スポンサードリンク


認知症チェック表

例え認知症であっても、自分が認知症であると認める人は、あまりいないと思います。
そして、認知症の不安を感じて、病院を受診する人もあまりいないでしょう。
中には、認知症の自覚がある場合もありますが、周囲に気付かれて初めて受診する場合が多いでしょう。
認知症は、発見が早ければ、進行を抑えられることもあります。


認知症であっても、すぐに認知症だと認める人は少ないと思います。
また、不安を感じて即、病院を受診する人も少ないものです。
自覚がある場合もありますが、周囲に気付かれて初めて受診する場合も多いでしょう。

インターネットなどで調べれば、色々な機関が出している色々な認知症チェック表(リスト)があります。
そういった認知症チェック表を利用してから、受診の目安にするのもいいかもしれません。
チェック項目の一例を挙げてみると、次のような感じです。

□日にちや曜日が言えるか?
□物を置いた場所を思い出せるか?置き忘れはないか?
□さっきまでの出来事を言えるか?
□本を読んでいて理解ができるか?
□会話の途中で話が詰まったりしないか?
□さっきまでやろうとしていたことを忘れることはないか?
□漢字が書けるか?
□親しい人や家族の名前を思い出せるか?
□数日前にあった出来事を思い出せるか?

これ以外にも、各医療機関で出している様々なパターンがあり、質問の数も様々です。
こうしたいくつものチェック表に点数を付けることで、認知症の可能性を考えていきます。

チェック表だけでは、診断はできません。
仮に、家族の中に、もしかしたら?と思われる人がいるのでしたら、インターネット上で認知症チェック表を手に入れて、その内容をさりげなく問いかけてみるのもいいかもしれません。

認知症は、早期に発見できれば、進行を抑えられることがあります。
ですから、こういったチェックは、とても大事ということになります。



kaigonotisiki at 09:55|PermalinkComments(9)TrackBack(0)認知症