。

ここまでは良いですよね。
「何の問題が?」というところです。

しかし、実はこのことが引き金で
デイサービス部門と訪問介護部門が
ケンカになりました。

ある利用者様のことを例にあげてみましょう。
彼女は、週2回デイサービスに通い
買い物や調理などができるように
スタッフのサポートのもと、様々な訓練をしています。

しかし、そこに訪問介護部門が
週に2時間、家事代行サービスを提供し始めたのです。

家事代行









そこで、問題勃発!

デイ職員「うちが自立支援やってんのに、家事やってあげちゃダメでしょう!」
訪問職員「自費のサービスを売るの大変なんですよ!わかってるんですか?
     そんなこと言ってたら、何もできないじゃないですか!」

う〜ん。悩みますね。

安価で使いやすい家事サービスが広がったら
お年寄りの「自立支援」や「残存能力の活用」の機会を
奪うかもしれない。

だからこそ
「混合介護にはケアプランが重要!」
となるわけですね。

さて、ケアマネさんたちは
自費サービスも含めて、理想的なプラン立てられるかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・自立支援を推進したい
・アウトカム評価で結果を出したい
・しかし、家事代行サービスで、保険外事業を伸ばしたい
(基本報酬が下がったら、保険外事業を伸ばさないと、自分たちの給与も上がらない)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな思惑を
ケアマネは、どう折り合いをつけてプランに反映するんでしょう?


介護保険制度
どんどん使いづらく
わかりにくく
複雑になってゆく〜
(心の声です・・・)

ここからは、オトクなお知らせです。
初回限定で、無料お試し参加していただけます。
詳しくは、以下をご覧ください。

介護サービス経営カレッジとは>>http://www.s-cg.co.jp/organization/

ー<ご案内>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【介護サービス経営カレッジ 無料体験プログラム】

コース.▲疋丱鵐好魁璽后雰弍勅圈経営幹部向けコース)
 日時:5月26日(金)11時〜17時30分
 場所:東京都内
 内容:「法改正に対応した地域一番事業所のつくりり方」
 講師:株式会社つるかめ 取締役 伊藤順哉氏
    (昨年度MVP受賞)
    株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント
 
コース▲好ーリングコース(施設長、施設長候補向けコース)
 日時:東京 平成5月19日(金)11時〜17時30分
    大阪 平成5月12日(金)11時〜17時30分
 場所:詳しくはお問い合わせください
 内容:介護マーケティング基礎(6回シリーズの初回)
 講師:株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント

【お申込み】https://www.kaigo-koushi.com/college/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 代表取締役/コンサルタント 糠谷和弘(ぬかやかずひろ)
 
 大手旅行会社にて海外視察業務を担当後、船井総合研究所に入社。
 船井総研では、介護保険施行当初から立ち上げ、集客、採用、定着
 など、幅広いテーマでコンサルティングしてきた。その後、介護サ
 ービスに特化した(株)スターコンサルティンググループを立ち上
 専門スタッフとともに、全国の介護事業者の「地域一番化」や「
 介護職を人気の仕事に」をテーマに活動をしている。
 年間講演実績50回。トータルコンサルティング実績450法人。
 連載、執筆、テレビ出演なども多い。

 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1−27−9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーv  

kaigokeiei at 09:00|Permalink

2017/04/27

要介護状態が改善する“もう1つ”の理由

こんにちは。
介護事業経営コンサルタントの糠谷和弘です。

先日、クライアントの経営者と話していたところ
こんな話がありました。

「うちの施設は、とにかく活動量が多いから
 要介護度が下がる方がとても多い」

ここまでは良しとして、ここからが問題。

「しかしね、前回の法改正以降は(要介護)認定がかなり厳しく
 更新の際に悪化していても要介護度が下がる(軽度化する)ことも多くて、そのせいで
 (仕組み上は)改善する方が大幅に増えたよ」


実は最近、よく聞く話です。
社長によると
 ・日常的に寝たきりで「要介護5」から「要介護3」に
 ・日常的に車椅子利用で「要介護2」から「要支援1」に
という例もあったようです。

しかも「車椅子なのに要支援」という方は、かなり多いと聞きました。



一般の方はご存知ないかもしれませんが
要介護度が下がると、以下のようなことがあります。

 1)使える「サービスの種類」が限定される
 2)使える「サービス量」が限定される
 3)1回あたりの「単価」が安くなる

それによって、必要なサービスを受けられなくなる可能性もあります。
(事実、それで困っている方が世の中にはたくさんいる)

