訪問看護事業者の生き残り策これだけはやっておきたい法改正対策(デイサービス)

2017/11/27

ロボットで「時代」が変わる

介護経営コンサルタントの糠谷和弘です。
先日、こんなニュースが世間をにぎわせました。

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが開発した、自動採寸スーツ「ZOZOSUIT」です。記事によれば、「伸縮センサーを内蔵し、トップスとボトムスを着用してスマートフォンとBluetooth接続するだけで、採寸データを瞬時に計測できる」とあります。地元である幕張の企業なので、もともと応援していましたが、無料配布中ということで、早速注文してしまいました。試しに何か買ってみようと思います。

http://zozo.jp/zozosuit/

スタートトゥデイは、前澤社長の恋愛ネタばかりが記事になりますが、ZOZOTOWNの品揃えや買いやすさはアパレルの通販でも群を抜いていますし、「1日6時間勤務」「昼休憩廃止」「ボーナス全員同額」などの制度を、次から次へと取り入れるところなど、会社としてもとてもユニークです。急成長の理由がわかります。

採寸スーツ誕生の本当の意味

話しは戻りますが、ZOZOSUIT、すごいですよね。私は、服やスーツを見て歩くの好きなのですが、混んでいる店の中で試着するのが本当に面倒で、結局買わずに帰ってきます。「すべて通販で買えたらいいのに」と、ずっと思っていたのですが、このスーツの登場によって、それが実現してしまいそうです。

それに、このデータが会社に吸い上げられて「ビッグデータ化」すれば、どのサイズのものが売れるかは、売る前から予測できるようになります。それは「在庫のロスが劇的に減る」ことを意味します。

そして、そのデータが欲しいアパレルメーカーは、当然ながら「ZOZOで売りたい」と考えるはずです。イオンモールで家賃を払って、たくさんの在庫を抱えながら売るよりも、ZOZOTOWNで売った方がリスクは少なく、利益率も高い

つまり、この「採寸スーツ」は「時代を変える」可能性があるのです。いや「可能性」ではなく「確実に」時代を変えるといっても過言ではないでしょう。

たった1つの発明、たった1つの機能(手順)の付加によって時代が変わる。そういう時代に我々は生きているのです。

「介護ロボット」に惑わされない

さて、こんな先進的なスーツの記事を目にすると、介護業界にいる私としては、先進的な「介護ロボット」の誕生を期待してしまいます。来年の介護保険法改正でも「ロボット」や「ICTシステム」の導入促進がキーワードになるでしょう。

しかし、どうも「ロボット」という言葉自体が先行しているような気がします。人工知能が搭載されている、鉄腕アトムのようなロボットが、お年寄りの介助を人間に代わってやる。または、要介護者が装着すると、何事もなかったかのように歩ける。そんな印象でしょうか。

介護ロボット





















しかし実際には、そんなロボットの実現は、先の先ですね。私は「介護ロボット」と「ロボット」という言葉を使っているところが、現場スタッフに受け入れられなかったり、勘違い商品が次々に生まれる原因ではないかと思っています。

「ロボット」という言葉に惑わされず、いま現場で「お客様(利用者)」や「スタッフ」が困っていることにもっと目を向けて、こんな最新の機器を活用できれば、介護業界に革命を起こすような商品ができるかもしれません。

例えば、今回の「採寸スーツ」の技術を応用して、足のサイズを計測できたら良いですね。徳武産業の西尾常務に教えていただいたのですが、お年寄りになると、足のサイズ、ワイズがかなり違っていて、左右、違ったサイズの靴を選ばないといけないとのことです。そして、ぴったりとフィットした靴を履くと、歩行力もかなり改善されるとのことでした。➝あゆみシューズ

リハビリとセットでシューフィッティングを実施したら、リハの成果が飛躍的に向上するかもしれません。徳武産業さんに、ぜひ実現してほしいですね。



ちなみに弊社では、こうした機器、システムの開発もサポートしています。すでに、様々な商品、システムが誕生し、業界内で使われています。
ご相談はこちらまで➝介護知財相談センター


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 代表取締役/コンサルタント 糠谷和弘(ぬかやかずひろ)
 
 大手旅行会社にて海外視察業務を担当後、船井総合研究所に入社。
 船井総研では、介護保険施行当初から立ち上げ、集客、採用、定着
 など、幅広いテーマでコンサルティングしてきた。その後、介護サ
 ービスに特化した(株)スターコンサルティンググループを立ち上
 専門スタッフとともに、全国の介護事業者の「地域一番化」や「
 介護職を人気の仕事に」をテーマに活動をしている。
 年間講演実績50回。トータルコンサルティング実績450法人。
 連載、執筆、テレビ出演なども多い。

 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1−27−9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー     

kaigokeiei at 09:32│
訪問看護事業者の生き残り策これだけはやっておきたい法改正対策(デイサービス)