人生のキャッチフレーズは「直球勝負」。 「対話」を通し、 いまの市政に一番必要な政策課題は何かを見出し、 これから1年かけて公約にまとめていきたいとしている海住さつき。 「直球勝負」は、まさに、彼女の性格そのもの。その由来は、日本人プロ野球選手がアメリカのメ ...

きょう18日から、松阪市議会の第10回議会報告会がスタートします。 議員28人が7人ずつ4班に分かれ、3日間で計12会場を巡るものです。 わたしは、第1班の班長をいたしておりまして、この班は、初日の18日は橋西地区市民センター(川井町772−10)を担当させてい ...

たいへん大きなパワーと才能を持ちつつも、これまではほかの人の「夢の実現」のため、自らは“黒子”役に徹してきた海住さつき(52)が、前面に出て活動を宣言する決意を表明する記者会見(いわゆる、出馬表明)を、16日午前10時から、松阪市役所で行いました。 わたし ...

形勢が悪くなれば外交、外国の脅威に国民の関心を向けることで政権の危機を乗り切ってきた安倍晋三首相だが、いまは、国会の論戦で自らの側で居並ぶ閣僚たちからも一丸となって答弁に立ち向かっていこうという気迫はもうない。委員会審議で首相の背後に座っている麻生太郎財 ...

松阪市議会が4月18、20、21日の3日間開催する議会報告会で報告するテキストとスライドづくりにあたっています。 この作業をしているのは、議会に設置している広報広聴委員会のメンバー8人と、応援参加してもらった3人の計11人。 この中で多いのは、昨年7月に ...

第90回選抜甲子園、松阪市の私学・三重高と大阪桐蔭の試合開始と同時に、わたしたちは・・・。 松阪市議会の広報広聴委員長と、副議長、新人の女性議員と私の4人は、今月18日から始まる議会報告会用の報告資料をまとめる作業をスタート。しかし、試合経過は気になる、気に ...

第90回選抜高校野球、きょうは、松阪の三重高と、王者・大阪桐蔭の対戦。 試合開始は午後1時半。 あいにく、議会報告会に向けた広報広聴委員会の打ち合わせ兼作業が午後1時半の開始ということで、きょうは観戦できず。 三重が勝てば、あすの決勝は甲子園に行きます。 ...

松阪市の私学・三重高校が、第90回選抜高校野球大会でベスト4に入りました。 準決勝の相手は大阪桐蔭だから厳しい試合となるでしょうが、ここまで勝ち上がってくれたことがうれしくて仕方がありません。 三重高校以外にベスト4に勝ち残っているのは、東海大相模、智弁和 ...

改修のため1年間休館していた松阪市立松阪図書館が4月1日、リニューアルオープンしたので出掛けました。 全国各地には、豪華な図書館が出来ているが、松阪市の場合は35年年前の図書館をリフォームしたものだから、いわば身の丈にあった施設であると言えそうだ。 派手さはな ...

松阪市議会の全員協議会で、委員の「気」の抜けた市民病院在り方検討委員会の答申内容について、議員全員への「そっけない」説明と、質問に対する、「質問したほうが悪いの?」式の嫌々答弁があった。 この答申作成費というわけではないが、市民病院在り方検討に平成29年度 ...

いくつかの新聞に、長野功さんの顔写真が載っていた。 「氏」となっているもの、「さん」づけのもの。両方あった。 この長野さん、松阪市の建設部次長から、建設部長に昇格。 ずっと、都市計画畑の方で、平成18〜20年ごろ、松阪市が松阪駅西再開発を推進していた当時の ...

海住恒幸通信 第159号(2018年3月25日発行)より 特集 「地域医療と市民病院の在り方」      市議会に調査特別委員会を設置 国と県が進める急性期病床の大幅削減案(地域医療構想)に伴って、平成29年度には市長の諮問で医療の専門家を中心とした松阪市民病院の ...

「市はなぜこんな諮問の仕方をしたのか。」 22日付の夕刊三重のコラム「松阪縞」に、こんなことが書いてあった。 「地域医療構想をふまえた松阪市民病院の在り方検討委員会」のことで、記者とは感じたところは違うだろうが、この1年近く、在り方検討委員会の緊張感ある議 ...

「地域医療をふまえた松阪市民病院の在り方検討委員会」(委員長・末永裕之=小牧市病院事業管理者)は、終わった。しかも、誇りを政治に踏みにじられた。あまりにも無残に。なんでこんな終わり方あるの? 一生懸命やった者の努力を土足で踏みにじられたかのような・・・・ ...

今回の答申は、この程度にとどめておくことにしようーーという政治的なブレーキが働いたとしか考えられない委員のやりとりが続いた。 19日の最終回の第5回地域医療構想をふまえた松阪市民病院の在り方検討委員会は、傍聴者は過去最高の90人(うち、市議会議員も15人と ...

審議会は、政治に踏みにじられてはいけない。 地方自治体における審議会とは、首長が特定の政策的課題について判断していくために専門家等の意見を聴くために設置され、これを議論してほしいというお題目(諮問)に対して答え(答申)を出してその役割を完了する。 委員の任 ...

松阪市民病院、厚生連中央病院、済生会松阪病院という3つの急性期病院の院長の協議は、昨年12月18日、今年1月23日の2回、三重県医療対策局の仲介のもと、非公開で開催され、その内容を整理したのが「松阪区域3基幹病院長協議会 協議結果報告書」と呼ばれる文書です。19日 ...

昨年末から開催が延び延びとなり、気をもませぱなしだった、最終(5回目)の「地域医療構想をふまえた松阪市民病院の在り方検討委員会」が、ようやく、3月19日午後6時から、市議会の委員会室を使って開かれました。 この委員会は、外部の専門家を中心に設置した格別権威の ...

パックンマックンのパトリック・ハーランさんから表彰される松阪議員インターンチーム 衆議院議員の長妻氏(左から2人目)も加わっての記念撮影  17日に東京で開催された議員インターン学生の政策コンテスト「未来自治体2018全国大会」(NPO法人ドット・ジェイピー主催 ...

日本のトップには危機管理能力というか聞き対処力が意外と不足しているようだ。 森友文書改ざんを認めた安倍首相と麻生財務相の対応だ。 安倍さんの場合は、いつものように、「なぜこんなことが起きたのか。全容を解明するため、調査を進めていく。麻生財務相にはその責任を ...

↑このページのトップヘ