つまりこれは、自治体が財政改善を目的として
ある時期から意図的に要介護認定を厳しくし、軽度化させているとも
言えるわけです。


さて、次期改正で「アウトカム評価」が導入されたら・・・

制度改正の検討資料によれば
アウトカム評価のインセンティブは、事業者にダイレクトにではなく
自治体に支給されるとあります。

「自立支援」で成果を出すなど
がんばっている事業者を優遇するのならウェルカムですが
前述のように意図的に要介護度を下げるような力が働いたら・・・


恐ろしいですね。




ここからは、オトクなお知らせです。
初回限定で、無料お試し参加していただけます。
詳しくは、以下をご覧ください。

介護サービス経営カレッジとは>>http://www.s-cg.co.jp/organization/

ー<ご案内>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【介護サービス経営カレッジ 無料体験プログラム】

コース.▲疋丱鵐好魁璽后雰弍勅圈経営幹部向けコース)
 日時:5月26日(金)11時〜17時30分
 場所:東京都内
 内容:「法改正に対応した地域一番事業所のつくりり方」
 講師:株式会社つるかめ 取締役 伊藤順哉氏
    (昨年度MVP受賞)
    株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント
 
コース▲好ーリングコース(施設長、施設長候補向けコース)
 日時:東京 平成5月19日(金)11時〜17時30分
    大阪 平成5月12日(金)11時〜17時30分
 場所:詳しくはお問い合わせください
 内容:介護マーケティング基礎(6回シリーズの初回)
 講師:株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント

【お申込み】https://www.kaigo-koushi.com/college/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 代表取締役/コンサルタント 糠谷和弘(ぬかやかずひろ)
 
 大手旅行会社にて海外視察業務を担当後、船井総合研究所に入社。
 船井総研では、介護保険施行当初から立ち上げ、集客、採用、定着
 など、幅広いテーマでコンサルティングしてきた。その後、介護サ
 ービスに特化した(株)スターコンサルティンググループを立ち上
 専門スタッフとともに、全国の介護事業者の「地域一番化」や「
 介護職を人気の仕事に」をテーマに活動をしている。
 年間講演実績50回。トータルコンサルティング実績450法人。
 連載、執筆、テレビ出演なども多い。

 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1−27−9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーv  

kaigokeiei at 09:00|Permalink

2017/04/26

介護人材は「3ヶ月」で育成する

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷和弘です。

さて、前回は「寿司職人」の育成法をもとに
介護現場の教育についてお伝えしました。

今回は「パン職人」の教育法を
ヒントにしたいと思います。
(毎度、飲食系ばかりですみません・・・)
41ed236837ccf8531b19b3bac5a0e672_s









カンブリア宮殿でも紹介されていましたが
パン屋さんの独立開業を支援する「リエゾンプロジェクト」に
以前からかなり注目しています。
http://www.liaisonproject.jp


最近のベーカリーは、
こだわりと、品揃えが繁盛する上で重要ですが
こんなお店を開業しようとすれば
かなりの期間の修行が必要になります。

逆に「売れる商品(15アイテム)だけに絞ったら
という大胆かつ画期的なチャンレジをしているのが
リエゾンプロジェクトです。

現場で職人的に製パン技術を習得するのではなく
短期集中で、売れるパンの作り方だけをマスターし
小規模店舗で一気に繁盛店になる。

「一点突破」型の出店方法です。


この考え、私が介護業界で教育プログラムを構築する際の考えと
かなり近いです。

よく「糠谷さんは、現場を知らないから、そんなことが言えるんだ」
と言われますが、その通り!
外から見ているから、言えることだと思います。



クライアント施設でプログラムをつくる際
「育成に3年かけます」というような意見があったら
まずは全否定するところから始めます。

「介護は、覚えることがたくさんあるんだ!」
「短期間で育成するなんて無理だ!」
「3年はかかる」

という考えを、一旦捨て去っていただきます。
そして、こんな質問を投げかけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「3ヶ月でプロを育てるなら」
「何に絞って教育すればよい?」
「”6割できたら一人前”だったら、何を捨てる?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と話すと

「移動・移乗さえしっかりできたら、現場の仕事の5割はOK!」
「声掛け・コミュニケーションだけは譲れない!」
「何より大事なのは掃除!」
「目標→ケア実践→評価と見直しのPDCAだけたたきこめば!」

と、良い意見が出てくるものです。
ぜひ、実践してみてください!




ここからは、オトクなお知らせです。
初回限定で、無料お試し参加していただけます。
詳しくは、以下をご覧ください。

介護サービス経営カレッジとは>>http://www.s-cg.co.jp/organization/

ー<ご案内>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【介護サービス経営カレッジ 無料体験プログラム】

コース.▲疋丱鵐好魁璽后雰弍勅圈経営幹部向けコース)
 日時:5月26日(金)11時〜17時30分
 場所:東京都内
 内容:「法改正に対応した地域一番事業所のつくりり方」
 講師:株式会社つるかめ 取締役 伊藤順哉氏
    (昨年度MVP受賞)
    株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント
 
コース▲好ーリングコース(施設長、施設長候補向けコース)
 日時:東京 平成5月19日(金)11時〜17時30分
    大阪 平成5月12日(金)11時〜17時30分
 場所:詳しくはお問い合わせください
 内容:介護マーケティング基礎(6回シリーズの初回)
 講師:株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント

【お申込み】https://www.kaigo-koushi.com/college/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 代表取締役/コンサルタント 糠谷和弘(ぬかやかずひろ)
 
 大手旅行会社にて海外視察業務を担当後、船井総合研究所に入社。
 船井総研では、介護保険施行当初から立ち上げ、集客、採用、定着
 など、幅広いテーマでコンサルティングしてきた。その後、介護サ
 ービスに特化した(株)スターコンサルティンググループを立ち上
 専門スタッフとともに、全国の介護事業者の「地域一番化」や「
 介護職を人気の仕事に」をテーマに活動をしている。
 年間講演実績50回。トータルコンサルティング実績450法人。
 連載、執筆、テレビ出演なども多い。

 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1−27−9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーv 

kaigokeiei at 09:00|Permalink

2017/04/25

介護現場の「教育」で見落としがちな視点

こんにちは。
介護経営コンサルタントの糠谷和弘です。
今日は、介護現場における「教育」について、書きたいと思います。


以前、ホリエモンこと堀江貴文氏が
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 (高級寿司店の「すきやばし次郎」について)
 「10年(の修行)でたまご焼けるようになるとか、バカじゃねえの
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と酷評したことが話題になりました。


また、別のときには
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「(本当に寿司を握れるようになりたいなら)高級店に行くより
 回転寿司でたくさん握った方が早く上達する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とコメントしていました。

bc42ca3fded94936aa9cd757adbe2a6e_s









回転寿司チェーンで、マニュアルにそった方法で
繰り返し繰り返し握りまくる。
この方が、技術は上がるというわけです。

この視点
私は介護業界には、とても大事だと思っているので
講演で紹介させていただいています。
(オバマ元大統領の初来日のときからですから、何年も前からですね〜)


さてここで
高級寿司店と、回転寿司店の教育方法の違いを
考えてみましょう。

1)高級寿司店
 ・先輩は手とり足とり教えない
 ・技は見て盗む
 ・お客様の前で握るのは一流になってから
 ・意識の高い人だけが生き残る
 ・修行(免許皆伝)には10年以上かかる

2)回転寿司チェーン
 ・基本技術がマニュアル化
 ・誰がやっても、ある程度は美味しく握れる
 ・トレーナーがついて直接指導
 ・にぎりながら技術を向上する
 ・品質管理は環境、設備に頼る部分も大きい
 ・誰もがある程度のレベルまでいける
 ・短期で一人前にする

さて、介護業界でいま必要なのは
1)と2)のどちらの教育方法でしょうか?

答えは明白です。

私は、介護業界で人材育成が進まない理由は
職人的指導法」だと思っています。

このブログをはじめ、書籍、業界紙のインタビューなどでも
何度も何度も伝えてきました。

気づいた方は、動きはじめています。
さて、何から着手しますか?




ここからは、オトクなお知らせです。
初回限定で、無料お試し参加していただけます。
詳しくは、以下をご覧ください。

介護サービス経営カレッジとは>>http://www.s-cg.co.jp/organization/

ー<ご案内>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【介護サービス経営カレッジ 無料体験プログラム】

コース.▲疋丱鵐好魁璽后雰弍勅圈経営幹部向けコース)
 日時:5月26日(金)11時〜17時30分
 場所:東京都内
 内容:「法改正に対応した地域一番事業所のつくりり方」
 講師:株式会社つるかめ 取締役 伊藤順哉氏
    (昨年度MVP受賞)
    株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント
 
コース▲好ーリングコース(施設長、施設長候補向けコース)
 日時:東京 平成5月19日(金)11時〜17時30分
    大阪 平成5月12日(金)11時〜17時30分
 場所:詳しくはお問い合わせください
 内容:介護マーケティング基礎(6回シリーズの初回)
 講師:株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント

【お申込み】https://www.kaigo-koushi.com/college/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 代表取締役/コンサルタント 糠谷和弘(ぬかやかずひろ)
 
 大手旅行会社にて海外視察業務を担当後、船井総合研究所に入社。
 船井総研では、介護保険施行当初から立ち上げ、集客、採用、定着
 など、幅広いテーマでコンサルティングしてきた。その後、介護サ
 ービスに特化した(株)スターコンサルティンググループを立ち上
 専門スタッフとともに、全国の介護事業者の「地域一番化」や「
 介護職を人気の仕事に」をテーマに活動をしている。
 年間講演実績50回。トータルコンサルティング実績450法人。
 連載、執筆、テレビ出演なども多い。

 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1−27−9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kaigokeiei at 09:00|Permalink

2017/04/05

法改正情報弱者からの脱却

こんにちは。介護経営コンサルタントの糠谷和弘です。

本日、ある出版社から
「”一流の施設長を目指すための教科書”のような本を書いてほしい」と
お話をいただきました。

うまくいけばではありますが
今年の秋頃には本になるのではないかと思います。
楽しみにしていてください。

さて、そこで書きたいことの一部をお伝えしたいと思います。
それは「情報は平等には与えられないこと」を意識することです。

来年4月には、これまでとは比較にならない
最大規模の法改正があると言われています。

重要なことは2つ。
1)アンテナを広くはること
2)入手した情報に合わせて柔軟に対応すること


やれることは、この2つしかありません。
しかし、そもそも1)でエラーする法人や、施設幹部が多い。
なぜなら、自治体担当者に聞いても
こんなことは教えてくれないからです。

そこで、ぜひ、以下の活動を実践してほしいと思います。

実践1)プロジェクトチームを立ち上げる
  社内で「法改正プロジェクトチーム」を立ち上げ、厚労省から
  発信された資料などの読み合わせと、対策の検討をしましょう。
実践2)厚労省の情報に目を通す
  最近は、頻繁に情報が更新されます。目に止まったタイトル
  だけでも構いません。目を通しましょう。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-hosho.html?tid=126698
実践3)セミナーに出る
  どんなセミナーでも1つや2つは、有益な情報があります。
  私どもも含め、コンサルタントや有識者は、いろいろな確度から
  分析しています。どんどん出るべきです。

これを、とにかく1年間は
ぐるぐる回すべきだと思います。

そして、まだ物足りない、不安だという方にご案内です。


平成29年度のカレッジ会員様の募集を開始いたしました。

この会はそもそも「意識の高い方のアンテナを、お互いに利用してはどうか
という発想から生まれたもの
です。

そのため、主催する私どもでもびっくりするような
情報がどっさりと飛び込んできます。


初回限定で、無料お試し参加していただけます。
詳しくは、以下をご覧ください。

介護サービス経営カレッジとは>>http://www.s-cg.co.jp/organization/

ー<ご案内>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【介護サービス経営カレッジ 無料体験プログラム】

コース.▲疋丱鵐好魁璽后雰弍勅圈経営幹部向けコース)
 日時:5月26日(金)11時〜17時30分
 場所:東京都内
 内容:「法改正に対応した地域一番事業所のつくりり方」
 講師:株式会社つるかめ 取締役 伊藤順哉氏
    (昨年度MVP受賞)
    株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント
 
コース▲好ーリングコース(施設長、施設長候補向けコース)
 日時:東京 平成5月19日(金)11時〜17時30分
    大阪 平成5月12日(金)11時〜17時30分
 場所:詳しくはお問い合わせください
 内容:介護マーケティング基礎(6回シリーズの初回)
 講師:株式会社スターコンサルティンググループ コンサルタント

【お申込み】https://www.kaigo-koushi.com/college/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 代表取締役/コンサルタント 糠谷和弘(ぬかやかずひろ)
 
 大手旅行会社にて海外視察業務を担当後、船井総合研究所に入社。
 船井総研では、介護保険施行当初から立ち上げ、集客、採用、定着
 など、幅広いテーマでコンサルティングしてきた。その後、介護サ
 ービスに特化した(株)スターコンサルティンググループを立ち上
 専門スタッフとともに、全国の介護事業者の「地域一番化」や「
 介護職を人気の仕事に」をテーマに活動をしている。
 年間講演実績50回。トータルコンサルティング実績450法人。
 連載、執筆、テレビ出演なども多い。

 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1−27−9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

kaigokeiei at 09:00|Permalink